OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク




説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
UnityでOpenCVを使うには?
オーバーロードとオーバーライド
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
SVM (Support Vector Machine)
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
スクレイピング
プログラミングスキルとは何か?
マルコフ連鎖モンテカルロ法
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unityで学ぶC#
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
海外ドラマのChromaKey
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ManimML:機械学習の概念を視覚的に説明するためのライブラリ
今年もSSII
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
MFnMeshクラスのsplit関数
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
プログラムによる景観の自動生成
Mayaのレンダリング アトリビュート
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する

コメント