インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』

Learn OpenCVの記事でLive CVというツールを知った。
http://www.learnopencv.com/live-cv/

インタラクティブに処理結果の画像を確認しながら画像処理コーディングができるツール。個人開発からスタートしたプロジェクトのようです。

Live CV

Live CV

Live CVは、コーディングしながら処理結果を生成できるコンピュータビジョン環境です。
Live CVは以下を提供します。

  • コンピュータビジョンの様々なアルゴリズムを理解するための勉強ツール
  • 様々なアルゴリズムを組み合わせ、試行錯誤しながら結果ができる
  • インタラクティブにパラメータ調整可能なコンポーネント群
  • クロスプラットフォームで実行可能なScriptをサポート
  • 既存のC ++アルゴリズムとリンク・拡張可能なライブラリ

Live CVはOpenCVをラップして構築されたオープンソースプロジェクトです。
Live CVはオープンソースで無料のため、開発に費やされる時間は私が使える時間やこのプロジェクトに関心を持つ人の数に依存します。
より多くの人々が興味を持っていることを知り、開発に多くの時間を割くことができて嬉しいです。


スポンサーリンク

公式ページで配布されているインストーラーはWindows用とLinux用だけだけど、ソースコードがGitHubで公開されているので自分でビルドすることもできる。
https://github.com/livecv/livecv


スポンサーリンク


ライブコーディングに使うのはQMLっていうScriptらしい。
QtのScript言語なんですか。(宣言型UI言語?)

Live CV – Live Computer Vision Coding

Live CV – Feature Detection Module

OpenCVをラップしているとはいえ、まだ対応しているモジュールには偏りがあるっぽい。現在バージョン1.2だけど、バージョン2.0までのロードマップは引かれているようだ。


スポンサーリンク

関連記事

Iterator
Raspberry PiでIoTごっこ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
konashiのサンプルコードを動かしてみた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
まだ続くブログの不調
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
CGのためのディープラーニング
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Google App Engineのデプロイ失敗
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ニューラルネットワークと深層学習
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Quartus II
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
OpenGVのライブラリ構成
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
ROSの薄い本
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』

コメント