OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
MFnMeshクラスのsplit関数
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
HD画質の無駄遣い その2
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
立体視を試してみた
Google App EngineでWordPress
Photogrammetry (写真測量法)
WinSCP
UnityのuGUIチュートリアル
ミニ四駆で電子工作
ROMOハッカソンに行ってきた
ポイントクラウドコンソーシアム
HerokuでMEAN stack
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenGVのライブラリ構成
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Model View Controller
Iterator
Raspberry Pi
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
3D復元技術の情報リンク集
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Unite 2014の動画
ブログが1日ダウンしてました
Mayaのシェーディングノードの区分
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
OpenGVの用語

コメント