Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』

立て続けにUnityの話題ですが。

数学的なことをUnityで勉強しようかなという気分になってきた。お勉強用途だと最近はPython、というかPythonのNumPyが手軽で良く使われてるイメージ。

Unityでも使える数値計算ライブラリが無いかと探してみたら、Math.NET Numericsというライブラリを見つけた。

Math.NET Numerics

Math.NET Numericsは、科学や工学、および日常的な数値計算のためのメソッドとアルゴリズムの提供を目指しています。特殊関数、線形代数、確率モデル、乱数、補間、統合、回帰、最適化問題などを対象としています。

オープンソースなので自分でビルドしても良いけど
https://github.com/mathnet/mathnet-numerics

NuGetページからdllをダウンロードできます。


スポンサーリンク


これをUnityで使う方法解説している方もいるので有難く教えに従う。
http://arxiv.hatenablog.com/entry/2017/04/03/235446

特に行列とベクトル関連の機能を使いたい。
https://numerics.mathdotnet.com/Matrix.html


スポンサーリンク
Matrices in C#

追記:今ならNumPyに似せて作られているこちらの方が習得しやすいかもしれない↓



スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
UnityでLight Shaftを表現する
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
adskShaderSDK
UnityのGlobal Illumination
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Iterator
Maya LTのQuick Rigを試す
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
定数
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
仮想関数
Unityからkonashiをコントロールする
UnityからROSを利用できる『ROS#』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
HerokuでMEAN stack
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
OpenGVのライブラリ構成
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
機械学習で遊ぶ
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法

コメント