『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。


https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。



何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

Unityの薄い本
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Raytracing Wiki
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
NICOGRAPHって有名?
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
2018年 観に行った映画振り返り
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
Stanford Bunny
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
シン・ゴジラのファンアート
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
模型をターンテーブルで撮影
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenMayaRender
トランスフォーマー:リベンジ
ゴジラ三昧
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
機械から情報の時代へ
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
ゴジラ トレーディングバトル
Profilograph
Oculus Goを購入!
『さらば あぶない刑事』を観た
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
MFnMeshクラスのsplit関数
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
デザインのリファイン再び
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
映画『オデッセイ』を観てきた

コメント