MRenderUtil::raytrace

前の作業を見直してたら理解が進んだから、忘れる前にメモしておくよ。

PhongShaderのサンプルに載ってた関数についてのメモ。
MRenderUtil::raytrace(shaderからraytraceを扱うための関数)

static MStatus	raytrace(
const MFloatVector& rayOrigin,  // in camera space
const MFloatVector& rayDirection,
const void* objectId,
const void* raySampler,
const short rayDepth,
// storage for return value
MFloatVector& resultColor,
MFloatVector& resultTransparency,
// true for reflected rays, false for refracted rays
const bool isReflectedRays = true
);

スポンサーリンク

パラメータ:

[in] rayOrigin カメラ空間でのレイの始点座標

[in] rayDirection カメラ空間での飛ばすレイの方向

[in] objectID 現在のオブジェクトのID(未使用変数扱いされてたりもする?)

[in] raySampler レンダラから取得するレイトレーサーへのポインタ

[in] rayDepth レンダラから取得するこのレイの深さ(回数)

[in] resultColor 取得する色を格納する参照

[in] resultTransparency 取得する透明度を格納する参照

[in] isReflectedRays trueなら反射レイ(デフォルト)、falseなら屈折レイ


スポンサーリンク

ということで、このサンプルサイトにある説明を訳してみた。

このユーティリティメソッドは、シェーダプラグインからレイトレースを行うための機能を提供します。

このメソッドは、レイの始点と方向を指定すると、単一のレイを飛ばし、交差点の色と透明度を返します。

シェーダープラグインでレイトレースを行うには以下の手順が必要です。:

レンダラにあるraySamplerを使います。これは’raySampler’ (rtr)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

レンダラにあるrayDepthを使います。こちらは’rayDepth’ (rd)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

Mayaソフトウェアレンダラ設定のrenderGlobal-> renderQuality->raytracingで”Enable Raytracing”のフラグをONにしておきます。

isReflectedRaysというBoolean変数は、飛ばすレイが反射レイか屈折レイかを示すものです。この変数はユーザーがrenderGlobal->renderQualityで設定した反射・屈折回数の制限をレイトレーサーに伝えるためのものです。

オブジェクトをレイトレースの対象とするには、”Visible In Reflections”または”Visible In Refraction”フラグがONに設定されている必要があります。

このメソッドは、Mayaソフトウェアレンダラでのみ動作します。

 

以上、Google翻訳頼りの翻訳でした。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
NICOGRAPHって有名?
CreativeCOW.net
書籍『ROSプログラミング』
Oculus Goを購入!
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
Mayaのシェーディングノードの区分
ラクガキの立体化 胴体の追加
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
ZBrush 4R8 リリース!
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
フルCGのウルトラマン!?
CLO:服飾デザインツール
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
ラクガキの立体化 反省
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ファンの力
UnityでOpenCVを使うには?
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
素敵なパーティクル
プログラムによる景観の自動生成
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
OpenGVのライブラリ構成
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ

コメント