OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』

Twitterで知ったんだけど、OpenARっていう、マーカーARのライブラリがあるらしい。

OPENAR: OPENCV AUGMENTED REALITY PROGRAM

OpenARはマーカーベースのARをC++でシンプルに実装したものです。OpenARはOpenCVをベースとしており、OpenCVにのみ依存します。
OpenARは画像フレーム中のマーカーをデコードしますが、フレーム間のマーカーのトラッキング機能は実装していません。また、テンプレートマッチングによるマーカーのデコードも未実装です。


スポンサーリンク


スポンサーリンク
openAR: OpenCV Augmented Reality

説明にある通り、依存ライブラリはOpenCVのみで、GitHubにソースコードとドキュメントがある。OpenCVをベースにしているだけあって、OpenARのソースコードは非常にシンプルで、1000行未満のcppファイルたった1つだけで構成されている。ライセンス的にARToolKitよりも緩いから利用しやすいけど、ライブラリと言うより、OpenCVのお勉強用のサンプルコードみたいな雰囲気な気がする。

追記:ARToolKitがオープンソース化されてLGPL v3.0ライセンスになった。単純にライセンスの緩さでは比べられなくなったから、用途に合わせて選んだ方が良い。自分のコードに組み込むなら小さいライブラリの方が依存関係に苦しむことは少ないと思う。

OpenCVベースで実装されているということは、当然ARToolKitと比べると以下のような違いがあると思う。↓
http://13mzawa2.hateblo.jp/entry/2015/12/20/224640


スポンサーリンク

関連記事

オーバーロードとオーバーライド
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
海外ドラマのChromaKey
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
WordPressプラグインの作り方
顔画像処理技術の過去の研究
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
WordPressの表示を高速化する
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Amazon Web ServicesでWordPress
定数
ベイズ推定とグラフィカルモデル
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
Unreal EngineでARKit 3.0
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
CGのためのディープラーニング
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ニューラルネットワークで画像分類
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
html5のcanvasの可能性
なんかすごいサイト
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ミニ四駆で電子工作
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZScript
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenGVの用語
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

コメント