OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク




説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

UnityからROSを利用できる『ROS#』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Mayaのレンダリング アトリビュート
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Raspberry Pi 2を買いました
HD画質の無駄遣い
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Unityで学ぶC#
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
ブログのデザイン変えました
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
まだ続くブログの不調
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
タイミングとクオリティ
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
コンピュータビジョンの技術マップ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZScript
Pix2Pix:CGANによる画像変換
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
マルコフ連鎖モンテカルロ法
顔画像処理技術の過去の研究
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

コメント