OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

OpenCVを使ったプログラムで各種入力パラメータをいじるのに便利そうなGUIライブラリを見つけた。
このcvuiは、ヘッダーファイルcvui.hのみの軽量なライブラリで、クロスプラットフォーム(Windows, OSX, Linux)にビルドできる。そして依存するライブラリはOpenCV(バージョン2.xまたは3.x)のみ!
MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

cvui

cvui

cvuiは、OpenCVの描画機能をベースとした(とても)シンプルなUIライブラリです。
imguiなど、他のUIライブラリでOpenCVアプリを開発する場合、OpenGLなどのバックエンドグラフィックス機能も別途有効にする必要がありますが、cvuiではそんな必要がありません。
cvuiはOpenCVの描画機能のみで全ての描画処理を行います。(別途OpenGLやQtはいりません)

アプリケーション開発というほど大げさじゃなく、ちょっとモジュールレベルで動作を試したいけど、cv::highguiだけでは微妙にやりづらい時って結構あるから便利そう。

ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/Dovyski/cvui


スポンサーリンク


というのは毎度お馴染みこのブログで知った情報ですが↓
https://www.learnopencv.com/cvui-gui-lib-built-on-top-of-opencv-drawing-primitives/


スポンサーリンク

cvuiの特長

  • 軽量・シンプルで使いやすいインターフェイス
  • 追加の依存ライブラリは必要ない(OpenCVのみに依存)
  • OpenCVの描画機能のみをベースとしている(OpenGLやQtなどは必要ない)
  • 馴染みやすくC言語ライクなAPI(クラスやオブジェクト、etc)
  • 各コンポーネントの位置を気にせず(rows/columnsを指定して)手軽に描画可能
  • MITライセンス

C言語ライクなのが良いことなのか意見が分かれそうだけど、習得コストが低いってことなんですかね。
imguiの使い方を勉強しようかと思ってたところだったけど、動作環境を構築して試すまでの手間を考えると、まずはcvuiの方が楽そうな感じ。

使い方のサンプルコードを見た感じだと、

cv::namedWindow(WINDOW_NAME);
cvui::init(WINDOW_NAME);

でウィンドウを定義し、cvui名前空間の関数を使ってcv::MatにGUI要素をどんどん突っ込んでいき、そのcv::Matを定義したウィンドウにcv::imshowで表示するだけだ。
何かUnityのOnGUI関数内に記述する行に似たテイストに感じる。


スポンサーリンク

関連記事

網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
スクレイピング
機械学習手法『Random Forest』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
HerokuでMEAN stack
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
コンピュータビジョンの技術マップ
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
ZBrushのZScript入門
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
海外ドラマのChromaKey
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OANDAのfxTrade API
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Kinect for Windows v2の日本価格決定
立体視を試してみた
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
参考書
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
clearcoat Shader
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
機械学習について最近知った情報
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント

  1. […] OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』 […]