ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

大人の知識で玩具の改造
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
MeshroomでPhotogrammetry
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ラクガキの立体化 目標設定
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityのGlobal Illumination
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ラクガキの立体化 反省
Pix2Pix:CGANによる画像変換
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでカスタムUIを設定する
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
clearcoat Shader
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
顔モデリングのチュートリアル
2018年 観に行った映画振り返り
マジョーラ
PolyPaint
NICOGRAPHって有名?
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ラクガキの立体化 モールドの追加
Oculus Goを購入!
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushトレーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ウルトラ×ライダー
UnityでARKit2.0
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
『ピクサー展』へ行ってきた

コメント