cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ

OpenCVを使ったプログラムで各種入力パラメータをいじるのに便利そうなGUIライブラリを見つけた。
このcvuiは、ヘッダーファイルcvui.hのみの軽量なライブラリで、クロスプラットフォーム(Windows, OSX, Linux)にビルドできる。そして依存するライブラリはOpenCV(バージョン2.xまたは3.x)のみ!
MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

cvui

cvui

cvuiは、OpenCVの描画機能をベースとした(とても)シンプルなUIライブラリです。
imguiなど、他のUIライブラリでOpenCVアプリを開発する場合、OpenGLなどのバックエンドグラフィックス機能も別途有効にする必要がありますが、cvuiではそんな必要がありません。
cvuiはOpenCVの描画機能のみで全ての描画処理を行います。(別途OpenGLやQtはいりません)

アプリケーション開発というほど大げさじゃなく、ちょっとモジュールレベルで動作を試したいけど、cv::highguiだけでは微妙にやりづらい時って結構あるから便利そう。

ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/Dovyski/cvui


スポンサーリンク


というのは毎度お馴染みこのブログで知った情報ですが↓
https://www.learnopencv.com/cvui-gui-lib-built-on-top-of-opencv-drawing-primitives/


スポンサーリンク

cvuiの特長

  • 軽量・シンプルで使いやすいインターフェイス
  • 追加の依存ライブラリは必要ない(OpenCVのみに依存)
  • OpenCVの描画機能のみをベースとしている(OpenGLやQtなどは必要ない)
  • 馴染みやすくC言語ライクなAPI(クラスやオブジェクト、etc)
  • 各コンポーネントの位置を気にせず(rows/columnsを指定して)手軽に描画可能
  • MITライセンス

C言語ライクなのが良いことなのか意見が分かれそうだけど、習得コストが低いってことなんですかね。
imguiの使い方を勉強しようかと思ってたところだったけど、動作環境を構築して試すまでの手間を考えると、まずはcvuiの方が楽そうな感じ。

使い方のサンプルコードを見た感じだと、

cv::namedWindow(WINDOW_NAME);
cvui::init(WINDOW_NAME);

でウィンドウを定義し、cvui名前空間の関数を使ってcv::MatにGUI要素をどんどん突っ込んでいき、そのcv::Matを定義したウィンドウにcv::imshowで表示するだけだ。
何かUnityのOnGUI関数内に記述する行に似たテイストに感じる。


スポンサーリンク

関連記事

WebGL開発に関する情報が充実してきている
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Konashiを買った
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
参考書
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
スクレイピング
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている

コメント

  1. […] OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』 […]