OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

Maya API Reference
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
OpenMayaRender
CGのためのディープラーニング
動的なメモリの扱い
MeshroomでPhotogrammetry
ポイントクラウドコンソーシアム
東京オリンピックと案内表示
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Google App EngineでWordPress
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Google Chromecast
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
WordPressの表示を高速化する
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
プログラミングスキルについて考える
ニューラルネットワークと深層学習
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
3D復元技術の情報リンク集
UnityでOpenCVを使うには?
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
HD画質の無駄遣い
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
リニアアクチュエータ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
MFnMeshクラスのsplit関数

コメント