OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。

GSOC 2015 OpenCV: Structure From Motion Module

これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaRender
C++の抽象クラス
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Unreal Engineの薄い本
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Raspberry Pi 2を買いました
立体視を試してみた
Model View Controller
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Verilog HDL
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
WordPressのテーマを自作する
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
自前のShaderがおかしい件
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
オープンソースの取引プラットフォーム
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
3Dグラフィックスの入門書
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Open Shading Language (OSL)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenMayaのPhongShaderクラス
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
参考書

コメント