書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

怪獣絵師 開田裕治さんによるHowTo本が発売されたので購入。

開田裕治 怪獣イラストテクニック (玄光社MOOK)

この手の技法書が出るとすぐに飛びついてしまう。


スポンサーリンク


開田裕治さんの制作過程は、以前にも単発で特集されたことがあった。

創作人VOL.2 (玄光社MOOK illustration別冊)

やたらと技法書を購入してしまう割に、あんまり自分の手を動かしていない…
読んだからには、真似してアウトプットしなければ上達しないというのはわかっているけど、ちょっと真似しようと思ったら、そもそも怪獣の線画を描くハードルが異常に高いことに気づいた。書籍ではラフ画と言いながら超絶クオリティの線画がさらっと登場する。。。


スポンサーリンク

関連記事

Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Blender 2.8がついに正式リリース!
UnityでPoint Cloudを表示する方法
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
clearcoat Shader
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
2012のメイキングまとめ(途中)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
読書は趣味か?
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
海外ドラマのChromaKey
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
書籍『ROSプログラミング』
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
ZBrushのお勉強
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
3Dグラフィックスの入門書
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
デザインのリファイン再び

コメント