BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする

多くのDCCツールがPythonスクリプト環境を提供している反面、対応しているのはPython2.x系ばかりで最近流行りのディープラーニングフレームワークが使えない。(Python2.x系は2020年1月1日でサポート終了のはずだが)
そんな中、BlenderのPython環境はPython3.x系なのである。

BlenderのPython環境にちょっと触ってみようと思う。
こちらの記事を参考にBlender2.81のPythonにpipを入れようとしたけど、-m ensurepipができなかった↓
https://qiita.com/hibit/items/1ac97c71d5adc5b45f85

ちょっと調べてみると、どうやらBlender 2.81のPython環境はすでにpipがインストール済みらしい。
https://github.com/domlysz/BlenderGIS/issues/202


スポンサーリンク

BlenderのPython環境でpip

オイラはWindows環境でポータブル版(zip版)のBlender 2.81をC:\Software\Blender以下に配置しているので、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、Blenderのインストールディレクトリ内pyhon/binまで移動し、Pythonコマンド(python.exe)を叩いてみた↓

python.exe -m pip install --upgrade pip



pipが最新版にアップグレードされた。

同様に、setuptoolsもアップグレード↓



調子に乗ってPyTorchをインストールしてみよう(笑)
PyTorch公式のインストール方法を参考に以下のコマンドを叩く↓


スポンサーリンク

python.exe -m pip install torch===1.3.1 torchvision===0.4.2 -f https://download.pytorch.org/whl/torch_stable.html



インストールできたっぽいぞ。Scriptsフォルダに配置されたexeについては別途パスを通す必要があるのかな。

ところで、GitHubでpytorch-blenderなるリポジトリを見つけたけど、これはこれでそのうちいじってみたい。

VSCodeでBlender Pythonコーディング

どうせなら最近お気に入りのVSCodeで書きたいと思ったらちゃんと方法があるらしい↓
https://qiita.com/nutti/items/5ef0d80f4809ded61ea4

fake-bpy-moduleという、BlenderのPython APIのインタフェース部分のみを記述した疑似モジュールを使う↓
https://github.com/nutti/fake-bpy-module/blob/master/docs/setup_visual_studio_code.md

Blender 2.81のAPIドキュメント↓
https://docs.blender.org/api/2.81/

あ、MeshCNNのコードでもBlenderのPython API使ってるね↓
https://github.com/ranahanocka/MeshCNN/blob/master/scripts/dataprep/blender_process.py


スポンサーリンク

関連記事

2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Verilog HDL
Google Chromecast
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Houdiniのライセンスの種類
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
WordPressのテーマを自作する
Maya API Reference
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
無料で使える人体3DCG作成ツール
生物の骨格
Unreal Engineの薄い本
ZBrushトレーニング
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
スクレイピング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OANDAのfxTrade API
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
注文してた本が届いた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
まだ続くブログの不調
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する

コメント