ZBrushのZScript入門

漠然とZBrushのプラグインか何かを作れるようになりたいとか思いながら、何も手をつけずに6年も経った(笑)



公式ドキュメントを読んでも、イマイチZScriptやZPluginの感覚(メンタルモデル)が掴めなかったのだ。
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/
http://docs.pixologic.com/reference-guide/zscript/

記法もわからない段階からZScriptをゼロから書こうとしてもなかなか前に進まないので、とりあえずZScriptに慣れるところから始めようか。
まずはUI操作を記録してZScriptに書き出してみよう。こちらの記事を参考に↓
http://sassembla.github.io/Public/2018:01:19%2022-12-27/2018:01:19%2022-12-27.html

GUI上での操作がScriptコマンドとして残るのはMayaのMELみたいですね。


スポンサーリンク


普段よくやる操作をZScriptで簡略化するのを最初の目標とする。
最近のアヴァンガメラ制作作業の区切りで必ずやっている作業履歴の動画書き出し(F履歴録画)設定をZScriptで自動化してみよう。
アヴァンガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


この設定値はZProjectに保存されず、毎回リセットされてしまうので地味に時間を取られていた。

ZScriptのRecord(記録開始)を押して、一連の操作を行ったらEnd Rec(記録停止)を押す↓



そして記録したZScriptをファイルに保存する。ZScriptの拡張子は普通に.txtなのね。
これが設定・録画のZScript↓


スポンサーリンク
//RECORDED ZSCRIPT 2021
[IButton,Play,"Press to play this ZScript. ZScript can be aborted at anytime by pressing the eesci key.",
[IConfig,2021]
[IPress,Movie:Doc]
[IPress,Movie:Large]
[ISet,Movie:Modifiers:Recording FPS,30]
[IPress,Movie:TimeLine:Auto]
[ISet,Movie:Overlay Image :Opacity,0]
[ISet,Movie:Title Image :FadeOut Time,0]
[ISet,Movie:Title Image :FadeIn Time,0]
[IPress,Movie:F History]
]/*End of ZScript*/

ZScriptをシンタックスハイライトするVSCode拡張があるので有難く使わせていただく↓
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=ouelletjonathan.zscript

読みやすくなった↓



.txtファイルと同じファイル名で一緒に出力される.zscファイルは何だろうと思ったら、ZBrushが.txtのZScriptを読み込むと同じフォルダにコンパイル済み(?)の.zscを書き出すのね。
Pytyonの.pyから.pycが作られるみたいな感じだな。(つまりバージョン管理外にしておいた方が良い)

あ、ZBrushのインストールフォルダの中のZPlugsフォルダ(またはZPlugs64フォルダ)に入っているのも.zscファイルだから、これらはつまりコンパイル済みのZScriptということか。そして、そのZScriptがdllを叩いているわけか。

ようやく理解した。ZPluginと呼ばれるものはZScriptの延長にあり、外部のデータやdllと連携するエントリポイントをZScriptで作るのね。
こちらのブログに書かれていることの意味が分かるようになってきたぞ↓
https://ichiyonnana.hateblo.jp/entry/2017/10/22/200228
https://ichiyonnana.hateblo.jp/entry/2017/10/23/030924

外部に処理を投げて、完了したら結果を受け取るコールバック的な実装はちょっと難しそうだな。クローズドにはSDKが存在するのかな。

公式のZScriptサンプルをちゃんと読んでみよう↓
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/sample-zscripts/

ZPlugin interfaceのサンプルに従えば、パレットを自作してボタンから任意のコマンドや外部関数を叩けそうだな。
ZScriptの記法というか、コマンドの一覧はこちらを見れば良いのか↓
http://docs.pixologic.com/user-guide/customizing-zbrush/zscripting/command-reference/

GitHubを漁ってみると個人でZPluginを開発している人もチラホラいるようなので、SDKが開示されてなくても結構拡張できるようだ。
https://github.com/fuzzzzzz/zbrush-dll-template
https://github.com/n-taka/n_ZBrushPlugins


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 モールドの追加
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Unite 2014の動画
単純に遊びに行くのはだめなのか?
参考になりそうなサイト
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
ブログのデザイン変えました
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenMayaRender
ZBrushトレーニング
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
スクレイピング
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ガメラ生誕50周年
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Amazon Web ServicesでWordPress
3DCG Meetup #4に行ってきた
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
動的なメモリの扱い
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
HerokuでMEAN stack
『ピクサー展』へ行ってきた
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
タマムシっぽい質感
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Quartus II
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...

コメント