OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる

数度のトライを経て、OpenCVのバージョン3.3.0でやっとsfmモジュールのビルドが通ったわけです。



ようやくサンプルを試す段階に来た。参考にしてるQiita記事後編へやっと進める。↓
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

記事によると、サンプルを動かすためにまたいくつか手を加える必要がある(笑)


スポンサーリンク

ヘッダーファイルの修正

さて、opencv_contrib-3.3.0/modules/sfm/samples以下にあるsfmのサンプルをそのままビルドしようとすると

reconstruct()が定義されていません

的なエラーが出る。
このエラーの理由は、いくつかのヘッダーファイルで

#if CERES_FOUND

という条件マクロが書かれており、Ceres-Solverの有無でincludeするファイルを選択しているから。なので、この条件がtrueになるようにコンパイラにCeres-Solverが存在することを知らせる必要がある。

で、ちょっと行儀が悪いけど、オイラはもうinclude/opencv2/sfm.hppの冒頭の以下の記述を

#ifndef __OPENCV_SFM_HPP__
#define __OPENCV_SFM_HPP__

#include <opencv2/sfm/conditioning.hpp>
#include <opencv2/sfm/fundamental.hpp>
#include <opencv2/sfm/numeric.hpp>
#include <opencv2/sfm/projection.hpp>
#include <opencv2/sfm/triangulation.hpp>
#if CERES_FOUND
#include <opencv2/sfm/reconstruct.hpp>
#include <opencv2/sfm/simple_pipeline.hpp>
#endif

直接以下のように編集しちゃいました。


スポンサーリンク
#ifndef __OPENCV_SFM_HPP__
#define __OPENCV_SFM_HPP__

#include 
#include 
#include 
#include 
#include 
#include 

#define CERES_FOUND 1

#if CERES_FOUND
#include 
#include 
#endif

サンプルコードの実行

参考記事に倣ってtrajectory_reconstruccion.cppを実行してみる。

おお、特にエラーも無く動作したぞ!



サンプルコードのバグ修正

参考記事によると、このサンプルコードにはバグがあるというか、カメラの軌跡を表示する際に使用しているcv::viz::WTrajectoryに渡す引数が間違っているらしい。
以下の部分を

/// Recovering cameras
  cout << "Recovering cameras ... ";

  vector<Affine3d> path_est;
  for (size_t i = 0; i < Rs_est.size(); ++i)
    path_est.push_back(Affine3d(Rs_est[i],ts_est[i]));

  cout << "[DONE]" << endl;

逆行列に変えて以下のようにすると正しい座標変換になる。

/// Recovering cameras
  cout << "Recovering cameras ... ";

  vector<Affine3d> path_est;
  for (size_t i = 0; i < Rs_est.size(); ++i)
    path_est.push_back(Affine3d(Rs_est[i], ts_est[i]).inv());

  cout << "[DONE]" << endl;

別のサンプルコード

調子に乗ってscene_reconstruction.cppも動かしてみようと思ったら見事エラー…
http://docs.opencv.org/3.3.0/d4/d18/tutorial_sfm_scene_reconstruction.html

え、正しいコマンドライン引数が良く分からんぞ。。。


スポンサーリンク

関連記事

AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Open Shading Language (OSL)
ROMOハッカソンに行ってきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Photogrammetry (写真測量法)
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
clearcoat Shader
機械学習で遊ぶ
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
仮想関数
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
機械学習について最近知った情報
ブログが1日ダウンしてました
WordPressプラグインの作り方
Kinect for Windows v2の日本価格決定
ポイントクラウドコンソーシアム
自前Shaderの件 解決しました
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
続・ディープラーニングの資料
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Raspberry PiでIoTごっこ
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Unreal Engineの薄い本
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Verilog HDL
自前のShaderがおかしい件
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた

コメント