『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定

1993年~1994年に放送された円谷プロ特撮番組「電光超人グリッドマン」のBlu-ray BOXが2017年12月20日(水)に発売されることが発表された。


もうAmazonで予約できる↓

電光超人グリッドマン Blu-ray BOX

廃品を使って自分のパソコン<ジャンク>の立ち上げを試みる翔 直人、井上ゆか、馬場一平の仲良し3人組と、同級生で友人がいない孤独な秀才・藤堂武史。
ある日、彼らが住む街・桜が丘の電話回線に、異次元宇宙から脱走してきた奇怪な力を持つ魔王カーンデジファーが侵入。武史の歪んだ性格に目をつけたカーンデジファーは、武史のパソコン内に居座り、武史を操ってコンピューター・ワールドを支配する事で現実世界を征服する作戦を始動させた。そんな中、直人たちの<ジャンク>に、カーンデジファーを追って異次元からやって来た実体を持たないエネルギー状の生命体・ハイパーエージェントが出現する。ハイパーエージェントは一平がCGで作ったヒーロー・グリッドマンの姿と名前をもらい、直人と合体。コンピューター世界でカーンデジファーの放つ怪獣達との戦いに挑む。


スポンサーリンク

情報ネットワークの世界で戦うヒーローという、情報化社会を先取りし(過ぎてい)た世界観だった。劇中では、家電など身の回りのあらゆる機器がすべてネットに繋がっている社会が描かれていた。


スポンサーリンク


ここ最近、Blu-rayにしてもフィギュアにしても、90年代の特撮ものにやたらとお金を使ってしまう。



電光超人グリッドマン

実はグリッドマン放送当時、オイラはイギリスに住んでいたのでリアルタイムでは見ていないのです。オイラのグリッドマン原体験は翌年の夏休みの再放送でした。
すでに放送が終了していたので、その頃はもう関連玩具が入手できなくなっていた。
この手の作品はその時代の体験もセットで楽しむものなので、その辺がちょっと寂しい。

追記:バンダイからミニプラが発売されるらしい↓

スーパーミニプラ 電光超人グリッドマン (4個入) 食玩・ガム (電光超人グリッドマン)

放送当時の玩具スポンサーはタカラ(現タカラトミー)だったから、バンダイから発売されるのがちょっと不思議な感覚。(勇者シリーズとかも後にバンダイからハイターゲット向け玩具が出ていますが)

追記:グリッドマンのTVアニメが2018秋から放送予定だそうです。
「SSSS.GRIDMAN」2018年秋 放送開始

SSSS.GRIDMAN





Actibuilder(アクティビルダー) SSSS.GRIDMAN DX アシストウェポン セット 約100mm ABS・PVC製 塗装済み可動フィギュア

SSSS.GRIDMAN グリッドマン DXアシストウェポンセット ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み合体トイ


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.