『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。


https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。



何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ディズニー映画『ズートピア』を観た
映画『パワーレンジャー』を観た (ややネタバレ)
黒歴史
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
2015年10月21日
CLO:服飾デザインツール
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
『ウルトラマンG』と『ウルトラマンパワード』のBlu-ray BOX
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
Transformers: Revenge of the Fallen
タダでRenderManを体験する方法
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
シン・ウルトラマンの最新映像!
4K HDR『ガメラ2 レギオン襲来』
日本語劇場版『サンダーバード55/GOGO』を観てきた
UnityのGlobal Illumination
2018年 観に行った映画振り返り
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
MFnDataとMFnAttribute
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
映画『この世界の片隅に』を観た
ZBrushの練習 手のモデリング
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』を観てきた
天体写真の3D動画
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』を観た
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
映画『シン・ウルトラマン』を観た! (ネタバレ有り)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
映画『ダウンサイズ』を観た
ZBrush 2018での作業環境を整える

コメント