OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』

OpenCVを使ったプログラムで各種入力パラメータをいじるのに便利そうなGUIライブラリを見つけた。
このcvuiは、ヘッダーファイルcvui.hのみの軽量なライブラリで、クロスプラットフォーム(Windows, OSX, Linux)にビルドできる。そして依存するライブラリOpenCV(バージョン2.xまたは3.x)のみ!
MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

cvui

cvui

cvuiは、OpenCVの描画機能をベースとした(とても)シンプルなUIライブラリです。
imguiなど、他のUIライブラリでOpenCVアプリを開発する場合、OpenGLなどのバックエンドグラフィックス機能も別途有効にする必要がありますが、cvuiではそんな必要がありません。
cvuiはOpenCVの描画機能のみで全ての描画処理を行います。(別途OpenGLやQtはいりません)

アプリケーション開発というほど大げさじゃなく、ちょっとモジュールレベルで動作を試したいけど、cv::highguiだけでは微妙にやりづらい時って結構あるから便利そう。

ソースコードはGitHubにある↓

cvui - A (very) simple UI lib built on top of OpenCV drawing primitives


スポンサーリンク



というのは毎度お馴染みこのブログで知った情報ですが↓
In this tutorial we discuss the usage of cvui - a GUI lib built on top of OpenCV drawing primitives.

cvuiの特長

  • 軽量・シンプルで使いやすいインターフェイス
  • 追加の依存ライブラリは必要ない(OpenCVのみに依存)
  • OpenCVの描画機能のみをベースとしている(OpenGLやQtなどは必要ない)
  • 馴染みやすくC言語ライクなAPI(クラスやオブジェクト、etc)
  • 各コンポーネントの位置を気にせず(rows/columnsを指定して)手軽に描画可能
  • MITライセンス

C言語ライクなのが良いことなのか意見が分かれそうだけど、習得コストが低いってことなんですかね。
imguiの使い方を勉強しようかと思ってたところだったけど、動作環境を構築して試すまでの手間を考えると、まずはcvuiの方が楽そうな感じ。

使い方のサンプルコードを見た感じだと、


でウィンドウを定義し、cvui名前空間の関数を使ってcv::MatにGUI要素をどんどん突っ込んでいき、そのcv::Matを定義したウィンドウにcv::imshowで表示するだけだ。
何かUnityOnGUI関数内に記述する行に似たテイストに感じる。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.