BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする

多くのDCCツールがPythonスクリプト環境を提供している反面、対応しているのはPython2.x系ばかりで最近流行りのディープラーニングフレームワークが使えない。(Python2.x系は2020年1月1日でサポート終了のはずだが)
そんな中、BlenderのPython環境はPython3.x系なのである。

BlenderのPython環境にちょっと触ってみようと思う。
こちらの記事を参考にBlender2.81のPythonにpipを入れようとしたけど、-m ensurepipができなかった↓
https://qiita.com/hibit/items/1ac97c71d5adc5b45f85

ちょっと調べてみると、どうやらBlender 2.81のPython環境はすでにpipがインストール済みらしい。
https://github.com/domlysz/BlenderGIS/issues/202


スポンサーリンク

BlenderのPython環境でpip

オイラはWindows環境でポータブル版(zip版)のBlender 2.81をC:\Software\Blender以下に配置しているので、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、Blenderのインストールディレクトリ内pyhon/binまで移動し、Pythonコマンド(python.exe)を叩いてみた↓

python.exe -m pip install --upgrade pip



pipが最新版にアップグレードされた。

同様に、setuptoolsもアップグレード↓



調子に乗ってPyTorchをインストールしてみよう(笑)
PyTorch公式のインストール方法を参考に以下のコマンドを叩く↓


スポンサーリンク

python.exe -m pip install torch===1.3.1 torchvision===0.4.2 -f https://download.pytorch.org/whl/torch_stable.html



インストールできたっぽいぞ。Scriptsフォルダに配置されたexeについては別途パスを通す必要があるのかな。

ところで、GitHubでpytorch-blenderなるリポジトリを見つけたけど、これはこれでそのうちいじってみたい。

VSCodeでBlender Pythonコーディング

どうせなら最近お気に入りのVSCodeで書きたいと思ったらちゃんと方法があるらしい↓
https://qiita.com/nutti/items/5ef0d80f4809ded61ea4

fake-bpy-moduleという、BlenderのPython APIのインタフェース部分のみを記述した疑似モジュールを使う↓
https://github.com/nutti/fake-bpy-module/blob/master/docs/setup_visual_studio_code.md

Blender 2.81のAPIドキュメント↓
https://docs.blender.org/api/2.81/

あ、MeshCNNのコードでもBlenderのPython API使ってるね↓
https://github.com/ranahanocka/MeshCNN/blob/master/scripts/dataprep/blender_process.py


スポンサーリンク

関連記事

UnityのGlobal Illumination
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Unityの薄い本
服飾デザインツール『CLO』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Model View Controller
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
布のモデリング
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Google App Engineのデプロイ失敗
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
3D復元技術の情報リンク集
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Photogrammetry (写真測量法)
続・ディープラーニングの資料
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Blenderでよく使うaddon
ZBrushのお勉強
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
素敵なパーティクル
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ブログの復旧が難航してた話
ZBrush 2018へのアップグレード
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrush 2018での作業環境を整える
Open Shading Language (OSL)

コメント