書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

怪獣絵師 開田裕治さんによるHowTo本が発売されたので購入。

開田裕治 怪獣イラストテクニック (玄光社MOOK)

この手の技法書が出るとすぐに飛びついてしまう。


スポンサーリンク


開田裕治さんの制作過程は、以前にも単発で特集されたことがあった。

創作人VOL.2 (玄光社MOOK illustration別冊)

やたらと技法書を購入してしまう割に、あんまり自分の手を動かしていない…
読んだからには、真似してアウトプットしなければ上達しないというのはわかっているけど、ちょっと真似しようと思ったら、そもそも怪獣の線画を描くハードルが異常に高いことに気づいた。書籍ではラフ画と言いながら超絶クオリティの線画がさらっと登場する。。。


スポンサーリンク

関連記事

小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
Unreal Engineの薄い本
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
なんかすごいサイト
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
SIGGRAPH Asia
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
フルCGのウルトラマン!?
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
マジョーラ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
自分を育てる技術
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ラクガキの立体化
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
プログラムによる景観の自動生成
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
線画を遠近法で描く
海外ドラマのChromaKey
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
ZBrushでカスタムUIを設定する
Mayaのシェーディングノードの区分
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ゴジラ(2014)のメイキング
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Unityをレンダラとして活用する
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

コメント