adskShaderSDK

Maya プラグイン全体のSDKがなかなか書きづらいので、Shaderの実装はadskShaderSDKに滑らかに移行しようかと考えてる。(adskShaderSDKはMaya 2009かららしいです)
公式のオンラインヘルプ→AdskShaderSDK を使用したパス コンプライアント シェーダの作成

AdskShaderSDK のすべてのリファレンスは、 にあります。


スポンサーリンク

おい、つまりどこにあるんだw

注:shaderSDK のサンプルについては、開発キットの adskShaderSDKSamplesMayaPhong フォルダを参照してください。

結局またサンプルコードから探ることになりそうだ。
ついでにMental Ray ShaderのAPI→Mental Ray Shaders API Documentation


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ジュラシック・パークのメイキング
海外ドラマのChromaKey
ゴジラ三昧
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Maya LTのQuick Rigを試す
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
UnityでARKit2.0
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Mayaのレンダリング アトリビュート
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
なんかすごいサイト
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
OpenGVの用語
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
機械学習で遊ぶ
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ブログのデザイン変えました
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Stanford Bunny
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ラクガキの立体化 反省

コメント