Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ

立て続けにUnityの話題ですが。

数学的なことをUnityで勉強しようかなという気分になってきた。お勉強用途だと最近はPython、というかPythonのNumPyが手軽で良く使われてるイメージ。

Unityでも使える数値計算ライブラリが無いかと探してみたら、Math.NET Numericsというライブラリを見つけた。

Math.NET Numerics

Math.NET Numericsは、科学や工学、および日常的な数値計算のためのメソッドとアルゴリズムの提供を目指しています。特殊関数、線形代数、確率モデル、乱数、補間、統合、回帰、最適化問題などを対象としています。


スポンサーリンク

オープンソースなので自分でビルドしても良いけど
https://github.com/mathnet/mathnet-numerics

NuGetページからdllをダウンロードできます。


スポンサーリンク


これをUnityで使う方法解説している方もいるので有難く教えに従う。
http://arxiv.hatenablog.com/entry/2017/04/03/235446

特に行列とベクトル関連の機能を使いたい。
https://numerics.mathdotnet.com/Matrix.html



追記:今ならNumPyに似せて作られているこちらの方が習得しやすいかもしれない↓
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
C#で書かれたNumPy風の数値計算ライブラリ。Apache License 2.0だそうです。NumSharpNumSharpは.NET StandardをターゲットとしたNumPyのC#ポートです。NumSharpはC#で...


スポンサーリンク

関連記事

機械学習手法『Random Forest』
Google App Engineのデプロイ失敗
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Open Shading Language (OSL)
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
OpenCV
adskShaderSDK
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
OpenGVの用語
Oculus Goを購入!
MeshroomでPhotogrammetry
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
クラスの基本
PythonでBlenderのAdd-on開発
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
UnityのAR FoundationでARKit 3
Managing Software Requirements: A Unified Approach
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
続・ディープラーニングの資料
ROSの薄い本
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
仮想関数
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Unityの各コンポーネント間でのやり取り

コメント