『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。


https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。



何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushCore
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
ガメラ生誕50周年
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』ベース塗装
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ZScript
マジョーラ
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
参考になりそうなサイト
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Unityをレンダラとして活用する
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Maya 2015から標準搭載されたMILA
映画『この世界の片隅に』を観た
UnityのTransformクラスについて調べてみた
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
4K HDR『ガメラ3 邪神覚醒』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
模型をターンテーブルで撮影
ムービー・マジック:SFX技術のドキュメンタリー番組
映画『ピーターラビット』を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
ZBrushの練習 手のモデリング
ウルトラ×ライダー

コメント