OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク




説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
CLO:服飾デザインツール
タマムシっぽい質感
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Raspberry Pi
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
インターフェイスは世界を規定する
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
Netron:機械学習モデルを可視化するツール
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ドットインストールのWordPress入門レッスン
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
MeshroomでPhotogrammetry
Oculus Quest 2を購入!
HerokuでMEAN stack
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenMayaのPhongShaderクラス
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
クラスの基本
プログラミングスキルとは何か?
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
定数
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
機械学習について最近知った情報
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された

コメント