Raspberry PiでIoTごっこ

のんびりと続けているRaspberry Pi 2で人感センサー動かすやつ、IoT本来の意味とは外れるかもしれないけど、IoTごっこと呼ぶことにした。
そして大体の実装プランが固まってきたのだ。
人感センサーが反応した時刻を記録して、グラフ表示したいんだけど、センサーが反応した時刻の記録にデータベースを使うのはやや大げさ過ぎるので、もう少し簡易な方法をとることにする。

常時起動しているPythonコードがセンサー(つまりGPIOの入力値)を監視していて、センサーが反応したら、その時刻とセンサーの値をtsvファイルに書き込んでいく。
そのtsvファイルをJavaScriptで読み込んで、Webページにグラフ化して表示する。表示はWebブラウザに任せるのです。

ということで、調べることは2つ。
・Pythonで出力パスを指定してtsvファイルに書き込む方法
・JavaScriptでtsvファイルを読み込んでグラフ表示する方法


スポンサーリンク


Pythonでtsvファイルに描き込む方法は色々あるみたいだけど、今回はPandasというデータ分析用ライブラリの機能を試してみようと思う。
Pandasにあるcsvファイルを読み書きするためのread_csv関数(読み込み)とto_csv関数(書き込み)を利用して、オプションパラメータdelim_whitespaceをTrueに設定(区切り文字にタブや空白を指定)してやればtsvに対応できるらしい。

その他、numpyでもtsvの読み込み・書き込みはできるらしいので、慣れてる方を選べば良いと思う。(オイラは単純にPandasに触ってみたかったから)

JavaScriptでtsvファイルをグラフ化する方法については、D3.jsの公式サンプルで、tsvファイルを読み込んで棒グラフ表示するサンプルがあったので、これを有難く流用させていただこうと思う。↓


スポンサーリンク

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Raspberry Piで似たようなことをやろうとしている人達がたくさんいるけど、ソフトウェア側の実装方法は結構バラバラな印象。↓
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(導入編)
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(センサー編)
Raspberry Pi,fluentd,TreasureData,AWS,d3.jsを使った自宅の温度・湿度データモニタリングと可視化①


スポンサーリンク

関連記事

UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
UnityのAR FoundationでARKit 3
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
Raspberry Pi 2を買いました
ディープラーニング
スクレイピング
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
SVM (Support Vector Machine)
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
Raspberry Pi
html5のcanvasの可能性
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Quartus II
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
WordPressプラグインの作り方
HerokuでMEAN stack
3Dグラフィックスの入門書
機械学習で遊ぶ
機械学習手法『Random Forest』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Iterator
Unityからkonashiをコントロールする
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Google App Engineのデプロイ失敗
Amazon Web ServicesでWordPress
ミニ四駆で電子工作
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ

コメント