OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

OpenCVを使ったプログラムで各種入力パラメータをいじるのに便利そうなGUIライブラリを見つけた。
このcvuiは、ヘッダーファイルcvui.hのみの軽量なライブラリで、クロスプラットフォーム(Windows, OSX, Linux)にビルドできる。そして依存するライブラリはOpenCV(バージョン2.xまたは3.x)のみ!
MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

cvui

cvui

cvuiは、OpenCVの描画機能をベースとした(とても)シンプルなUIライブラリです。
imguiなど、他のUIライブラリでOpenCVアプリを開発する場合、OpenGLなどのバックエンドグラフィックス機能も別途有効にする必要がありますが、cvuiではそんな必要がありません。
cvuiはOpenCVの描画機能のみで全ての描画処理を行います。(別途OpenGLやQtはいりません)

アプリケーション開発というほど大げさじゃなく、ちょっとモジュールレベルで動作を試したいけど、cv::highguiだけでは微妙にやりづらい時って結構あるから便利そう。

ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/Dovyski/cvui


スポンサーリンク


というのは毎度お馴染みこのブログで知った情報ですが↓
https://www.learnopencv.com/cvui-gui-lib-built-on-top-of-opencv-drawing-primitives/


スポンサーリンク

cvuiの特長

  • 軽量・シンプルで使いやすいインターフェイス
  • 追加の依存ライブラリは必要ない(OpenCVのみに依存)
  • OpenCVの描画機能のみをベースとしている(OpenGLやQtなどは必要ない)
  • 馴染みやすくC言語ライクなAPI(クラスやオブジェクト、etc)
  • 各コンポーネントの位置を気にせず(rows/columnsを指定して)手軽に描画可能
  • MITライセンス

C言語ライクなのが良いことなのか意見が分かれそうだけど、習得コストが低いってことなんですかね。
imguiの使い方を勉強しようかと思ってたところだったけど、動作環境を構築して試すまでの手間を考えると、まずはcvuiの方が楽そうな感じ。

使い方のサンプルコードを見た感じだと、

cv::namedWindow(WINDOW_NAME);
cvui::init(WINDOW_NAME);

でウィンドウを定義し、cvui名前空間の関数を使ってcv::MatにGUI要素をどんどん突っ込んでいき、そのcv::Matを定義したウィンドウにcv::imshowで表示するだけだ。
何かUnityのOnGUI関数内に記述する行に似たテイストに感じる。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Boost オープンソースライブラリ
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Amazon Web ServicesでWordPress
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
html5のcanvasの可能性
ニューラルネットワークで画像分類
Managing Software Requirements: A Unified Approach
定数
PythonでBlenderのAdd-on開発
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Maya API Reference
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Quartus II
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Paul Debevec
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
UnityからROSを利用できる『ROS#』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Photogrammetry (写真測量法)
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ブログが1日ダウンしてました
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
クラスの基本
OpenCV
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』

コメント

  1. […] OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』 […]