ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Paul Debevec
シフトカーを改造してラジコン化する人達
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
消費の記録
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
サンプルコードにも間違いはある?
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
フルCGのウルトラマン!?
仮面ライダーアマゾンズ
UnityのAR FoundationでARKit 3
HD画質の無駄遣い その2
2016年 観に行った映画振り返り
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
3DCGのモデルを立体化するサービス
『ピクサー展』へ行ってきた
仮面ライダーの玩具
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
3D復元技術の情報リンク集
SIGGRAPH Asia
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
PythonでBlenderのAdd-on開発
iPhone欲しいなぁ
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
Unreal Engineの薄い本
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
アニゴジ関連情報

コメント