Unityをレンダラとして活用する

社会人になって以降、CGレンダリングのテクニカルな話から遠ざかって久しい。
最近のレンダリング技術のトレンドをまるで知らない。最新のMaya2018ではもうmentalrayがバンドルされなくなったと聞く。(でもお値段据え置き)
今のオフラインレンダリングでデファクトスタンダードなレンダラって何なんだろうか。

一方、ここ数年でUnrealEngineやUnityなど、無料で利用できるゲームエンジンのレンダラ品質がリアルタイムとは思えないほど向上している。映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」では一部のCGカットにUnrealEngine4が使われているらしい。

無料で使えて品質も良いなら、活用しない手は無いな。と思ってUnityへこのモデルをインポートしてみた。↓



特にMeshのリダクションなどはせず、ZBrushそのままのメッシュをOBJでインポートしてレンダリング。

Post Processing Stackも併用してみた



偏光塗料みたいな質感はちゃんとShader作らないと無理だろうな。
CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3...


Unityはデフォルトだと処理負荷軽減のため、カメラからの距離に応じて影の描画を省略しちゃうのね。QualitySettingsShadow Distanceで設定されている距離より遠くは影が描画されないらしい。
https://docs.unity3d.com/ja/520/Manual/class-QualitySettings.html

Post-processing StackでScreen Space Ambient Occlusionもかかる。


スポンサーリンク


Specularのある質感は、自由視点でこそ効果を発揮するので、ぜひ動画にしたいところ。
MayaでもZBrushでも、作業画面上だとどれぐらい影が落ちるのかよくわからなくて、オイラはいつもモデリング作業の終わりが見えなくなりがち。気分転換も兼ねてモデルをちゃんとレンダリングしてみるのも大事な気がする。


スポンサーリンク

Physically Based Rendering

UnrealEngineに後れを取ったけど、Unityもバージョン5からPBR(Physically Based Rendering)に則ったShaderを用意するようになったので質感設定がとても直感的。

Unity公式ブログの2年前の記事にStandard Shaderのパラメータチャートが掲載されている。
https://blogs.unity3d.com/jp/2015/02/18/working-with-physically-based-shading-a-practical-approach/





そしてShaderパラメータのキャリブレーション用Assetが配布されている。
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/25422

Unityエヴァンジェリストの小林信行氏がAllegorithmic社の教材「THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE」の翻訳版を公開している。





https://learnopengl.com/#!PBR/Theory

UnityのGI系の機能の使い方はまだあんまりよく知らない。。。

Post Processing Stack

以前はImageEffectsとしてバラバラだったポスト処理が1つのパイプラインにまとまったAssetが配布されている。
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/83912

で、さらにこのPost Processing Stackのパラメータを動的に制御するScriptをUnityエヴァンジェリスト高橋啓治郎氏が公開している。
https://github.com/keijiro/PostProcessingUtilities

リアルタイムレンダリングを想定すると、リトポロジーとかノーマルマップ焼き付けとかが割と重要になってくるな。


スポンサーリンク

関連記事

UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ZBrushCore
Subsurface scatteringの動画
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
服飾デザインツール『CLO』
エコカー
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
CreativeCOW.net
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
一般教養
自前のShaderがおかしい件
マジョーラ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrush 4R7
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
NICOGRAPHって有名?
ZBrushの作業環境を見直す
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
UnityでARKit2.0
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
マイケル・ベイの動画の感覚
OpenMayaのPhongShaderクラス
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Unityで360度ステレオVR動画を作る
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Blender 2.8がついに正式リリース!
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
天体写真の3D動画

コメント