adskShaderSDK

Maya プラグイン全体のSDKがなかなか書きづらいので、Shaderの実装はadskShaderSDKに滑らかに移行しようかと考えてる。(adskShaderSDKはMaya 2009かららしいです)
公式のオンラインヘルプ→AdskShaderSDK を使用したパス コンプライアント シェーダの作成

AdskShaderSDK のすべてのリファレンスは、 にあります。


スポンサーリンク

おい、つまりどこにあるんだw

注:shaderSDK のサンプルについては、開発キットの adskShaderSDKSamplesMayaPhong フォルダを参照してください。

結局またサンプルコードから探ることになりそうだ。
ついでにMental Ray ShaderのAPI→Mental Ray Shaders API Documentation


スポンサーリンク

関連記事

ニューラルネットワークで画像分類
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Maya LTのQuick Rigを試す
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
MeshroomでPhotogrammetry
Unityをレンダラとして活用する
C++始めようと思うんだ
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
この連休でZBrushの スキルアップを…
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
MFnMeshクラスのsplit関数
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
HerokuでMEAN stack
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
2012のメイキングまとめ(途中)
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
pythonもかじってみようかと
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrush 4R7
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
色んな三面図があるサイト
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Unityからkonashiをコントロールする
Maya 2015から標準搭載されたMILA
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
定数
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
テスト

コメント