Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ

iPhoneやiPadのカメラを使って3Dスキャンできる「Qlone」っていう無料アプリが登場した。
技術ジャンルとしてはphotogrammetryというやつ。

Qlone

主な特長

  • スキャンは超高速、iOS上でリアルタイムに済み、待ち時間無しです!
  • Qloneでのスキャンはとても簡単。マットの中央にオブジェクトを置くだけで、ARドームがスキャン手順をガイドしてくれます。
  • 1つのオブジェクトを違う姿勢でスキャンしたものをマージして全体的な結果を改善することもできます。
  • Texture, Art, Sculpt, Clean, Resizeなどのモディファイアを使用して3Dモデルをクリーンアップ・修正できます。
  • 他の3Dツールやプロジェクトで使用できるOBJ, STL, PLY, X3Dといった様々な形式でモデルをエクスポートできます。
  • モデルをFacebook, WhatsApp, Instagram, Email, SMSで友達と共有できます。

スマホで3Dスキャンと言うと、機能的にはちょっと前までAutodeskが無料で提供していたスマホアプリ「123D Catch」みたいな感じでしょうか。


スポンサーリンク


今のところiOS端末のみ対応のアプリらしい。iTunesのページはこちら↓
https://itunes.apple.com/us/app/qlone/id1229460906

ARマーカーっぽいマットの上に乗せてスキャンするってのが賢い。カメラの移動・回転が正確に捉えられるから、3D復元の精度が上がるわけですね。



で、このQloneなら、3Dモデルを3Dプリントして販売できるshapewaysや、3Dモデルデータ販売サイトのcgtrader、Web上で3Dモデルを閲覧できるSketchfabとシームレスに繋がり、モデルデータを簡単に持って行けるらしい。(エクスポートは有料機能)


スポンサーリンク

よく知らなかったけど、3Dモデルデータを扱うプラットフォームも充実してきてるのね。日本ではまだあんまりメジャーじゃないのかな?

http://3dnchu.com/archives/qlone-app/
http://www.gizmodo.jp/2017/06/qlone-3d-scan.html
https://soramitama.com/archives/4733
http://www.kic-factory.co.jp/blog03/?p=6546


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
続・ディープラーニングの資料
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
ディープラーニング
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
MeshroomでPhotogrammetry
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Unityからkonashiをコントロールする
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
PCA (主成分分析)
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Paul Debevec
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
今年もSSII
ニューラルネットワークで画像分類
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
機械学習について最近知った情報
AI英語教材アプリ『abceed』
Konashiを買った
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント