ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ラクガキの立体化 進捗
3D復元技術の情報リンク集
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
TVML (TV program Making language)
UnityのGlobal Illumination
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Maya LTのQuick Rigを試す
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ラクガキの立体化
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
この本読むよ
UnityでLight Shaftを表現する
Unreal Engineの薄い本
ZBrush 2018へのアップグレード
『魂ネイション2015』に行ってきた
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushの練習 手のモデリング
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
シン・ゴジラのファンアート
日本でMakersは普及するだろうか?
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
OpenMayaのPhongShaderクラス
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
clearcoat Shader
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
3DCG Meetup #4に行ってきた
Mayaのシェーディングノードの区分

コメント