OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Blender 2.8がついに正式リリース!
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
ニューラルネットワークで画像分類
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Boost オープンソースライブラリ
MFnMeshクラスのsplit関数
Raspberry Pi
WordPressプラグインの作り方
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
CGのためのディープラーニング
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Unite 2014の動画
3Dグラフィックスの入門書
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OANDAのfxTrade API
ミニ四駆で電子工作
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
PCA (主成分分析)
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Google Chromecast
参考書
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

コメント