OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール

またSfM(Structure from Motion)ネタ。

OpenCVのバージョン3.1からSfMのモジュールが追加されている。Google Summer Of Code 2015の成果らしいです。

GSOC 2015 OpenCV: Structure From Motion Module

これをさっそくUbuntuで試した方がいる↓
http://qiita.com/TaroYamada/items/c317555bf46b1e1431f8
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404.html
http://iwaki2009.blogspot.jp/2016/01/ubuntu-1404_7.html


スポンサーリンク


このSfMモジュール、公式にはWindows環境でのビルドに対応していないそうですが、どうやら一手間かければVisual Studioでもビルドできるようです。↓
http://qiita.com/SatoshiRobatoFujimoto/items/c87b14cd20cda3c97306

OpenCVのSfMモジュールでは、Googleが開発したロギングライブラリGLogと、同じくGoogleが開発したCeres Solverという非線形最適化ライブラリ、そしてlibmvというSfMのライブラリのlight版(libmv_light)が使われている。libmvの大本は結構古いライブラリのようで、もう4年ぐらい開発が止まっている様子。

OpenCVのSfMモジュール公式チュートリアルを見ると、このモジュールでできることが大体わかる。↓

OpenCV:Structure From Motion

Camera Motion Estimation

Camera motion estimation from a given set of tracked 2d points.


スポンサーリンク

Scene Reconstruction

Sparse scene reconstruction from a given set of images.

Import Reconstruction

Import a scene reconstruction.

最後のImport ReconstructionだけはOpenCVだけじゃなくBundlerも使う。

Bundler

Bundler

OpenCVのSfMモジュールでスパース(疎)な3次元復元まではできるようだ。その後の密な点群の復元はBundlerで行う。その辺はOpenMVGと同じような感じ。

そしてビルドに挑戦↓



OpenCV 3 プログラミングブック

コンピュータビジョン最先端ガイド5 (CVIMチュートリアルシリーズ)


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Mayaのプラグイン開発
OpenGVの用語
html5のcanvasの可能性
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Verilog HDL
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ブログの復旧が難航してた話
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ベイズ推定とグラフィカルモデル
「うぶんちゅ!」
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ROMOハッカソンに行ってきた
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
CGのためのディープラーニング
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ZScript
WordPressの表示を高速化する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
プログラミングスキルとは何か
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Mayaのレンダリング アトリビュート
自前のShaderがおかしい件
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』

コメント