Raspberry PiでIoTごっこ

のんびりと続けているRaspberry Pi 2で人感センサー動かすやつ、IoT本来の意味とは外れるかもしれないけど、IoTごっこと呼ぶことにした。
そして大体の実装プランが固まってきたのだ。
人感センサーが反応した時刻を記録して、グラフ表示したいんだけど、センサーが反応した時刻の記録にデータベースを使うのはやや大げさ過ぎるので、もう少し簡易な方法をとることにする。

常時起動しているPythonコードがセンサー(つまりGPIOの入力値)を監視していて、センサーが反応したら、その時刻とセンサーの値をtsvファイルに書き込んでいく。
そのtsvファイルをJavaScriptで読み込んで、Webページにグラフ化して表示する。表示はWebブラウザに任せるのです。

ということで、調べることは2つ。
・Pythonで出力パスを指定してtsvファイルに書き込む方法
・JavaScriptでtsvファイルを読み込んでグラフ表示する方法


スポンサーリンク


Pythonでtsvファイルに描き込む方法は色々あるみたいだけど、今回はPandasというデータ分析用ライブラリの機能を試してみようと思う。
Pandasにあるcsvファイルを読み書きするためのread_csv関数(読み込み)とto_csv関数(書き込み)を利用して、オプションパラメータdelim_whitespaceをTrueに設定(区切り文字にタブや空白を指定)してやればtsvに対応できるらしい。

その他、numpyでもtsvの読み込み・書き込みはできるらしいので、慣れてる方を選べば良いと思う。(オイラは単純にPandasに触ってみたかったから)

JavaScriptでtsvファイルをグラフ化する方法については、D3.jsの公式サンプルで、tsvファイルを読み込んで棒グラフ表示するサンプルがあったので、これを有難く流用させていただこうと思う。↓


スポンサーリンク

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Raspberry Piで似たようなことをやろうとしている人達がたくさんいるけど、ソフトウェア側の実装方法は結構バラバラな印象。↓
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(導入編)
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(センサー編)
Raspberry Pi,fluentd,TreasureData,AWS,d3.jsを使った自宅の温度・湿度データモニタリングと可視化①


スポンサーリンク

関連記事

OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
光学式マウスのセンサーを応用すると…
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
今年もSSII
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityでARKit2.0
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
UnityでPoint Cloudを表示する方法
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Google Chromecast
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Google App Engineのデプロイ失敗

コメント