OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる

数度のトライを経て、OpenCVのバージョン3.3.0でやっとsfmモジュールのビルドが通ったわけです。



ようやくサンプルを試す段階に来た。参考にしてるQiita記事後編へやっと進める。↓
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea

記事によると、サンプルを動かすためにまたいくつか手を加える必要がある(笑)


スポンサーリンク

ヘッダーファイルの修正

さて、opencv_contrib-3.3.0/modules/sfm/samples以下にあるsfmのサンプルをそのままビルドしようとすると

reconstruct()が定義されていません

的なエラーが出る。
このエラーの理由は、いくつかのヘッダーファイルで

という条件マクロが書かれており、Ceres-Solverの有無でincludeするファイルを選択しているから。なので、この条件がtrueになるようにコンパイラにCeres-Solverが存在することを知らせる必要がある。

で、ちょっと行儀が悪いけど、オイラはもうinclude/opencv2/sfm.hppの冒頭の以下の記述を

直接以下のように編集しちゃいました。


スポンサーリンク

サンプルコードの実行

参考記事に倣ってtrajectory_reconstruccion.cppを実行してみる。

おお、特にエラーも無く動作したぞ!



サンプルコードのバグ修正

参考記事によると、このサンプルコードにはバグがあるというか、カメラの軌跡を表示する際に使用しているcv::viz::WTrajectoryに渡す引数が間違っているらしい。
以下の部分を

逆行列に変えて以下のようにすると正しい座標変換になる。

別のサンプルコード

調子に乗ってscene_reconstruction.cppも動かしてみようと思ったら見事エラー…
http://docs.opencv.org/3.3.0/d4/d18/tutorial_sfm_scene_reconstruction.html

え、正しいコマンドライン引数が良く分からんぞ。。。


スポンサーリンク

関連記事

Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenMayaのPhongShaderクラス
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
機械学習について最近知った情報
Konashiを買った
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Blender 2.8がついに正式リリース!
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityのGlobal Illumination
C++の抽象クラス
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrush 2018での作業環境を整える
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
HD画質の無駄遣い その2
Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト『Myth TV』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityのTransformクラスについて調べてみた
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Google Chromecast
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
続・ディープラーニングの資料
Mayaのプラグイン開発
顔画像処理技術の過去の研究

コメント