ポリ男からMetaHumanを作る

ポリ男をリファインしたので



ポリ男のMeshからこのチュートリアル動画に従ってMetaHumanを作成してみよう↓



作業に入る前に、作業の全体像と各工程で使うツールの関係を整理して把握しておこう。
チュートリアル動画によると、

  1. 自作の顔Meshを対応付けてMetaHuman Creatorへアップロード
  2. Web上のMetaHuman Creatorで編集
  3. 完成したMetaHumanアセットをUnreal Engineにダウンロード

という流れらしい。



WebツールであるMetaHuman CreatorとUnreal Engine 5をつなぐのがMetaHumanプラグインとQuixel Bridgeプラグイン。

概念を理解しやすいように「アップロード」という言葉を使ったけど、厳密には自作Meshをアップロードするわけではなく、自作Meshの形状に合わせてMetaHumanのベースMeshを変形させる情報がMetaHuman Creatorhへ送られるんだと思う。

余談ですが、Unreal Engineで何かする時は全体像を概念図にまとめないと理解しづらいですね。




スポンサーリンク


リファインしたポリ男のMeshは、一応Maya上でスケールなどを調整してキレイなFBXファイルにしておく。


MetaHumanの作成

Mesh to MetaHuman

Unreal Engine 5で空のシーンを作成し、MetaHumanプラグインとQuixel Bridgeプラグインを有効にする。
自作した顔Mesh ポリ男をUnreal Engineのシーンにインポート。



テクスチャもマテリアルも用意していないのでこのまま。

MetaHuman Identityアセットを作成し、ポリ男のMeshとMetaHumanのベースMeshを対応付ける。(MetaHuman Identityの解決)



体格なども設定してMetaHuman Identityアセットを保存。



MetaHuman Creatorへアップロード(MeshをMetaHumanに変換)


スポンサーリンク

MetaHumanの編集

Web上のMetaHuman Creatorで形状の微調整や各種テクスチャを設定していく。



最終的にこんな感じになった↓




MetaHumanアセットのダウンロード

完成したMetaHumanアセットをQuixel Bridgeプラグインを使ってUnreal Engineにダウンロード、シーンにインポートする。



アップロードに使ったシーンとは別のシーンにももちろんインポートできる。

Live Link Faceで顔を動かす

せっかくなので、作成したMetaHumanを動かしてみよう。
Unreal Engineが配布しているiPhoneアプリLive Link Faceを使ってみる。Live Link Faceを使えば、iPhoneのカメラで撮影した自分の顔の表情を認識してUnreal Engine上のキャラクターの顔に反映できる。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/new-live-link-face-ios-app-now-available-for-real-time-facial-capture-with-unreal-engine
https://docs.unrealengine.com/5.0/ja/recording-face-animation-on-ios-device-in-unreal-engine/

MetaHumanとの連携方法はこちらの記事を参考にした↓
https://zenn.dev/iwaken71/articles/metahumans-livelink

Unreal Engineを起動しているPCとiPhoneを同一ネットワークに接続し、Live Link FaceアプリからUnreal Engineを起動しているPCのIPアドレスを指定するだけで動かせる。

で、Unreal Engineのシーン上で動かしてみたのがこちら↓



表情を反映する影響度が何故か左右で違い、表情が歪んでしまう。。。

現時点ではまだ自作Meshから作ったMetaHumanでは顔のリグに不具合があるらしい。
対処方法もあるにはあるようだ↓
https://mohumohu-tech.com/2022/07/14/metahuman%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%82%93%e3%81%8b%e5%a4%89%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b/

追記:この記事で配布してくれているファイルを利用して対処してみた↓



制作記事まとめページ↓
ポリ男
大学生の頃にMayaで制作した人間の顔。ティーンネイジャーぐらいの少年を目指してモデリングした。ポリゴンでできた男の顔なので同級生達に「ポリ男」と名付けられた。もともとは選択授業の課題として選んだモチーフだったが、課題提出の締め切...


スポンサーリンク

関連記事

SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Unreal Engineの薄い本
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
3D復元技術の情報リンク集
参考書
Pix2Pix:CGANによる画像変換
自前のShaderがおかしい件
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Maya LTのQuick Rigを試す
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
CGのためのディープラーニング
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
フルCGのウルトラマン!?
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Open Shading Language (OSL)
アニゴジ関連情報
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
UnityのGlobal Illumination
Mayaのプラグイン開発
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
テスト
3DCG Meetup #4に行ってきた
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

コメント