『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。

How Rogue One Created Princess Leia, Grand Moff Tarkin

https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。

Behind the Magic: Recreating Tarkin for Rogue One: A Star Wars Story

何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見た (ややネタバレ)
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
『劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』を観てきた
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ゴジラの造形
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
SIGGRAPH Asia
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Unityの薄い本
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
MFnDataとMFnAttribute
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
アニメーション映画『GODZILLA』
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
2016年 観に行った映画振り返り
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
ファンの力
Oculus Goを購入!
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
素敵なパーティクル
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
3DCGのモデルを立体化するサービス
UnityでPoint Cloudを表示する方法
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
映画『ピーターラビット』を観た
ZBrushのお勉強
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
模型をターンテーブルで撮影

コメント