Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

前回はブラウザからPython経由でGPIOに接続したLEDを操作してみたけど、今度は逆にGPIOに接続したセンサーから受け取ったセンシング情報をトリガーにして、Webサイトの情報を変化させてみたい。
1番簡単なイメージだと、センサーが反応した回数の累計を時系列に沿ってグラフ表示するとか。Webサイトのアクセス解析みたいなことをリアルの場でやってみたいのだ。

で、参考にするのはこの記事。↓
https://qiita.com/inaBowBow/items/dca01622d086f113db00
センシングのPythonスクリプトが常時実行されていて、センサーが感知するとサーバに情報を送信する例。この記事だと、別のサーバに送信しているけど、とりあえずRaspberry Pi上に受信サーバも立てて、送信先を自身のローカルホストにしてやってみれば実験できそう。
Webサーバへの表示リクエスト負荷が大きそうなら表示サーバとセンシングサーバを物理的に別デバイス化することを検討すれば良いかな。


スポンサーリンク


設置して常時稼働させるのにLANケーブルと別途電源供給用のUSBケーブルを挿すのはあんまりスマートじゃないな、と思って調べてみたら、LANケーブルから電源を供給するPoE(Power over Ethernet)っていうのがあるじゃないか。どうやらRaspberry Pi2に対応したPoE基板も販売されている。スイッチサイエンスさんすごい。
https://www.switch-science.com/catalog/1918/
Raspberry Pi用PoE基板

IntelのEdisonもPoEに対応するためのオプションユニットがあるらしいし、IoT向けのマイコンって結構PoEは意識しているみたい。まあ、当然か。
IoTって本当はワイヤレスとかで、無意識に通信してくれてるぐらいがうれしんだけど、そのうちそういう技術も出てくるのかな。無線で電源供給と通信をしてしまうとか。


スポンサーリンク

関連記事

2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ブログが1日ダウンしてました
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Unityからkonashiをコントロールする
UnityのTransformクラスについて調べてみた
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ROSの薄い本
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
プログラムによる景観の自動生成
手を動かしながら学ぶデータマイニング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
光学式マウスのセンサーを応用すると…
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
UnityでPoint Cloudを表示する方法
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
定数
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
続・ディープラーニングの資料
HD画質の無駄遣い
機械学習で遊ぶ
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Google Chromecast
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
ミニ四駆で電子工作
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
OpenCV バージョン4がリリースされた!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Konashiを買った
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
3D復元技術の情報リンク集
プログラミングスキルとは何か?
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
html5のcanvasの可能性

コメント