adskShaderSDK

Maya プラグイン全体のSDKがなかなか書きづらいので、Shaderの実装はadskShaderSDKに滑らかに移行しようかと考えてる。(adskShaderSDKはMaya 2009かららしいです)
公式のオンラインヘルプ→AdskShaderSDK を使用したパス コンプライアント シェーダの作成

AdskShaderSDK のすべてのリファレンスは、 にあります。


スポンサーリンク

おい、つまりどこにあるんだw

注:shaderSDK のサンプルについては、開発キットの adskShaderSDKSamplesMayaPhong フォルダを参照してください。

結局またサンプルコードから探ることになりそうだ。
ついでにMental Ray ShaderのAPI→Mental Ray Shaders API Documentation


スポンサーリンク

関連記事

日本でMakersは普及するだろうか?
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Iterator
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Stanford Bunny
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
サンプルコードにも間違いはある?
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Maya LTのQuick Rigを試す
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
シン・ゴジラのファンアート
ニューラルネットワークで画像分類
Photogrammetry (写真測量法)
C++の抽象クラス
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
『ピクサー展』へ行ってきた
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
クラスの基本
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
WordPressのテーマを自作する
3Dグラフィックスの入門書
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Unityをレンダラとして活用する
AfterEffectsプラグイン開発
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Amazon Web ServicesでWordPress

コメント