OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
海外ドラマのChromaKey
機械学習手法『Random Forest』
Unreal Engineの薄い本
プログラミングスキルとは何か?
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
clearcoat Shader
Raspberry PiでIoTごっこ
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Raspberry Pi
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
服飾デザインツール『CLO』
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
サンプルコードにも間違いはある?
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Mean Stack開発の最初の一歩
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
pythonもかじってみようかと
Mayaのプラグイン開発
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ROMOハッカソンに行ってきた
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
ニューラルネットワークで画像分類
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』

コメント