OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする

世間ではiPhone7が発売されていますが、オイラは引き続きiPhone6sを使います(笑)

1年前にiPhone6Sへ機種変更してからiPhone6sのカメラで結構たくさん写真や動画を撮ったので、画像・動画がだいぶ溜まった。
それらの画像・動画のレンズの歪みを補正したいんだけど、良い方法が他に思いつかないので、OpenCVでやってみることにする。(最新のPhotoshopとかだとできたりするんだろうか)

例のごとく、OpenCV 3.1に同梱のサンプルコードでできてしまう。

opencv/samples/cpp/calibration.cpp

OpenCVに実装されているのはZhangのキャリブレーション手法(A Flexible New Technique for Camera Calibration)
Zhangのキャリブレーション手法では、既知の幾何形状として平面のチェッカーパターンを3枚以上撮影する必要がある。(OpenCV3.1公式のサンプルの方にはチェッカーパターンだけでなく、円形のパターンを使用した例も入っている)

こちらの書籍にもっとシンプルなサンプルが載っている。↓

OpenCV 3 プログラミングブック

どうでも良いですが、書籍97ページの出典論文の記載箇所、何故か論文タイトルの”Fl”が抜けて”exible”という謎の単語になってますね。


スポンサーリンク


で、まあ、iPhoneでチェッカーパターンを撮ってやってみることにした。チェッカーパターンはOpenCVで生成しても良いし、ネットで拾っても良い。オイラはここにある10×7のチェッカーパターンを使わせてもらった。
印刷したチェッカーパターンをとりあえず4K(3840×2160)解像度の動画で色んな角度から撮影した。ところで、気になっているのが、iPhoneだと静止画と動画で撮影画角が変わること。何で動画撮影時は狭くなるんだろうな。

cv::calibrateCamera関数を使ってカメラの内部パラメータと歪み係数を求めた。
その結果を使って動画の歪みを補正してやる。
http://qiita.com/tunepolo/items/76058121238be386bb21

また例の動画で試してみた。


スポンサーリンク
OpenCVでレンズの歪み補正

って、これキャリブレーション失敗なのか?しかもファイル書き出しミスって動画の尺が半分になった。。。


スポンサーリンク

関連記事

PCA (主成分分析)
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Blender 2.8がついに正式リリース!
なんかすごいサイト
HD画質の無駄遣い その2
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
WebGL開発に関する情報が充実してきている
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
自前のShaderがおかしい件
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
自前Shaderの件 解決しました
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
サンプルコードにも間違いはある?
WordPressの表示を高速化する
Pix2Pix:CGANによる画像変換
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Mayaのレンダリング アトリビュート
マルコフ連鎖モンテカルロ法
UnityでLight Shaftを表現する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
WordPress on Windows Azure
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Mayaのプラグイン開発
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
OANDAのfxTrade API
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Maya API Reference

コメント