OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

Google Chromecast
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
clearcoat Shader
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
まだ続くブログの不調
ベイズ推定とグラフィカルモデル
コンピュータビジョンの技術マップ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Unityで学ぶC#
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Maya API Reference
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenGVのライブラリ構成
Verilog HDL
3Dグラフィックスの入門書
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
UnityのuGUIチュートリアル
ディープラーニング
ニューラルネットワークで画像分類
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Kinect for Windows v2の日本価格決定
OpenMayaのPhongShaderクラス
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』

コメント