MRenderUtil::raytrace

前の作業を見直してたら理解が進んだから、忘れる前にメモしておくよ。

PhongShaderのサンプルに載ってた関数についてのメモ。
MRenderUtil::raytrace(shaderからraytraceを扱うための関数)

static MStatus	raytrace(
const MFloatVector& rayOrigin,  // in camera space
const MFloatVector& rayDirection,
const void* objectId,
const void* raySampler,
const short rayDepth,
// storage for return value
MFloatVector& resultColor,
MFloatVector& resultTransparency,
// true for reflected rays, false for refracted rays
const bool isReflectedRays = true
);

スポンサーリンク

パラメータ:

[in] rayOrigin カメラ空間でのレイの始点座標

[in] rayDirection カメラ空間での飛ばすレイの方向

[in] objectID 現在のオブジェクトのID(未使用変数扱いされてたりもする?)

[in] raySampler レンダラから取得するレイトレーサーへのポインタ

[in] rayDepth レンダラから取得するこのレイの深さ(回数)

[in] resultColor 取得する色を格納する参照

[in] resultTransparency 取得する透明度を格納する参照

[in] isReflectedRays trueなら反射レイ(デフォルト)、falseなら屈折レイ


スポンサーリンク

ということで、このサンプルサイトにある説明を訳してみた。

このユーティリティメソッドは、シェーダプラグインからレイトレースを行うための機能を提供します。

このメソッドは、レイの始点と方向を指定すると、単一のレイを飛ばし、交差点の色と透明度を返します。

シェーダープラグインでレイトレースを行うには以下の手順が必要です。:

レンダラにあるraySamplerを使います。これは’raySampler’ (rtr)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

レンダラにあるrayDepthを使います。こちらは’rayDepth’ (rd)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

Mayaソフトウェアレンダラ設定のrenderGlobal-> renderQuality->raytracingで”Enable Raytracing”のフラグをONにしておきます。

isReflectedRaysというBoolean変数は、飛ばすレイが反射レイか屈折レイかを示すものです。この変数はユーザーがrenderGlobal->renderQualityで設定した反射・屈折回数の制限をレイトレーサーに伝えるためのものです。

オブジェクトをレイトレースの対象とするには、”Visible In Reflections”または”Visible In Refraction”フラグがONに設定されている必要があります。

このメソッドは、Mayaソフトウェアレンダラでのみ動作します。

 

以上、Google翻訳頼りの翻訳でした。


スポンサーリンク

関連記事

BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
機械学習手法『Random Forest』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
フルCGのウルトラマン!?
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
3Dグラフィックスの入門書
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
HD画質の無駄遣い
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
ZBrushでカスタムUIを設定する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
タダでRenderManを体験する方法
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ZBrush 4R8 リリース!
無料で使える人体3DCG作成ツール
Unite 2014の動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
ファンの力
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
この本読むよ
HD画質の無駄遣い その2
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
定数
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
タマムシっぽい質感

コメント