世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

ted2を観てきた。

映画『テッド2』日本版本予告

予告編に出てくる、車とトレーラーが激突して爆発炎上するシーンは無かったぞ…


スポンサーリンク


オイラは前作も映画館で観た。その頃はどっちかというとフルCGのテディベアに興味があって観に行ったんだけど。もうこの手のCGキャラクターが俳優と自然に掛け合いするようなシーンも割と当たり前な時代になっちゃったね。

『テッド』の舞台裏

前作で確立したファンタジーな「生きたクマのぬいぐるみ」の存在がどんどん黒いネタに突っ込んでいく作風は、今作でさらにエスカレートしている。というか、笑いの取り方が下ネタと差別ネタにさらに寄ってきている印象。物語の主軸に「テッドに人権はあるのか?」っていうネタを持ってきているけど、あくまでブラックな笑いのネタとしてファンタジーと最も縁遠い要素を題材にしている感じ。
オイラにはわからないパロディネタがいくつかあったので、もうちょっと映画通な方が楽しめたのだろうか。

そして、ted2上映前に「映画史上最も紳士なクマ」というキャッチコピーと共に実写版パディントンの予告編が流れた。


スポンサーリンク
映画『パディントン』特報

パディントンは、イギリスに住んでいた頃に人形アニメが放送されていて、とても不気味に感じたのを覚えている。

https://www.youtube.com/watch?v=hdVPymvBCm8

フィルム撮影だったからなのか、やたらと陰影がキツめだったのと、陰影による情報量の多さに比べて動きの情報量が極端に少ないギャップが違和感の元だったような気がする。柔らかい素材感のはずが、動きが異常に硬い感じの不気味さ。昔はクレイアニメなどのストップモーションアニメーション全般にこの手の不気味さを感じていた。

そういうことを考えると、テッドの柔らかい質感と動きの柔らかさに、技術の進歩と演出の巧さを感じる。ちゃんと「生きたぬいぐるみ」として当たり前のように成立してるって、すごいことだよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
映画『オデッセイ』を観てきた
Subsurface scatteringの動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
映画『破裏拳ポリマー』を観た
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
なんかすごいサイト
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
色んな三面図があるサイト
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
Paul Debevec
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』を観てきた
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
OpenMayaRender
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
立体視を試してみた
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
デザインのリファイン再び
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Raytracing Wiki
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画

コメント