Raspberry PiでIoTごっこ

のんびりと続けているRaspberry Pi 2で人感センサー動かすやつ、IoT本来の意味とは外れるかもしれないけど、IoTごっこと呼ぶことにした。
そして大体の実装プランが固まってきたのだ。
人感センサーが反応した時刻を記録して、グラフ表示したいんだけど、センサーが反応した時刻の記録にデータベースを使うのはやや大げさ過ぎるので、もう少し簡易な方法をとることにする。

常時起動しているPythonコードがセンサー(つまりGPIOの入力値)を監視していて、センサーが反応したら、その時刻とセンサーの値をtsvファイルに書き込んでいく。
そのtsvファイルをJavaScriptで読み込んで、Webページにグラフ化して表示する。表示はWebブラウザに任せるのです。

ということで、調べることは2つ。
・Pythonで出力パスを指定してtsvファイルに書き込む方法
・JavaScriptでtsvファイルを読み込んでグラフ表示する方法


スポンサーリンク


Pythonでtsvファイルに描き込む方法は色々あるみたいだけど、今回はPandasというデータ分析用ライブラリの機能を試してみようと思う。
Pandasにあるcsvファイルを読み書きするためのread_csv関数(読み込み)とto_csv関数(書き込み)を利用して、オプションパラメータdelim_whitespaceをTrueに設定(区切り文字にタブや空白を指定)してやればtsvに対応できるらしい。

その他、numpyでもtsvの読み込み・書き込みはできるらしいので、慣れてる方を選べば良いと思う。(オイラは単純にPandasに触ってみたかったから)

JavaScriptでtsvファイルをグラフ化する方法については、D3.jsの公式サンプルで、tsvファイルを読み込んで棒グラフ表示するサンプルがあったので、これを有難く流用させていただこうと思う。↓


スポンサーリンク

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Dual-scale-D3-Bar-Chart

Raspberry Piで似たようなことをやろうとしている人達がたくさんいるけど、ソフトウェア側の実装方法は結構バラバラな印象。↓
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(導入編)
Raspberry Piで取得したセンサーデータをリアルタイムに可視化する(センサー編)
Raspberry Pi,fluentd,TreasureData,AWS,d3.jsを使った自宅の温度・湿度データモニタリングと可視化①


スポンサーリンク

関連記事

読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Python2とPython3
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
adskShaderSDK
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Verilog HDL
OpenCVで動画の手ぶれ補正
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Managing Software Requirements: A Unified Approach
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Blender 2.8がついに正式リリース!
Google Chromecast
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
CLO:服飾デザインツール
機械学習で遊ぶ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
WinSCP
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
OpenGVの用語
WordPressの表示を高速化する
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Raspberry Pi 2を買いました
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

コメント