8月の振り返り

今月も振り返り
先月も思ったが、時間感覚がちょっと不思議で、日々穏やかというか、ダラダラしている。ハンパに時間が余っているというか。

月末なので振り返り。 7月はなんだか長く感じた。急かされることもなく、スカスカだったのかな。 仕事で思うこと 働き方のヒント ちょっと前からこちらのサイトで安達裕哉氏の文章をよく読むようになった。仕事でのモヤモヤを晴らすヒン...

帰ってから何も作らないと微妙に時間が余ったような感覚になる。でも刻々と時間は過ぎていく。ここ数年は年を取るのがちっとも嬉しくない(笑)

仕事で思うこと

8月はやたらと会議に参加していた気がする。会議の場だと、嫌でもコミュニケーションコストを意識せざるを得なくなる。

「コミュニケーション力」をスキルとして定義された世代

ジェネレーションギャップというか、オイラのように就活時に「コミュニケーション力」というものをスキルとして定義された後の世代と前の世代で結構違いがある気がする。
そのうち「やりぬく力」もスキルとして定義されるのだろうか。
とはいえ、最近ちょっとコミュニケーションコストをかけ過ぎかもしれない。伝わらないことはそもそも手を付けないのが癖になりつつある。一心不乱に取り組むということが無くなった気がする。

個別に具体的に考える

これまで何度も抽象と具体について考えてきて、抽象化スキルに重要性についても書いてきたんだけど、ちょっと考えが変わってきた。
最近は、個別に具体的に考える抜くことも重要な気がしてきている。一般化を意識し過ぎて抽象度を上げたままでいると、思考停止に陥りやすいのだ。

骨子が見えてこない状態のまま思考を止めてはいけない。骨子が見えてこないなら、抽象度を下げ、もっと具体的に考えなくてはならない。
「企画」と言うなら、実現までの道筋が見えるまで具体的に考える必要がある。思いつきの羅列を企画とは呼べない。


スポンサーリンク


どこでも浮く

先月に引き続き、対人関係での自分の傾向として気づいたのは、「オイラはどんな環境でも浮く」ということ。場に馴染めないのだ。
以前はがんばって同化しようと努めたけど、ここまで来るともはや特技なのではないかと(笑)
無理に同化しようとせず、異物であることが自分の武器にしてみるのも悪くない。
ちゃんと意識しないと周りとの接点を作れないのはストレスでもあるけど、普段から意識的にやっていることは、意識的に変えることもできる。

引越

実は8月の半ばに夏休みを利用して引っ越した。
引越しに対して、以前のような期待と不安はあんまりなかった。なんだか淡々と。

社会人1年目の終わり頃から同じ街にもう5年半も住んでいた。住み始めた当時は、暮らしを変えれば何かが変わるような気がしていた。
そこで学んだことはたくさんあるけど、期待したような大きな変化は無かった。
この場所でオイラは何も成し遂げなかった。思い返すと、学校や環境を変える度にそんなことを考えている気がする。
オイラは変わろうとしないと変われないというか、動かざるを得ない状況に追い込まないと変われないタイプの人間だと思うので、そろそろそういうタイミング。

創作意欲

引越しでしばらく生活環境が落ち着かなかったので、8月は大したアウトプットが無い。最近は、費やした時間や行動がアウトプットに繋がるのかを考えてしまう。ちょっと即物的ではある。

「創作」というか、オイラは自分自身のアウトプットを振り返るのが楽しいのかもしれない。「こうやったらこうなった」という、行動と結果の繋がりを楽しんでいるような気がする。
個々の作業というより、自分の手でだんだんと具体的な形になっていく感覚が楽しい。


スポンサーリンク


Also published on Medium.