OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。

GSOC 2015 OpenCV: Structure From Motion Module

これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

WebGL開発に関する情報が充実してきている
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Konashiを買った
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ディープラーニング
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
「うぶんちゅ!」
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
機械学習で遊ぶ
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
WordPressのテーマを自作する
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
UnityでOpenCVを使うには?
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Adobe MAX 2015
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
GoogleのDeep Learning論文
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Mayaのプラグイン開発
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
C++の抽象クラス
書籍『ROSプログラミング』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
まだ続くブログの不調
3D復元技術の情報リンク集

コメント