Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ

ポリゴンMeshや点群などの3Dデータを扱うビューア、インターフェイスを提供するライブラリ。VTKなんかよりもずっと手軽に導入できそう。MITライセンス。

Polyscope



Polyscopeは、Meshや点群などの3Dデータ用のC++/Pythonビューア・ユーザーインターフェイスです。Polyscopeを使えば、プログラムや動的なGUIを通じてデータを登録でき、即座に情報を美しく可視化できます。Polyscopeは軽量になるよう設計されており、プログラム全体の「所有権を奪う」ことはなく、既存のコードベースや一般的なライブラリと簡単に統合できます。Polyscopeが目指すのは、たった1行のコードを通じてデータへの便利なビジュアルインターフェイスの提供することです。

Polyscopeではstructurequantityのパラダイムを採用しています。structureとは、サーフェスMeshや点群など、シーン内の幾何学的オブジェクトのことです。quantityとは、スカラー関数やベクトル場など、structureに関連付けられたデータのことです。

任意の構造や数量を登録すると、Polyscopeはそれらをインタラクティブな3Dシーンに表示し、可視性の切り替え、データのカラーマッピングとマップの調整、シーン内をクリックして数値を照会する「ピッキング」等、定型的問題を処理できます。

ソースコードはGitHubで配布されている↓
https://github.com/nmwsharp/polyscope


スポンサーリンク


コード例を見ると、3Dデータの可視化GUIをかなりお手軽に実現できるようです↓


スポンサーリンク

Polyscopeでデータを可視化する簡単なワークフローは以下のようになります:

C++:

#include "polyscope/polyscope.h"
#include "polyscope/surface_mesh.h"

// Initialize polyscope
polyscope::init();

// Register a point cloud
// `points` is a Nx3 array-like container of points
polyscope::registerPointCloud("my points", points)

// Register a surface mesh structure
// `meshVerts` is a Vx3 array-like container of vertex positions
// `meshFaces` is a Fx3 array-like container of face indices  
polyscope::registerSurfaceMesh("my mesh", meshVerts, meshFaces);

// Add a scalar and a vector function defined on the mesh
// `scalarQuantity` is a length V array-like container of values
// `vectorQuantity` is an Fx3 array-like container of vectors per face
polyscope::getSurfaceMesh("my mesh")->addVertexScalarQuantity("my_scalar", scalarQuantity);
polyscope::getSurfaceMesh("my mesh")->addFaceVectorQuantity("my_vector", vectorQuantity);

// View the point cloud and mesh we just registered in the 3D UI
polyscope::show();

Python:

import polyscope as ps

# Initialize polyscope
ps.init()

### Register a point cloud
# `my_points` is a Nx3 numpy array
ps.register_point_cloud("my points", my_points)

### Register a mesh
# `verts` is a Nx3 numpy array of vertex positions
# `faces` is a Fx3 array of indices, or a nested list
ps.register_surface_mesh("my mesh", verts, faces, smooth_shade=True)

# Add a scalar function and a vector function defined on the mesh
# vertex_scalar is a length V numpy array of values
# face_vectors is an Fx3 array of vectors per face
ps.get_surface_mesh("my mesh").add_scalar_quantity("my_scalar", 
        vertex_scalar, defined_on='vertices', cmap='blues')
ps.get_surface_mesh("my mesh").add_vector_quantity("my_vector", 
        face_vectors, defined_on='faces', color=(0.2, 0.5, 0.5))

# View the point cloud and mesh we just registered in the 3D UI
ps.show()

Polyscopeは、楽に利用できるよう設計されています。ビルドは簡単で、10行未満のコードで視覚化できます。
C++ではいくつかのテンプレートマジックにより、既に使用しているデータ型をPolyscopeで受け入れることができるでしょう!


スポンサーリンク

関連記事

C++始めようと思うんだ
Vancouver Film Schoolのデモリール
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
機械学習手法『Random Forest』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
注文してた本が届いた
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
html5のcanvasの可能性
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
WordPressのテーマを自作する
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
スクレイピング
Blenderでよく使うaddon
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ガメラ生誕50周年
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
立体視を試してみた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
このブログのデザインに飽きてきた
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
続・ディープラーニングの資料
ZBrushで人型クリーチャー
UnityのAR FoundationでARKit 3
参考書
ラクガキの立体化 モールドの追加
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...

コメント