ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

adskShaderSDK
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Subsurface scatteringの動画
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
MFnMeshクラスのsplit関数
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
HD画質の無駄遣い その2
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
UnityのTransformクラスについて調べてみた
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Paul Debevec
おのれディケイド
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Unite 2014の動画
生物の骨格
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
線画を遠近法で描く
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Blender 2.8がついに正式リリース!
PolyPaint
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
仮面ライダーアギト 20周年
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushで基本となるブラシ
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
BlenderのRigifyでリギング

コメント