ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
2017年 観に行った映画振り返り
まだまだ続く空想科学読本
注文してた本が届いた
ラクガキの立体化 反省
顔のモデリング
仮面ライダー4号
色んな三面図があるサイト
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Mayaのシェーディングノードの区分
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZBrush 2018での作業環境を整える
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
CEDEC 3日目
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
クライマックスヒーローズ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
2018年 観に行った映画振り返り
Photogrammetry (写真測量法)
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
MFnDataとMFnAttribute
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
3D復元技術の情報リンク集
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フルCGのウルトラマン!?
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
UnityでLight Shaftを表現する
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
OpenMayaRender
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント