MRenderUtil::raytrace

前の作業を見直してたら理解が進んだから、忘れる前にメモしておくよ。

PhongShaderのサンプルに載ってた関数についてのメモ。
MRenderUtil::raytrace(shaderからraytraceを扱うための関数)

static MStatus	raytrace(
const MFloatVector& rayOrigin,  // in camera space
const MFloatVector& rayDirection,
const void* objectId,
const void* raySampler,
const short rayDepth,
// storage for return value
MFloatVector& resultColor,
MFloatVector& resultTransparency,
// true for reflected rays, false for refracted rays
const bool isReflectedRays = true
);

スポンサーリンク

パラメータ:

[in] rayOrigin カメラ空間でのレイの始点座標

[in] rayDirection カメラ空間での飛ばすレイの方向

[in] objectID 現在のオブジェクトのID(未使用変数扱いされてたりもする?)

[in] raySampler レンダラから取得するレイトレーサーへのポインタ

[in] rayDepth レンダラから取得するこのレイの深さ(回数)

[in] resultColor 取得する色を格納する参照

[in] resultTransparency 取得する透明度を格納する参照

[in] isReflectedRays trueなら反射レイ(デフォルト)、falseなら屈折レイ


スポンサーリンク

ということで、このサンプルサイトにある説明を訳してみた。

このユーティリティメソッドは、シェーダプラグインからレイトレースを行うための機能を提供します。

このメソッドは、レイの始点と方向を指定すると、単一のレイを飛ばし、交差点の色と透明度を返します。

シェーダープラグインでレイトレースを行うには以下の手順が必要です。:

レンダラにあるraySamplerを使います。これは’raySampler’ (rtr)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

レンダラにあるrayDepthを使います。こちらは’rayDepth’ (rd)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

Mayaソフトウェアレンダラ設定のrenderGlobal-> renderQuality->raytracingで”Enable Raytracing”のフラグをONにしておきます。

isReflectedRaysというBoolean変数は、飛ばすレイが反射レイか屈折レイかを示すものです。この変数はユーザーがrenderGlobal->renderQualityで設定した反射・屈折回数の制限をレイトレーサーに伝えるためのものです。

オブジェクトをレイトレースの対象とするには、”Visible In Reflections”または”Visible In Refraction”フラグがONに設定されている必要があります。

このメソッドは、Mayaソフトウェアレンダラでのみ動作します。

 

以上、Google翻訳頼りの翻訳でした。


スポンサーリンク

関連記事

複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
3DCG Meetup #4に行ってきた
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
マイケル・ベイの動画の感覚
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushのUV MasterでUV展開
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
BlenderのRigifyでリギング
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Mayaのレンダリング アトリビュート
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushCore
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
UnityでARKit2.0
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrushトレーニング
アニゴジ関連情報
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
UnityでOpenCVを使うには?
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
SIGGRAPH 2020はオンライン開催

コメント