adskShaderSDK

Maya プラグイン全体のSDKがなかなか書きづらいので、Shaderの実装はadskShaderSDKに滑らかに移行しようかと考えてる。(adskShaderSDKはMaya 2009かららしいです)
公式のオンラインヘルプ→AdskShaderSDK を使用したパス コンプライアント シェーダの作成

AdskShaderSDK のすべてのリファレンスは、 にあります。


スポンサーリンク

おい、つまりどこにあるんだw

注:shaderSDK のサンプルについては、開発キットの adskShaderSDKSamplesMayaPhong フォルダを参照してください。

結局またサンプルコードから探ることになりそうだ。
ついでにMental Ray ShaderのAPI→Mental Ray Shaders API Documentation


スポンサーリンク

関連記事

2012 昨日のクローズアップ現代を見た
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
天体写真の3D動画
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Maya LTのQuick Rigを試す
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Vancouver Film Schoolのデモリール
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Iterator
UnityでOpenCVを使うには?
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Model View Controller
PolyPaint
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Raspberry PiでIoTごっこ
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Raspberry Pi
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
スターウォーズ エピソードVIIの予告編

コメント