OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク




説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
PCA (主成分分析)
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
WordPressの表示を高速化する
WordPress on Windows Azure
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
ニューラルネットワークと深層学習
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
タマムシっぽい質感
東京オリンピックと案内表示
リニアアクチュエータ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
CLO:服飾デザインツール
OpenMayaRender
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
オーバーロードとオーバーライド
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
clearcoat Shader
ミニ四駆で電子工作
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Open Shading Language (OSL)
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Unityで学ぶC#
Unite 2014の動画

コメント