OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。



これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

UnityでARKit2.0
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
機械学習手法『Random Forest』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
CGのためのディープラーニング
ブログのデザイン変えました
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Mayaのプラグイン開発
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ROSの薄い本
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Mean Stack開発の最初の一歩
WordPressプラグインの作り方
統計的な顔モデル

コメント