世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

ted2を観てきた。

映画『テッド2』日本版本予告

予告編に出てくる、車とトレーラーが激突して爆発炎上するシーンは無かったぞ…


スポンサーリンク


オイラは前作も映画館で観た。その頃はどっちかというとフルCGのテディベアに興味があって観に行ったんだけど。もうこの手のCGキャラクターが俳優と自然に掛け合いするようなシーンも割と当たり前な時代になっちゃったね。

『テッド』の舞台裏

前作で確立したファンタジーな「生きたクマのぬいぐるみ」の存在がどんどん黒いネタに突っ込んでいく作風は、今作でさらにエスカレートしている。というか、笑いの取り方が下ネタと差別ネタにさらに寄ってきている印象。物語の主軸に「テッドに人権はあるのか?」っていうネタを持ってきているけど、あくまでブラックな笑いのネタとしてファンタジーと最も縁遠い要素を題材にしている感じ。
オイラにはわからないパロディネタがいくつかあったので、もうちょっと映画通な方が楽しめたのだろうか。

そして、ted2上映前に「映画史上最も紳士なクマ」というキャッチコピーと共に実写版パディントンの予告編が流れた。


スポンサーリンク
映画『パディントン』特報

パディントンは、イギリスに住んでいた頃に人形アニメが放送されていて、とても不気味に感じたのを覚えている。

https://www.youtube.com/watch?v=hdVPymvBCm8

フィルム撮影だったからなのか、やたらと陰影がキツめだったのと、陰影による情報量の多さに比べて動きの情報量が極端に少ないギャップが違和感の元だったような気がする。柔らかい素材感のはずが、動きが異常に硬い感じの不気味さ。昔はクレイアニメなどのストップモーションアニメーション全般にこの手の不気味さを感じていた。

そういうことを考えると、テッドの柔らかい質感と動きの柔らかさに、技術の進歩と演出の巧さを感じる。ちゃんと「生きたぬいぐるみ」として当たり前のように成立してるって、すごいことだよなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 目標設定
Unityの薄い本
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ゴジラ三昧
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
トランスフォーマー/リベンジ
HD画質の無駄遣い その2
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
Subsurface scatteringの動画
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
テスト
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
2012のメイキングまとめ(途中)
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
デザインのリファイン再び
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Pix2Pix:CGANによる画像変換
2017年 観に行った映画振り返り
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Ambient Occlusionを解析的に求める
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
TOHOシネマズ新宿
海外ドラマのChromaKey
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
平成ガメラ
ゴジラの日
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』を観た
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
黒歴史
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示

コメント