書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』

怪獣絵師 開田裕治さんによるHowTo本が発売されたので購入。

開田裕治 怪獣イラストテクニック (玄光社MOOK)

この手の技法書が出るとすぐに飛びついてしまう。


スポンサーリンク


開田裕治さんの制作過程は、以前にも単発で特集されたことがあった。

創作人VOL.2 (玄光社MOOK illustration別冊)

やたらと技法書を購入してしまう割に、あんまり自分の手を動かしていない…
読んだからには、真似してアウトプットしなければ上達しないというのはわかっているけど、ちょっと真似しようと思ったら、そもそも怪獣の線画を描くハードルが異常に高いことに気づいた。書籍ではラフ画と言いながら超絶クオリティの線画がさらっと登場する。。。


スポンサーリンク

関連記事

布地のシワの法則性
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
CreativeCOW.net
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ZBrush 4R7
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
UnityのGlobal Illumination
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
書籍『グラビアアイドルの仕事論』読了
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
Maya API Reference
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushトレーニング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ラクガキの立体化 進捗
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
Unityをレンダラとして活用する
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ラクガキの立体化
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
ラクガキの立体化 モールドの追加
TVML (TV program Making language)
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
CEDEC 3日目
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでカスタムUIを設定する
紅葉 その3
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
参考になりそうなサイト

コメント