ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

アニゴジ関連情報
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
UnityのTransformクラスについて調べてみた
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
PythonでBlenderのAdd-on開発
Maya LTのQuick Rigを試す
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
『ピクサー展』へ行ってきた
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ジュラシック・パークのメイキング
MeshroomでPhotogrammetry
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Unite 2014の動画
ポリ男をリファイン
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
シフトカーを改造する人達
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
3DCGのモデルを立体化するサービス
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushの作業環境を見直す
Vancouver Film Schoolのデモリール
大人の知識で玩具の改造
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
デザインのリファイン再び
2020年 観に行った映画振り返り
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityをレンダラとして活用する

コメント