MRenderUtil::raytrace

前の作業を見直してたら理解が進んだから、忘れる前にメモしておくよ。

PhongShaderのサンプルに載ってた関数についてのメモ。
MRenderUtil::raytrace(shaderからraytraceを扱うための関数)


スポンサーリンク

パラメータ:

[in] rayOrigin カメラ空間でのレイの始点座標

[in] rayDirection カメラ空間での飛ばすレイの方向

[in] objectID 現在のオブジェクトのID(未使用変数扱いされてたりもする?)

[in] raySampler レンダラから取得するレイトレーサーへのポインタ

[in] rayDepth レンダラから取得するこのレイの深さ(回数)

[in] resultColor 取得する色を格納する参照

[in] resultTransparency 取得する透明度を格納する参照

[in] isReflectedRays trueなら反射レイ(デフォルト)、falseなら屈折レイ

ということで、このサンプルサイトにある説明を訳してみた。

このユーティリティメソッドは、シェーダプラグインからレイトレースを行うための機能を提供します。


スポンサーリンク

このメソッドは、レイの始点と方向を指定すると、単一のレイを飛ばし、交差点の色と透明度を返します。

シェーダープラグインでレイトレースを行うには以下の手順が必要です。:

レンダラにあるraySamplerを使います。これは’raySampler’ (rtr)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

レンダラにあるrayDepthを使います。こちらは’rayDepth’ (rd)という名前のinputアトリビュートを作成することで値を取得できます。

Mayaソフトウェアレンダラ設定のrenderGlobal-> renderQuality->raytracingで”Enable Raytracing”のフラグをONにしておきます。

isReflectedRaysというBoolean変数は、飛ばすレイが反射レイか屈折レイかを示すものです。この変数はユーザーがrenderGlobal->renderQualityで設定した反射・屈折回数の制限をレイトレーサーに伝えるためのものです。

オブジェクトをレイトレースの対象とするには、”Visible In Reflections”または”Visible In Refraction”フラグがONに設定されている必要があります。

このメソッドは、Mayaソフトウェアレンダラでのみ動作します。

 

以上、Google翻訳頼りの翻訳でした。


スポンサーリンク

関連記事

株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Subsurface scatteringの動画
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
3DCGのモデルを立体化するサービス
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ゴジラ三昧
Blender 2.8がついに正式リリース!
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
iPhone欲しいなぁ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
この本読むよ
顔のモデリング
Unite 2014の動画
Adobe Photoshop CS5の新機能
この連休でZBrushの スキルアップを…
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
HD画質の無駄遣い
タマムシっぽい質感
Ambient Occlusionを解析的に求める
シン・ゴジラのファンアート
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
CreativeCOW.net
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ラクガキの立体化
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
注文してた本が届いた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
マジョーラ
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編

コメント