ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrush 4R8 リリース!
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
ZBrush 2018へのアップグレード
HD画質の無駄遣い
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
『ピクサー展』へ行ってきた
東京おもちゃショー2017
UnityのAR FoundationでARKit 3
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
ぼくたちのトクサツ!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
OpenMayaRender
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
『仮面ライダーBLACK SUN』のティザービジュアルが公開された!
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ZBrushトレーニング
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
UnityでARKit2.0
日本でMakersは普及するだろうか?
線画を遠近法で描く
Paul Debevec
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
仮面ライダーアギト 20周年
Maya API Reference
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
clearcoat Shader

コメント