OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Arduinoで人感センサーを使う
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
3Dグラフィックスの入門書
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
WordPress on Windows Azure
コンピュータビジョンの技術マップ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
服飾デザインツール『CLO』
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
MeshroomでPhotogrammetry
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
C++始めようと思うんだ
ROMOハッカソンに行ってきた
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
CGのためのディープラーニング
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』

コメント