Unityをレンダラとして活用する

社会人になって以降、CGレンダリングのテクニカルな話から遠ざかって久しい。
最近のレンダリング技術のトレンドをまるで知らない。最新のMaya2018ではもうmentalrayがバンドルされなくなったと聞く。(でもお値段据え置き)
今のオフラインレンダリングでデファクトスタンダードなレンダラって何なんだろうか。

一方、ここ数年でUnrealEngineやUnityなど、無料で利用できるゲームエンジンのレンダラ品質がリアルタイムとは思えないほど向上している。映画ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」では一部のCGカットにUnrealEngine4が使われているらしい。

無料で使えて品質も良いなら、活用しない手は無いな。と思ってUnityへこのモデルをインポートしてみた。↓



特にMeshのリダクションなどはせず、ZBrushそのままのメッシュをOBJでインポートしてレンダリング。

Post Processing Stackも併用してみた



偏光塗料みたいな質感はちゃんとShader作らないと無理だろうな。
CGから3Dプリント (クリミア・エンゲルス)
近年流行りの3Dプリントサービスを利用して、ZBrushでモデリングした怪人っぽいキャラクターを3Dプリントしてみた。このページは3D出力物を模型として仕上げるまでの記録。DMM.Makeの3Dプリントサービスを利用し、この3パーツの出力費...


Unityはデフォルトだと処理負荷軽減のため、カメラからの距離に応じて影の描画を省略しちゃうのね。QualitySettingsShadow Distanceで設定されている距離より遠くは影が描画されないらしい。
https://docs.unity3d.com/ja/520/Manual/class-QualitySettings.html

Post-processing StackでScreen Space Ambient Occlusionもかかる。


スポンサーリンク


Specularのある質感は、自由視点でこそ効果を発揮するので、ぜひ動画にしたいところ。
MayaでもZBrushでも、作業画面上だとどれぐらい影が落ちるのかよくわからなくて、オイラはいつもモデリング作業の終わりが見えなくなりがち。気分転換も兼ねてモデルをちゃんとレンダリングしてみるのも大事な気がする。


スポンサーリンク

Physically Based Rendering

UnrealEngineに後れを取ったけど、Unityもバージョン5からPBR(Physically Based Rendering)に則ったShaderを用意するようになったので質感設定がとても直感的。

Unity公式ブログの2年前の記事にStandard Shaderのパラメータチャートが掲載されている。
https://blogs.unity3d.com/jp/2015/02/18/working-with-physically-based-shading-a-practical-approach/





そしてShaderパラメータのキャリブレーション用Assetが配布されている。
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/25422

Unityエヴァンジェリストの小林信行氏がAllegorithmic社の教材「THE COMPREHENSIVE PBR GUIDE」の翻訳版を公開している。





https://learnopengl.com/#!PBR/Theory

UnityのGI系の機能の使い方はまだあんまりよく知らない。。。

Post Processing Stack

以前はImageEffectsとしてバラバラだったポスト処理が1つのパイプラインにまとまったAssetが配布されている。
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/83912

で、さらにこのPost Processing Stackのパラメータを動的に制御するScriptをUnityエヴァンジェリスト高橋啓治郎氏が公開している。
https://github.com/keijiro/PostProcessingUtilities

リアルタイムレンダリングを想定すると、リトポロジーとかノーマルマップ焼き付けとかが割と重要になってくるな。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
顔のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
素敵なパーティクル
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
HD画質の無駄遣い
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
Unite 2014の動画
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
「立場が人を作る」って言ったりするよね
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
MeshroomでPhotogrammetry
3D復元技術の情報リンク集
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
3DCGのモデルを立体化するサービス
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Open Shading Language (OSL)
参考書
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
ゴジラの造形
布地のシワの法則性
TVML (TV program Making language)
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushの作業環境を見直す
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き

コメント