Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ

立て続けにUnityの話題ですが。

数学的なことをUnityで勉強しようかなという気分になってきた。お勉強用途だと最近はPython、というかPythonのNumPyが手軽で良く使われてるイメージ。

Unityでも使える数値計算ライブラリが無いかと探してみたら、Math.NET Numericsというライブラリを見つけた。

Math.NET Numerics

Math.NET Numericsは、科学や工学、および日常的な数値計算のためのメソッドとアルゴリズムの提供を目指しています。特殊関数、線形代数、確率モデル、乱数、補間、統合、回帰、最適化問題などを対象としています。

オープンソースなので自分でビルドしても良いけど
https://github.com/mathnet/mathnet-numerics

NuGetページからdllをダウンロードできます。


スポンサーリンク


これをUnityで使う方法解説している方もいるので有難く教えに従う。
http://arxiv.hatenablog.com/entry/2017/04/03/235446

特に行列とベクトル関連の機能を使いたい。
https://numerics.mathdotnet.com/Matrix.html


スポンサーリンク
Matrices in C#

追記:今ならNumPyに似せて作られているこちらの方が習得しやすいかもしれない↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのZScript入門
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
機械学習で遊ぶ
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
UnityでARKit2.0
UnityでOpenCVを使うには?
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
UnityのuGUIチュートリアル
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
C++始めようと思うんだ
Konashiを買った
手を動かしながら学ぶデータマイニング
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
定数
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
このブログのデザインに飽きてきた
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Mayaのプラグイン開発
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...

コメント