OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。



これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

WinSCP
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
プログラミングスキルとは何か?
OANDAのfxTrade API
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ニューラルネットワークで画像分類
Unityからkonashiをコントロールする
html5のcanvasの可能性
WordPressプラグインの作り方
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
GoogleのDeep Learning論文
ドットインストールのWordPress入門レッスン
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Adobe MAX 2015
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ポイントクラウドコンソーシアム
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
UnityでARKit2.0
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
clearcoat Shader
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
UnityでLight Shaftを表現する
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
自前のShaderがおかしい件
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
海外ドラマのChromaKey
プログラムによる景観の自動生成
なんかすごいサイト

コメント