adskShaderSDK

Maya プラグイン全体のSDKがなかなか書きづらいので、Shaderの実装はadskShaderSDKに滑らかに移行しようかと考えてる。(adskShaderSDKはMaya 2009かららしいです)
公式のオンラインヘルプ→AdskShaderSDK を使用したパス コンプライアント シェーダの作成

AdskShaderSDK のすべてのリファレンスは、 にあります。


スポンサーリンク

おい、つまりどこにあるんだw

注:shaderSDK のサンプルについては、開発キットの adskShaderSDKSamplesMayaPhong フォルダを参照してください。

結局またサンプルコードから探ることになりそうだ。
ついでにMental Ray ShaderのAPI→Mental Ray Shaders API Documentation


スポンサーリンク

関連記事

Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Mayaのレンダリング アトリビュート
WordPressの表示を高速化する
ジュラシック・パークのメイキング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
素敵なパーティクル
プログラムによる景観の自動生成
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
布地のシワの法則性
シン・ゴジラのファンアート
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
UnityのGlobal Illumination
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
なんかすごいサイト
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Stanford Bunny
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
UnityでLight Shaftを表現する
pythonもかじってみようかと
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
OpenMayaのPhongShaderクラス

コメント