ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

Stanford Bunny
天体写真の3D動画
Unityをレンダラとして活用する
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
iPhone欲しいなぁ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
Raytracing Wiki
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
おのれディケイド
ZBrushの練習 手のモデリング
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Unityの薄い本
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
仮面ライダーアマゾンズ
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Mayaのレンダリング アトリビュート
テスト
映画『シン・仮面ライダー』が発表された!
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ニンテンドー3DSのGPU PICA200

コメント