『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』”あのキャラクター”のメイキング

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するあのキャラクターが映像化されるまでの舞台裏をABC Newsが取材した映像が公開された。

映画のストーリーのネタバレとまではいかないけど、誰が登場するのかもバラされたくない人は、以下をまだ見ない方が良いです。


https://oriver.style/cinema/rogue-one-ressurection/


スポンサーリンク


というわけで、エピソード4でグランドモフ・ターキンを演じた故ピーター・カッシングと、エピソード4当時のレイア姫(19歳のキャリー・フィッシャー)の顔を再現するメイキングでした。

ピーター・カッシングの代役を務めたガイ・ヘンリーの撮影風景も公開されている。


スポンサーリンク

追記:ILM公式YouTubeチャンネルでもブレイクダウンが公開された。



何年か前にMayaでグランドモフ・ターキンをモデリングするチュートリアルを見て、純粋に「すげぇクオリティだなぁ」と思ったんだけど、今の目で見るとCG丸出しでショボく感じる。当時と今では「CGで人間の顔を作る」ことに求められる水準が格段に上がっているんだな。観客の目も肥えている。
http://www.3dm3.com/tutorials/maya/character/

ローグ・ワンだともう1人、レイア姫も当時の姿が再現されていますね。
https://www.technologyreview.jp/s/108449/how-acting-as-carrie-fishers-puppet-made-a-career-for-rogue-ones-princess-leia/


スポンサーリンク

関連記事

株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
映画『シン・ウルトラマン』の公開日が2022年5月13日(金)に決定
ゴジラ(2014)のメイキング
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
天体写真の3D動画
MRenderUtil::raytrace
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
ZBrushのUV MasterでUV展開
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
映画『大怪獣のあとしまつ』を観た (ネタバレ無し)
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ファンの力
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
Ambient Occlusionを解析的に求める
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ウルトラ×ライダー
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
映画『この世界の片隅に』を観た
CreativeCOW.net
映画『シン・ウルトラマン』の特報!
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ゴジラの日
生物の骨格
参考書
タダでRenderManを体験する方法
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
WebGL開発に関する情報が充実してきている

コメント