ZBrushの作業環境を見直す

オイラは左利きなんだけど、普段PCのマウスは右手で使っている。
ただ、ペンタブレットでは左手でペンを持つので、ペンタブレットを使った諸々の操作では、自分が左利きであるということが多少ハンデかなぁと思っていた。

オイラはちょっと古い型のintuos Pro S(PTH-451)を使っている。

ワコム ペンタブレット intuos Pro Sサイズ 【旧モデル】2014年6月モデル PTH-451/K1

intuos5ぐらいから、利き手に合わせてタブレットを置く向きを変えてファンクションキーの位置を右手側に持ってこれるようにはなったけど、もともとのキーボードに割り当てられているショートカットはやはり左利きにはやりづらいのであった。

ゆうさんがTwitterにアップしていたZBrushのショートカット集

ZBrushのショートカット集(一部)


スポンサーリンク


ZBrushの作業環境については、これまでもカスタムUIを設定したりもしてたけど。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


自分が左利きであることに合わせてZBrushの作業環境を改善すべく、冬のワンフェスで知ったワコムのExpressKey Remoteを早速導入することにした。
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ワンフェス行ってきました。ワンダーフェスティバル2018今回はプロモーション動画も公開されてるぞ↓Wonder Festival は、フィギュアや模型をはじめとする国内最大級の立体造形の祭典。プロ・アマチュア問わず...


ワコム Cintiq Pro / Cintiq / Intuos Pro用ワイヤレスキーリモート Express Key Remote ACK411050

液晶タブレットを使っているわけではないので、ワコム純正のデバイスである必然は無いのですが、「そこそこのお金を使ってしまった」という痛みが大事だと思うんです。
http://101.wacom.com/UserHelp/ja/TOC/EKR-100.html

自分を甘やかすように作業のハードルをどんどん下げて、できる限り学習勾配をなだらかにしていきます(笑)
上手い方向に自分を甘やかせば、少ないストレスでスキルアップできると思うんだ。

さて、じゃあどのショートカットをExpressKey Remoteに割り当てようか。Ctl、Alt、Shiftはすでにintuos Proのファンクションキーで対応できるので、それ以外のキーで使用頻度が高いもの。
ZBrushの公式ドキュメントにショートカットのチートシートなるものもあるけど、結局分かりづらい…
http://docs.pixologic.com/user-guide/keyboard-shortcuts/

ここは有志によるまとめの方が参考になる。


スポンサーリンク

のぶほっぷ:福井信明さんがTwitterにアップしていたZBrushCoreのよく使うキー操作

ZBrushCore 最初によく使うキー操作

割り当てるショートカット

とりあえず以下10個のショートカットを割り当てることにした。

  • Open Project(プロジェクトの保存):「Ctrl」キー +「O」キー
  • Save Project(プロジェクトの保存):「Ctrl」キー +「S」キー
  • UndoCtrlキー +「Z」キー
  • RedoCtrlキー +「Shift」キー +「Z」キー
  • Show QuickMenu(クイックメニューの表示):「Space」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー
  • RGB Intensity(RGBの強度)設定:「I」キー
  • Z Intensity(Zadd / Zsubの強度)設定:「U」キー
  • Fit Mesh to view(Mesh表示を画面にフィットさせる):「F」キー

操作の頻度とかも考慮して、こんな感じの割り当てにしてみた。



一目でわかるようにラベルシールを貼っても良いな。

さて、これで作業効率は上がるのか。


スポンサーリンク

関連記事

uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
テスト
『ピクサー展』へ行ってきた
Vancouver Film Schoolのデモリール
ラクガキの立体化
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ジュラシック・パークのメイキング
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Adobe Photoshop CS5の新機能
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ラクガキの立体化 反省
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
顔のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Unityで360度ステレオVR動画を作る
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
生物の骨格
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ZBrushの練習 手のモデリング
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Unreal Engineの薄い本
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
布のモデリング
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化

コメント