Mean Stack開発の最初の一歩

前回記事

https://blog.negativemind.com/2015/03/23/mean-stack-on-heroku/

前回からイマイチ取っ掛かりが良くわからなくて色々調べてたら、必要な実装環境から一歩ずつ解説しているページを見つけた。

Node.js、Express、AngularJS、および MongoDB を使用してリアルタイム・アンケート・アプリケーションを作成する

私は最近、大人数の学生を相手に HTML5 についての講義をするなかで、その場で学生にアンケートをとって、その結果をリアルタイムで更新される形で表示したいと考え、そのためのアンケート・アプリを短時間で作成することにしました。このアプリは、アーキテクチャーを単純なものにして、使用するプログラミング言語やフレームワークも多くならないようにしたかったので、すべてを JavaScript で作成することに決めました。つまり、サーバー・サイドには Node.js と Express を、データベースには MongoDB を、そしてフロントエンドのユーザー・インターフェースには AngularJS を使用することにしました。


スポンサーリンク
Build a real-time polls application with Node.js, Express, AngularJS, and MongoDB


スポンサーリンク


ここ数年、仕事ではサーバサイド開発にノータッチで、基本的な理屈も含めて知りたかったのでNode.jsについての入門書を買ってしまった。オイラの知識はJava、サーブレット、JSPで止まっているのである。。。
こういうライブラリは、全体像を上手くまとめた書籍と、ネット上のサンプルコードを真似しながら使ってみるのが学びやすいというのがオイラの経験則。

現場で通用する力を身につける Node.jsの教科書


スポンサーリンク

関連記事

html5のcanvasの可能性
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
続・ディープラーニングの資料
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ディープラーニング
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
3Dグラフィックスの入門書
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
HerokuでMEAN stack
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Amazon Web ServicesでWordPress
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
3DCG Meetup #4に行ってきた
adskShaderSDK
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行

コメント