ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Maya LTのQuick Rigを試す
シフトカーを改造してラジコン化する人達
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushのUV MasterでUV展開
この本読むよ
デザインのリファイン再び
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushの作業環境を見直す
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
なりきり玩具と未来のガジェット
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
東京おもちゃショー2017
Raytracing Wiki
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
天体写真の3D動画
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ワンダーフェスティバル2024[冬]に行ってきた
Ambient Occlusionを解析的に求める
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
2019年 観に行った映画振り返り
MFnDataとMFnAttribute
UnityでARKit2.0
ZBrushトレーニング

コメント