『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。

How Rogue One Created Princess Leia, Grand Moff Tarkin

https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。

Behind the Magic: Recreating Tarkin for Rogue One: A Star Wars Story

何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
トランスフォーマー/リベンジ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観た (ネタバレ無し)
スーパープレミアム スペシャル時代劇 「荒神」
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
模型をターンテーブルで撮影
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
ウルトラ×ライダー
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
Stanford Bunny
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
Maya 2015から標準搭載されたMILA
この本読むよ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
Unityの薄い本
黒歴史
MFnDataとMFnAttribute
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ジュラシック・パークのメイキング
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
自前Shaderの件 解決しました
MFnMeshクラスのsplit関数
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ゴジラ トレーディングバトル
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
UnityでLight Shaftを表現する
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラ(2014)のメイキング

コメント