OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする

世間ではiPhone7が発売されていますが、オイラは引き続きiPhone6sを使います(笑)

1年前にiPhone6Sへ機種変更してからiPhone6sのカメラで結構たくさん写真や動画を撮ったので、画像・動画がだいぶ溜まった。
それらの画像・動画のレンズの歪みを補正したいんだけど、良い方法が他に思いつかないので、OpenCVでやってみることにする。(最新のPhotoshopとかだとできたりするんだろうか)

例のごとく、OpenCV 3.1に同梱のサンプルコードでできてしまう。

opencv/samples/cpp/calibration.cpp

OpenCVに実装されているのはZhangのキャリブレーション手法(A Flexible New Technique for Camera Calibration)
Zhangのキャリブレーション手法では、既知の幾何形状として平面のチェッカーパターンを3枚以上撮影する必要がある。(OpenCV3.1公式のサンプルの方にはチェッカーパターンだけでなく、円形のパターンを使用した例も入っている)

こちらの書籍にもっとシンプルなサンプルが載っている。↓

OpenCV 3 プログラミングブック

どうでも良いですが、書籍97ページの出典論文の記載箇所、何故か論文タイトルの”Fl”が抜けて”exible”という謎の単語になってますね。


スポンサーリンク


で、まあ、iPhoneでチェッカーパターンを撮ってやってみることにした。チェッカーパターンはOpenCVで生成しても良いし、ネットで拾っても良い。オイラはここにある10×7のチェッカーパターンを使わせてもらった。
印刷したチェッカーパターンをとりあえず4K(3840×2160)解像度の動画で色んな角度から撮影した。ところで、気になっているのが、iPhoneだと静止画と動画で撮影画角が変わること。何で動画撮影時は狭くなるんだろうな。

cv::calibrateCamera関数を使ってカメラの内部パラメータと歪み係数を求めた。
その結果を使って動画の歪みを補正してやる。
http://qiita.com/tunepolo/items/76058121238be386bb21

また例の動画で試してみた。



って、これキャリブレーション失敗なのか?しかもファイル書き出しミスって動画の尺が半分になった。。。


スポンサーリンク

関連記事

SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Unityの薄い本
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ブログの復旧が難航してた話
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
統計的な顔モデル
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
PythonでBlenderのAdd-on開発
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Pix2Pix:CGANによる画像変換
pythonもかじってみようかと
動的なメモリの扱い
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ブログのデザイン変えました
Blender 2.8がついに正式リリース!
タマムシっぽい質感
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...

コメント