書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

怪獣絵師 開田裕治さんによるHowTo本が発売されたので購入。

開田裕治 怪獣イラストテクニック (玄光社MOOK)

この手の技法書が出るとすぐに飛びついてしまう。


スポンサーリンク


開田裕治さんの制作過程は、以前にも単発で特集されたことがあった。

創作人VOL.2 (玄光社MOOK illustration別冊)

やたらと技法書を購入してしまう割に、あんまり自分の手を動かしていない…
読んだからには、真似してアウトプットしなければ上達しないというのはわかっているけど、ちょっと真似しようと思ったら、そもそも怪獣の線画を描くハードルが異常に高いことに気づいた。書籍ではラフ画と言いながら超絶クオリティの線画がさらっと登場する。。。


スポンサーリンク

関連記事

BlenderのRigifyでリギング
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
マイケル・ベイの動画の感覚
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrushの作業環境を見直す
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Adobe Photoshop CS5の新機能
iPhone欲しいなぁ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
エニアグラム
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
キャリアの振り返り
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
この本読むよ
ゴジラ三昧
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
まだまだ続く空想科学読本
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する

コメント