書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

怪獣絵師 開田裕治さんによるHowTo本が発売されたので購入。

開田裕治 怪獣イラストテクニック (玄光社MOOK)

この手の技法書が出るとすぐに飛びついてしまう。


スポンサーリンク


開田裕治さんの制作過程は、以前にも単発で特集されたことがあった。

創作人VOL.2 (玄光社MOOK illustration別冊)

やたらと技法書を購入してしまう割に、あんまり自分の手を動かしていない…
読んだからには、真似してアウトプットしなければ上達しないというのはわかっているけど、ちょっと真似しようと思ったら、そもそも怪獣の線画を描くハードルが異常に高いことに気づいた。書籍ではラフ画と言いながら超絶クオリティの線画がさらっと登場する。。。


スポンサーリンク

関連記事

中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
紅葉 その4
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
布地のシワの法則性
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
日本でMakersは普及するだろうか?
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3DCGのモデルを立体化するサービス
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
顔モデリングのチュートリアル
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
注文してた本が届いた
この本読むよ
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Stanford Bunny
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
2018年に購入したiPad Proのその後
フルCGのウルトラマン!?
CreativeCOW.net
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
SIGGRAPH Asia
ZScript
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

コメント