Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

前回はブラウザからPython経由でGPIOに接続したLEDを操作してみたけど、今度は逆にGPIOに接続したセンサーから受け取ったセンシング情報をトリガーにして、Webサイトの情報を変化させてみたい。
1番簡単なイメージだと、センサーが反応した回数の累計を時系列に沿ってグラフ表示するとか。Webサイトのアクセス解析みたいなことをリアルの場でやってみたいのだ。

で、参考にするのはこの記事。↓
https://qiita.com/inaBowBow/items/dca01622d086f113db00
センシングのPythonスクリプトが常時実行されていて、センサーが感知するとサーバに情報を送信する例。この記事だと、別のサーバに送信しているけど、とりあえずRaspberry Pi上に受信サーバも立てて、送信先を自身のローカルホストにしてやってみれば実験できそう。
Webサーバへの表示リクエスト負荷が大きそうなら表示サーバとセンシングサーバを物理的に別デバイス化することを検討すれば良いかな。


スポンサーリンク


設置して常時稼働させるのにLANケーブルと別途電源供給用のUSBケーブルを挿すのはあんまりスマートじゃないな、と思って調べてみたら、LANケーブルから電源を供給するPoE(Power over Ethernet)っていうのがあるじゃないか。どうやらRaspberry Pi2に対応したPoE基板も販売されている。スイッチサイエンスさんすごい。
https://www.switch-science.com/catalog/1918/
Raspberry Pi用PoE基板

IntelのEdisonもPoEに対応するためのオプションユニットがあるらしいし、IoT向けのマイコンって結構PoEは意識しているみたい。まあ、当然か。
IoTって本当はワイヤレスとかで、無意識に通信してくれてるぐらいがうれしんだけど、そのうちそういう技術も出てくるのかな。無線で電源供給と通信をしてしまうとか。


スポンサーリンク

関連記事

クラスの基本
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Model View Controller
今年もSSII
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Quartus II
サンプルコードにも間違いはある?
タイミングとクオリティ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
WinSCP
OANDAのfxTrade API
ROMOハッカソンに行ってきた
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
3D復元技術の情報リンク集
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
プログラミングスキルについて考える
UnityのuGUIチュートリアル
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
3DCG Meetup #4に行ってきた
WordPress on Windows Azure
ミニ四駆で電子工作
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
マルコフ連鎖モンテカルロ法
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
HerokuでMEAN stack
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ブログが1日ダウンしてました

コメント