OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク




説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
WordPressのテーマを自作する
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
まだ続くブログの不調
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
統計的な顔モデル
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
オーバーロードとオーバーライド
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
タマムシっぽい質感
MFnDataとMFnAttribute
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
html5のcanvasの可能性
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
このブログのデザインに飽きてきた
Konashiを買った
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ROSの薄い本
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
AfterEffectsプラグイン開発
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
リニアアクチュエータ
Mayaのレンダリング アトリビュート
Paul Debevec
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
WordPress on Windows Azure
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』

コメント