ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrush 4R8 リリース!
仮面ライダーアマゾンズの主題歌『Armour Zone(Full Version)』が6月17日先行...
参考書
ガメラ生誕50周年
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
クライマックスヒーローズ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
OpenMayaRender
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Unreal Engineの薄い本
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
仮面ライダーの玩具
3DCGのモデルを立体化するサービス
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
天体写真の3D動画
ZBrush キャラクター&クリーチャー
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
色んな三面図があるサイト
そのアプローチは帰納的か演繹的か
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ZBrushで基本となるブラシ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Unite 2014の動画
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
MRenderUtil::raytrace
ZBrush 2018へのアップグレード
まだまだ続く空想科学読本
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント