ZBrushの作業環境を見直す

オイラは左利きなんだけど、普段PCのマウスは右手で使っている。
ただ、ペンタブレットでは左手でペンを持つので、ペンタブレットを使った諸々の操作では、自分が左利きであるということが多少ハンデかなぁと思っていた。

オイラはちょっと古い型のintuos Pro S(PTH-451)を使っている。

ワコム ペンタブレット intuos Pro Sサイズ 【旧モデル】2014年6月モデル PTH-451/K1

intuos5ぐらいから、利き手に合わせてタブレットを置く向きを変えてファンクションキーの位置を右手側に持ってこれるようにはなったけど、もともとのキーボードに割り当てられているショートカットはやはり左利きにはやりづらいのであった。

ゆうさんがTwitterにアップしていたZBrushのショートカット集

ZBrushのショートカット集(一部)


スポンサーリンク


ZBrushの作業環境については、これまでもカスタムUIを設定したりもしてたけど。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


自分が左利きであることに合わせてZBrushの作業環境を改善すべく、冬のワンフェスで知ったワコムのExpressKey Remoteを早速導入することにした。
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ワンフェス行ってきました。ワンダーフェスティバル2018今回はプロモーション動画も公開されてるぞ↓Wonder Festival は、フィギュアや模型をはじめとする国内最大級の立体造形の祭典。プロ・アマチュア問わず...


ワコム Cintiq Pro / Cintiq / Intuos Pro用ワイヤレスキーリモート Express Key Remote ACK411050

液晶タブレットを使っているわけではないので、ワコム純正のデバイスである必然は無いのですが、「そこそこのお金を使ってしまった」という痛みが大事だと思うんです。
http://101.wacom.com/UserHelp/ja/TOC/EKR-100.html

自分を甘やかすように作業のハードルをどんどん下げて、できる限り学習勾配をなだらかにしていきます(笑)
上手い方向に自分を甘やかせば、少ないストレスでスキルアップできると思うんだ。

さて、じゃあどのショートカットをExpressKey Remoteに割り当てようか。Ctl、Alt、Shiftはすでにintuos Proのファンクションキーで対応できるので、それ以外のキーで使用頻度が高いもの。
ZBrushの公式ドキュメントにショートカットのチートシートなるものもあるけど、結局分かりづらい…
http://docs.pixologic.com/user-guide/keyboard-shortcuts/

ここは有志によるまとめの方が参考になる。


スポンサーリンク

のぶほっぷ:福井信明さんがTwitterにアップしていたZBrushCoreのよく使うキー操作

ZBrushCore 最初によく使うキー操作

割り当てるショートカット

とりあえず以下10個のショートカットを割り当てることにした。

  • Open Project(プロジェクトの保存):「Ctrl」キー +「O」キー
  • Save Project(プロジェクトの保存):「Ctrl」キー +「S」キー
  • UndoCtrlキー +「Z」キー
  • RedoCtrlキー +「Shift」キー +「Z」キー
  • Show QuickMenu(クイックメニューの表示):「Space」キー
  • Draw Size(ブラシのサイズ)設定:「S」キー
  • Focal Shift(ブラシ強度の減衰)設定:「O」キー
  • RGB Intensity(RGBの強度)設定:「I」キー
  • Z Intensity(Zadd / Zsubの強度)設定:「U」キー
  • Fit Mesh to view(Mesh表示を画面にフィットさせる):「F」キー

操作の頻度とかも考慮して、こんな感じの割り当てにしてみた。



一目でわかるようにラベルシールを貼っても良いな。

さて、これで作業効率は上がるのか。


スポンサーリンク

関連記事

プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Maya 2015から標準搭載されたMILA
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Mayaのシェーディングノードの区分
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ガメラ生誕50周年
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
立体視を試してみた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrushの練習 手のモデリング
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
MFnMeshクラスのsplit関数
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
素敵なパーティクル
なんかすごいサイト
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushのUV MasterでUV展開
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
CreativeCOW.net
AfterEffectsプラグイン開発
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...

コメント