スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』

iPhoneやiPadのカメラを使って3Dスキャンできる「Qlone」っていう無料アプリが登場した。
技術ジャンルとしてはphotogrammetryというやつ。

Qlone

What is Qlone?

主な特長

  • スキャンは超高速、iOS上でリアルタイムに済み、待ち時間無しです!
  • Qloneでのスキャンはとても簡単。マットの中央にオブジェクトを置くだけで、ARドームがスキャン手順をガイドしてくれます。
  • 1つのオブジェクトを違う姿勢でスキャンしたものをマージして全体的な結果を改善することもできます。
  • Texture, Art, Sculpt, Clean, Resizeなどのモディファイアを使用して3Dモデルをクリーンアップ・修正できます。
  • 他の3Dツールやプロジェクトで使用できるOBJ, STL, PLY, X3Dといった様々な形式でモデルをエクスポートできます。
  • モデルをFacebook, WhatsApp, Instagram, Email, SMSで友達と共有できます。

スマホで3Dスキャンと言うと、機能的にはちょっと前までAutodeskが無料で提供していたスマホアプリ「123D Catch」みたいな感じでしょうか。


スポンサーリンク


今のところiOS端末のみ対応のアプリらしい。iTunesのページはこちら↓
https://itunes.apple.com/us/app/qlone/id1229460906

ARマーカーっぽいマットの上に乗せてスキャンするってのが賢い。カメラの移動・回転が正確に捉えられるから、3D復元の精度が上がるわけですね。


スポンサーリンク
How to use Qlone?

で、このQloneなら、3Dモデルを3Dプリントして販売できるshapewaysや、3Dモデルデータ販売サイトのcgtrader、Web上で3Dモデルを閲覧できるSketchfabとシームレスに繋がり、モデルデータを簡単に持って行けるらしい。(エクスポートは有料機能)

よく知らなかったけど、3Dモデルデータを扱うプラットフォームも充実してきてるのね。日本ではまだあんまりメジャーじゃないのかな?

http://3dnchu.com/archives/qlone-app/
http://www.gizmodo.jp/2017/06/qlone-3d-scan.html
https://soramitama.com/archives/4733
http://www.kic-factory.co.jp/blog03/?p=6546


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
MeshroomでPhotogrammetry
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
統計的な顔モデル
機械学習について最近知った情報
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Pix2Pix:CGANによる画像変換
顔検出・認識のAPI・ライブラリ・ソフトウェアのリスト
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
3D復元技術の情報リンク集
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
AfterEffectsプラグイン開発
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
iPhone5S → iPhone6S
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...

コメント