インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』

Learn OpenCVの記事でLive CVというツールを知った。
http://www.learnopencv.com/live-cv/

インタラクティブに処理結果の画像を確認しながら画像処理コーディングができるツール。個人開発からスタートしたプロジェクトのようです。

Live CV

Live CV

Live CVは、コーディングしながら処理結果を生成できるコンピュータビジョン環境です。
Live CVは以下を提供します。

  • コンピュータビジョンの様々なアルゴリズムを理解するための勉強ツール
  • 様々なアルゴリズムを組み合わせ、試行錯誤しながら結果ができる
  • インタラクティブにパラメータ調整可能なコンポーネント群
  • クロスプラットフォームで実行可能なScriptをサポート
  • 既存のC ++アルゴリズムとリンク・拡張可能なライブラリ

Live CVはOpenCVをラップして構築されたオープンソースプロジェクトです。
Live CVはオープンソースで無料のため、開発に費やされる時間は私が使える時間やこのプロジェクトに関心を持つ人の数に依存します。
より多くの人々が興味を持っていることを知り、開発に多くの時間を割くことができて嬉しいです。


スポンサーリンク

公式ページで配布されているインストーラーはWindows用とLinux用だけだけど、ソースコードがGitHubで公開されているので自分でビルドすることもできる。
https://github.com/livecv/livecv


スポンサーリンク


ライブコーディングに使うのはQMLっていうScriptらしい。
QtのScript言語なんですか。(宣言型UI言語?)

Live CV – Live Computer Vision Coding

Live CV – Feature Detection Module

OpenCVをラップしているとはいえ、まだ対応しているモジュールには偏りがあるっぽい。現在バージョン1.2だけど、バージョン2.0までのロードマップは引かれているようだ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのZScript入門
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
海外ドラマのChromaKey
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Adobe MAX 2015
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
UnityでARKit2.0
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
サンプルコードにも間違いはある?
PCA (主成分分析)
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
C++始めようと思うんだ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ブログが1日ダウンしてました
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
WordPress on Windows Azure
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
3D復元技術の情報リンク集
プログラムによる景観の自動生成
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
UnityからROSを利用できる『ROS#』
OpenGVの用語
手を動かしながら学ぶデータマイニング
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
ブログの復旧が難航してた話
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
動的なメモリの扱い
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Raspberry Pi
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

コメント