BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする

多くのDCCツールがPythonスクリプト環境を提供している反面、対応しているのはPython2.x系ばかりで最近流行りのディープラーニングフレームワークが使えない。(Python2.x系は2020年1月1日でサポート終了のはずだが)
そんな中、BlenderのPython環境はPython3.x系なのである。

BlenderのPython環境にちょっと触ってみようと思う。
こちらの記事を参考にBlender2.81のPythonにpipを入れようとしたけど、-m ensurepipができなかった↓
https://qiita.com/hibit/items/1ac97c71d5adc5b45f85

ちょっと調べてみると、どうやらBlender 2.81のPython環境はすでにpipがインストール済みらしい。
https://github.com/domlysz/BlenderGIS/issues/202


スポンサーリンク

BlenderのPython環境でpip

オイラはWindows環境でポータブル版(zip版)のBlender 2.81をC:\Software\Blender以下に配置しているので、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、Blenderのインストールディレクトリ内pyhon/binまで移動し、Pythonコマンド(python.exe)を叩いてみた↓

python.exe -m pip install --upgrade pip



pipが最新版にアップグレードされた。

同様に、setuptoolsもアップグレード↓



調子に乗ってPyTorchをインストールしてみよう(笑)
PyTorch公式のインストール方法を参考に以下のコマンドを叩く↓


スポンサーリンク

python.exe -m pip install torch===1.3.1 torchvision===0.4.2 -f https://download.pytorch.org/whl/torch_stable.html



インストールできたっぽいぞ。Scriptsフォルダに配置されたexeについては別途パスを通す必要があるのかな。

ところで、GitHubでpytorch-blenderなるリポジトリを見つけたけど、これはこれでそのうちいじってみたい。

VSCodeでBlender Pythonコーディング

どうせなら最近お気に入りのVSCodeで書きたいと思ったらちゃんと方法があるらしい↓
https://qiita.com/nutti/items/5ef0d80f4809ded61ea4

fake-bpy-moduleという、BlenderのPython APIのインタフェース部分のみを記述した疑似モジュールを使う↓
https://github.com/nutti/fake-bpy-module/blob/master/docs/setup_visual_studio_code.md

Blender 2.81のAPIドキュメント↓
https://docs.blender.org/api/2.81/

あ、MeshCNNのコードでもBlenderのPython API使ってるね↓
https://github.com/ranahanocka/MeshCNN/blob/master/scripts/dataprep/blender_process.py


スポンサーリンク

関連記事

Google App EngineでWordPress
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
アニゴジ関連情報
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
UnityでOpenCVを使うには?
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
参考になりそうなサイト
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Quartus II
WinSCP
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Photogrammetry (写真測量法)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushトレーニング
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
このブログのデザインに飽きてきた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
タダでRenderManを体験する方法
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
html5のcanvasの可能性
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
HD画質の無駄遣い その2
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ブログのデザイン変えました
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityをレンダラとして活用する
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrush 2018へのアップグレード
Open Shading Language (OSL)

コメント