『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。


https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。



何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を観た
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
サンプルコードにも間違いはある?
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
SIGGRAPH ASIAのマスコット
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
UnityでARKit2.0
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
プログラムによる景観の自動生成
Unreal Engine 5の情報が公開された!
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ポリ男をリファイン
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
Blenderでよく使うaddon
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』を観てきた
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
黒歴史
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
2023年 観に行った映画振り返り
映画『THE FIRST SLAM DUNK』を観た
映画『ウルトラマントリガー エピソードZ』を観てきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
注文してた本が届いた

コメント