Raspberry PiでIoTごっこ

のんびりと続けているRaspberry Pi 2で人感センサー動かすやつ、IoT本来の意味とは外れるかもしれないけど、IoTごっこと呼ぶことにした。
そして大体の実装プランが固まってきたのだ。
人感センサーが反応した時刻を記録して、グラフ表示したいんだけど、センサーが反応した時刻の記録にデータベースを使うのはやや大げさ過ぎるので、もう少し簡易な方法をとることにする。

常時起動しているPythonコードがセンサー(つまりGPIOの入力値)を監視していて、センサーが反応したら、その時刻とセンサーの値をtsvファイルに書き込んでいく。
そのtsvファイルをJavaScriptで読み込んで、Webページにグラフ化して表示する。表示はWebブラウザに任せるのです。

ということで、調べることは2つ。
・Pythonで出力パスを指定してtsvファイルに書き込む方法
・JavaScriptでtsvファイルを読み込んでグラフ表示する方法


スポンサーリンク


Pythonでtsvファイルに描き込む方法は色々あるみたいだけど、今回はPandasというデータ分析用ライブラリの機能を試してみようと思う。
Pandasにあるcsvファイルを読み書きするためのread_csv関数(読み込み)とto_csv関数(書き込み)を利用して、オプションパラメータdelim_whitespaceをTrueに設定(区切り文字にタブや空白を指定)してやればtsvに対応できるらしい。

その他、numpyでもtsvの読み込み・書き込みはできるらしいので、慣れてる方を選べば良いと思う。(オイラは単純にPandasに触ってみたかったから)

JavaScriptでtsvファイルをグラフ化する方法については、D3.jsの公式サンプルで、tsvファイルを読み込んで棒グラフ表示するサンプルがあったので、これを有難く流用させていただこうと思う。↓


スポンサーリンク

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Raspberry Piで似たようなことをやろうとしている人達がたくさんいるけど、ソフトウェア側の実装方法は結構バラバラな印象。↓
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(導入編)
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(センサー編)
Raspberry Pi,fluentd,TreasureData,AWS,d3.jsを使った自宅の温度・湿度データモニタリングと可視化①


スポンサーリンク

関連記事

今年もSSII
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ROSの薄い本
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ROSでガンダムを動かす
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Unityからkonashiをコントロールする
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Unityで学ぶC#
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
服飾デザインツール『CLO』
タイミングとクオリティ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ブログの復旧が難航してた話
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Google Chromecast
UnityのAR FoundationでARKit 3
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』

コメント