pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』

機械学習とは何ぞや、っていうのをお勉強する上で、すでに動くツールがあるならそれを使って感覚を掴もうと思う。
残念ながら、scikit-learnはGoogle App Engine上では動かないようだけど、お勉強の教材として活用させてもらう。

scikit-learnはオープンソースの機械学習ライブラリで、分類や回帰、クラスタリングなどの機能が実装されているらしい。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

このライブラリで使用できるアルゴリズムのチートシートもある。

scikit-learn cheat sheet

公式チュートリアルもあるけど、知らない言葉だらけなので、初心者には日本語の解説ページが有り難い↓

pythonの機械学習ライブラリscikit-learnの紹介


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
ZBrushのZScript入門
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ROSの薄い本
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
タマムシっぽい質感
WebGL開発に関する情報が充実してきている
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
ニューラルネットワークで画像分類
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
プログラムによる景観の自動生成
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Raspberry Pi 2を買いました
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
まだ続くブログの不調
ディープラーニング
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
WinSCP
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
UnityからROSを利用できる『ROS#』

コメント