Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』

立て続けにUnityの話題ですが。

数学的なことをUnityで勉強しようかなという気分になってきた。お勉強用途だと最近はPython、というかPythonのNumPyが手軽で良く使われてるイメージ。

Unityでも使える数値計算ライブラリが無いかと探してみたら、Math.NET Numericsというライブラリを見つけた。

Math.NET Numerics

Math.NET Numericsは、科学や工学、および日常的な数値計算のためのメソッドとアルゴリズムの提供を目指しています。特殊関数、線形代数、確率モデル、乱数、補間、統合、回帰、最適化問題などを対象としています。

オープンソースなので自分でビルドしても良いけど
https://github.com/mathnet/mathnet-numerics

NuGetページからdllをダウンロードできます。


スポンサーリンク


これをUnityで使う方法解説している方もいるので有難く教えに従う。
http://arxiv.hatenablog.com/entry/2017/04/03/235446

特に行列とベクトル関連の機能を使いたい。
https://numerics.mathdotnet.com/Matrix.html


スポンサーリンク
Matrices in C#

追記:今ならNumPyに似せて作られているこちらの方が習得しやすいかもしれない↓



スポンサーリンク

関連記事

UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Google Chromecast
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
WebGL開発に関する情報が充実してきている
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ブログが1日ダウンしてました
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Unityで360度ステレオVR動画を作る
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ROSの薄い本
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
サンプルコードにも間違いはある?
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Oculus Goを購入!
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
UnityでOpenCVを使うには?
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Unityで学ぶC#
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
HD画質の無駄遣い
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
映像ビジネスの未来
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
AfterEffectsプラグイン開発
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
ニューラルネットワークで画像分類
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...

コメント