OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。

GSOC 2015 OpenCV: Structure From Motion Module

これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
立体視を試してみた
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ディープラーニング
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Amazon Web ServicesでWordPress
続・ディープラーニングの資料
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
オープンソースの取引プラットフォーム
Google Chromecast
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
OpenGVのライブラリ構成
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
参考書
Active Appearance Models(AAM)
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
今年もSSII
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
統計的な顔モデル
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
OANDAのfxTrade API
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
仮想関数

コメント