ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる

ZBrushのバージョン2021.6から、マスキング操作でMeshを生成できるMesh from Maskという機能が追加された。
現時点では5種類ブラシが搭載されている。
https://mononoco.com/creative-design/zbrush/mesh-from-mask

その内の1つ、Mesh Balloonブラシを使って概形を作ってみよう。



オイラは最初の概形を作る操作が下手で、作り込みに進むまでに時間がかかってしまうのです。
去年から作り始めてまだ途中のアヴァン・ガメラも、最初の形出しに結構時間がかかっていた↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...



スポンサーリンク


とりあえず最新版の2021.6.6にアップデートした。
模刻はアヴァン・ガメラでやっているので、今回は大雑把な作業がしたい。

世間の流行からやや周回遅れだけど、オリジナルのアマビエを作ってみよう。ある程度方向性は掴みやすいし、自由に想像を膨らませられるモチーフだと思う。
鳥のようなクチバシ、ひし形の目、三本の脚、海から現れる、程度の情報から想像を膨らませて途中まで作ってみた↓



目のようなくぼみはウルトラマンに登場するザラブ星人の目を参考にした。
脚は2本を翼のようにして、1本は尻尾のように処理しようかと。なんだか、水中モードモスラや、イリスっぽい雰囲気に。昆虫っぽい外骨格感。

作業の履歴を2分間の動画にしてみた↓



DynaMeshの解像度はまだ64のまま作業している。



2本の脚の付け根がちょっと前過ぎるかな。脚の付け根を後ろへずらすと、胴体が間延びしちゃう気もする。



正面からのシルエットが何となく戦闘機っぽくなるようにしたいかも。



頭と胴体が別れ過ぎているから、首にもっとエラっぽい形状を追加してみよう。髪の毛はCurve Tubeブラシを使って見ようかな。

制作記事まとめページ↓
アマビエ
まだ作り途中…気まぐれで作り始めたオリジナルのアマビエを作り始めた。ZBrushでの作業に入る前になんとなく目指すイメージを2Dで描いてみて、それを指針に始めて3D上で自分が気持ち良いと感じる形を探っている。抽象的な雰囲気を残して...


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
なんかすごいサイト
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
TVML (TV program Making language)
ラクガキの立体化 モールドの追加
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
BlenderのRigifyでリギング
Paul Debevec
Unityで360度ステレオVR動画を作る
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Vancouver Film Schoolのデモリール
MFnMeshクラスのsplit関数
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
プログラムによる景観の自動生成
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
デザインのリファイン再び
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Maya API Reference
OpenMayaのPhongShaderクラス
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
3Dグラフィックスの入門書
アニゴジ関連情報
CreativeCOW.net
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3D復元技術の情報リンク集
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrush 4R8 リリース!
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Maya 2015から標準搭載されたMILA
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Unityの薄い本
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール

コメント