OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

統計的な顔モデル
ZScript
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenGVのライブラリ構成
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Unityからkonashiをコントロールする
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ミニ四駆で電子工作
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Google Chromecast
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
MFnMeshクラスのsplit関数
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Mean Stack開発の最初の一歩
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
html5のcanvasの可能性
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
自前のShaderがおかしい件
コンピュータビジョンの技術マップ
オープンソースの取引プラットフォーム
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
プログラミングスキルとは何か?
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

コメント