ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
マジョーラ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushトレーニング
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Open Shading Language (OSL)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
2020年 観に行った映画振り返り
シン・ゴジラのファンアート
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
NeRF (Neural Radiance Fields):機械学習による未知視点合成
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
ゴジラ三昧
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ドリフトパッケージナノとシフトカー
ガメラ生誕50周年
ジュラシック・パークのメイキング
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』

コメント