ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

無料で使える人体3DCG作成ツール
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Mayaのレンダリング アトリビュート
2017年 観に行った映画振り返り
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
2018年 観に行った映画振り返り
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
マイケル・ベイの動画の感覚
フルCGのウルトラマン!?
Unite 2014の動画
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
参考書
ZBrushの練習 手のモデリング
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Maya API Reference
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Photogrammetry (写真測量法)
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Blender 2.8がついに正式リリース!
シフトカーの改造
adskShaderSDK
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
MFnDataとMFnAttribute
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenMayaRender
3Dグラフィックスの入門書

コメント