ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ZBrushCore
UnityのAR FoundationでARKit 3
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Blenderでよく使うaddon
Unreal Engineの薄い本
ZBrushのお勉強
消費の記録
MeshroomでPhotogrammetry
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Photogrammetry (写真測量法)
CEDEC 3日目
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
アニゴジ関連情報
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
CGのためのディープラーニング
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
ZBrushの練習 手のモデリング
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
海外ドラマのChromaKey
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
仮面ライダーの玩具
まだまだ続く空想科学読本
シフトカーを改造する人達
2017年 観に行った映画振り返り
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushの作業環境を見直す
TVML (TV program Making language)
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
AfterEffectsプラグイン開発
服飾デザインツール『CLO』

コメント