ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る

前回から3ヶ月も経って、もう映画「仮面ライダー1号」の公開すら終了したけど、せっせと3号を造る(笑)



前回PolyGroup分けした後、それぞれSubToolに分けてからZRemesherでリトポロジーした。眼の周りなどは別々に分けてからの方がキレイにリトポロジーできるらしいです。

眼とクラッシャーを別パーツ化してからリトポロジー

的なことがこちらの書籍に乗っていたので真似してみました。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

この書籍では美少女フィギュアの瞳周りの例でしたけどね。


スポンサーリンク


ヘルメット、眼、クラッシャー(口パーツ)の3つに分けた。

ここからクラッシャーのディティールを少し進めようと思う。こちらの書籍で紹介されていたDam_Standardブラシを使ってみる。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック

Dam_Standardブラシは筋彫りのような彫り込みに適しているらしい。

Dam_Standardブラシ

クラッシャーのディティールを入れていく

Dam_Standardブラシでモールドのあたりを付けたら、TrimDynamicブラシを使って面取りしていく。

TrimDynamic

間違えたらClayTubeブラシを使って均しながら進める。

何か違うような…

何か根本的に、ハードサーフェイスモデリングの進め方としてどうなのか疑問もある。。。


スポンサーリンク

関連記事

Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
adskShaderSDK
UnityでARKit2.0
ウルトラ×ライダー
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
UnityのAR FoundationでARKit 3
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
なんかすごいサイト
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ラクガキの立体化 反省
色んな三面図があるサイト
Vancouver Film Schoolのデモリール
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
NICOGRAPHって有名?
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
東京おもちゃショー2017
ZBrush 2018での作業環境を整える
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
MFnMeshクラスのsplit関数
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

コメント