スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』

iPhoneやiPadのカメラを使って3Dスキャンできる「Qlone」っていう無料アプリが登場した。
技術ジャンルとしてはphotogrammetryというやつ。

Qlone

What is Qlone?

主な特長

  • スキャンは超高速、iOS上でリアルタイムに済み、待ち時間無しです!
  • Qloneでのスキャンはとても簡単。マットの中央にオブジェクトを置くだけで、ARドームがスキャン手順をガイドしてくれます。
  • 1つのオブジェクトを違う姿勢でスキャンしたものをマージして全体的な結果を改善することもできます。
  • Texture, Art, Sculpt, Clean, Resizeなどのモディファイアを使用して3Dモデルをクリーンアップ・修正できます。
  • 他の3Dツールやプロジェクトで使用できるOBJ, STL, PLY, X3Dといった様々な形式でモデルをエクスポートできます。
  • モデルをFacebook, WhatsApp, Instagram, Email, SMSで友達と共有できます。

スマホで3Dスキャンと言うと、機能的にはちょっと前までAutodeskが無料で提供していたスマホアプリ「123D Catch」みたいな感じでしょうか。


スポンサーリンク


今のところiOS端末のみ対応のアプリらしい。iTunesのページはこちら↓
https://itunes.apple.com/us/app/qlone/id1229460906

ARマーカーっぽいマットの上に乗せてスキャンするってのが賢い。カメラの移動・回転が正確に捉えられるから、3D復元の精度が上がるわけですね。


スポンサーリンク
How to use Qlone?

で、このQloneなら、3Dモデルを3Dプリントして販売できるshapewaysや、3Dモデルデータ販売サイトのcgtrader、Web上で3Dモデルを閲覧できるSketchfabとシームレスに繋がり、モデルデータを簡単に持って行けるらしい。(エクスポートは有料機能)

よく知らなかったけど、3Dモデルデータを扱うプラットフォームも充実してきてるのね。日本ではまだあんまりメジャーじゃないのかな?

http://3dnchu.com/archives/qlone-app/
http://www.gizmodo.jp/2017/06/qlone-3d-scan.html
https://soramitama.com/archives/4733
http://www.kic-factory.co.jp/blog03/?p=6546


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
コンピュータビジョンの技術マップ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
konashiのサンプルコードを動かしてみた
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
UnityのAR FoundationでARKit 3
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
UnityでARKit2.0
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
MeshroomでPhotogrammetry
GoogleのDeep Learning論文
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
PCA (主成分分析)
Active Appearance Models(AAM)
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Pix2Pix:CGANによる画像変換
UnityでOpenCVを使うには?
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ニューラルネットワークで画像分類
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ディープラーニング
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

コメント