Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

前回はブラウザからPython経由でGPIOに接続したLEDを操作してみたけど、今度は逆にGPIOに接続したセンサーから受け取ったセンシング情報をトリガーにして、Webサイトの情報を変化させてみたい。
1番簡単なイメージだと、センサーが反応した回数の累計を時系列に沿ってグラフ表示するとか。Webサイトのアクセス解析みたいなことをリアルの場でやってみたいのだ。

で、参考にするのはこの記事。↓
https://qiita.com/inaBowBow/items/dca01622d086f113db00
センシングのPythonスクリプトが常時実行されていて、センサーが感知するとサーバに情報を送信する例。この記事だと、別のサーバに送信しているけど、とりあえずRaspberry Pi上に受信サーバも立てて、送信先を自身のローカルホストにしてやってみれば実験できそう。
Webサーバへの表示リクエスト負荷が大きそうなら表示サーバとセンシングサーバを物理的に別デバイス化することを検討すれば良いかな。


スポンサーリンク


設置して常時稼働させるのにLANケーブルと別途電源供給用のUSBケーブルを挿すのはあんまりスマートじゃないな、と思って調べてみたら、LANケーブルから電源を供給するPoE(Power over Ethernet)っていうのがあるじゃないか。どうやらRaspberry Pi2に対応したPoE基板も販売されている。スイッチサイエンスさんすごい。
https://www.switch-science.com/catalog/1918/
Raspberry Pi用PoE基板

IntelのEdisonもPoEに対応するためのオプションユニットがあるらしいし、IoT向けのマイコンって結構PoEは意識しているみたい。まあ、当然か。
IoTって本当はワイヤレスとかで、無意識に通信してくれてるぐらいがうれしんだけど、そのうちそういう技術も出てくるのかな。無線で電源供給と通信をしてしまうとか。


スポンサーリンク

関連記事

UnityでOpenCVを使うには?
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
定数
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Raspberry Pi 2を買いました
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
3DCG Meetup #4に行ってきた
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
リニアアクチュエータ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
3D復元技術の情報リンク集
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
機械学習手法『Random Forest』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
ROMOハッカソンに行ってきた
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Mayaのプラグイン開発
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
C++始めようと思うんだ
Unityからkonashiをコントロールする
C++の抽象クラス
WordPressのテーマを自作する
タイミングとクオリティ
OpenCVで動画の手ぶれ補正
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
ROSでガンダムを動かす
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Quartus II
Verilog HDL
マルコフ連鎖モンテカルロ法
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した

コメント