OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!

OpenCVバージョン3.3.0がついに正式リリースされましたね。

OpenCV 3.3.0

OpenCV 3.3 has been released with greatly improved Deep Learning module and lots of optimizations.

dandelionさんがChange Logsを日本語訳しています↓
https://github.com/atinfinity/lab/wiki/OpenCV-Change-Logs%EF%BC%88%E6%84%8F%E8%A8%B3%EF%BC%89#3.3

ということで、さっそくsfmモジュールのビルドですね!(←しつこい)
結論から言うと、今回ついにビルドに成功しました。決め手はCMAKE_DEBUG_POSTFIXだった。

これまで何度も挑戦しては失敗してきたのだ…


OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
以前Visual Studio2015環境でビルドに挑戦して、サンプルコードを試す前に力尽きてしまったのだけど。。。QiitaのOpenCV Advent Calendar 2016で良記事がアップされたので再び真似してやってみる。@...

OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
性懲りもなくまだやってます。(作業メモ的な記事なので読みづらいです)前回、sfmモジュールのビルドでgflagsのリンクが上手くいかったので、その対処を考える。前回はglogをビルドする時にgflagsが有効になっていなかった。gl...

OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVのsfmモジュールのビルドが諦められずにまた挑戦したメモです(笑) もう4度目ですね。(そして1年以上も…) OpenCV3.1の頃からWindows環境でsfmモジュールを有効にするには一工夫必要なのが分か...



スポンサーリンク

ビルド

今回もビルド環境はこちら。VC14でx64ビルド。

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio Community 2015
  • CMake 3.8.2

使用した依存ライブラリのバージョンは以下。この順にビルドしていく。

  1. Eigen 3.3.4
  2. gflags 2.2.1
  3. google-glog 0.3.5
  4. suitesparse-metis-for-windows-1.3.1
  5. ceres-solver-1.12.0
  6. VTK-8.0.0
  7. opencv-3.3.0, opencv_contrib-3.3.0

これまでと同様、こちらの記事を参考にした。↓
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/3888e886925ef0f84926

各ライブラリのバージョンが新しくなったことで手間がだいぶ減って楽になった。

Eigen

3.2.10を普通にcmakeして、Visual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。


スポンサーリンク

Gflags

gflagsはcmakeで
BUILD_SHARED_LIBS
BUILD_STATIC_LIBS
にチェックを入れ、さらに
CMAKE_DEBUG_POSTFIX
を追加し、Stringパラ―メータ’d’を設定しておいた。

glogもそうだが、前回までこれを設定していなかったのでビルドに失敗していたのだ。デフォルトだと、gflagsとglogはDebugビルドとReleaseビルドで出力されるlibファイル名が同じなので上書きされてしまうのだ。
後はGenerateして、Visual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

Glog

同梱のgoogle-glog.slnファイルは使わず、cmakeを使う。
先ほどビルドしたGflagsはまだここでは指定しない。
Gflagsと同様に、
CMAKE_DEBUG_POSTFIX
を追加し、Stringパラ―メータ’d’を設定してGenerateしてVisual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

suitesparse-metis-for-windows

suitesparse-metis-for-windowsは一部コードを書き換える。
metis/GKlib/gk_arch.hの61行目から

#ifdef __MSC__
/* MSC does not have rint() function */
#define rint(x) ((int)((x)+0.5))
 
/* MSC does not have INFINITY defined */
#ifndef INFINITY
#define INFINITY FLT_MAX
#endif
#endif

となっているが、Visual Studio 2015環境でこの定義は不要なのでコメントアウト。(消しちゃっても良いんだけど)

// #ifdef __MSC__
/* MSC does not have rint() function */
// #define rint(x) ((int)((x)+0.5))
 
/* MSC does not have INFINITY defined */
// #ifndef INFINITY
// #define INFINITY FLT_MAX
// #endif
// #endif

cmakeの設定はデフォルトのままでOK。

Ceres-Solver

CeresSolverは最新の1.13.0ではなく、1.12.0を使った。
ビルドに時間がかかるので、cmakeの設定で不要な
BUILD_EXAMPLES
BUILD_TESTING
のチェックは外しておく。

先ほどビルドしたglog, gflags, suitesparse-metis-for-windowsを指定し、GenerateしてVisual Studioでバッチビルド(ALL_BUILD, INSTALL)した。

VTK

基本はデフォルトのまま、ここを参考に↓
https://gist.github.com/UnaNancyOwen/9d16060714ba9b28f90e#file-vtk8-0-0-md

CMAKE_DEBUG_POSTFIX
に”-gd”を追加した。

OpenCV

cmakeで
OPENCV_EXTRA_MODULES_PATH
opencv_contrib-3.3.0/modules/
を追加。
WITH_CUDA
はチェックを外しておく。
GenerateしてOpenCV.slnを開いてバッチビルド。

さあ、やっとここへ辿り着いたぞ。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

疲れた。。。


スポンサーリンク

関連記事

BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースの取引プラットフォーム
Quartus II
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
なんかすごいサイト
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
UnityのAR FoundationでARKit 3
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
UnityのGlobal Illumination
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
スクレイピング
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
pythonもかじってみようかと
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
UnityのTransformクラスについて調べてみた
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Mayaのレンダリング アトリビュート
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
MeshroomでPhotogrammetry
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
SVM (Support Vector Machine)
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
PCA (主成分分析)
ZBrush 2018での作業環境を整える

コメント