インターフェイスは世界を規定する

最近SENSORSをよく見ている。7月3日の記事は東大の暦本純一教授の特集だった。↓

ARの次は『拡張人間』 東大 暦本純一教授の世界

この記事で紹介されていた仮想力覚提示デバイス「Traxion」というものに興味を持った。

SENSORSブルー岩本アナが手に持っているのは「Traxion」という装置。この装置持っていると、装置は振動しているだけなのに、あたかもすごい力で押されたり、引っ張られたりするような「力」を体験できる。身近な用途として引っ張られる力を感じる方向に進んで行けば目的に地にたどり着くという道案内などに活用できる他、他人の「触覚」を伝達するという用途においては職人や一流アスリートの”感覚”をトレースできることも。


スポンサーリンク

Traxion: A Tactile Interaction Device with Virtual Force Sensation

論文が日本語で読めるのが有難いですね。→Traxion: 仮想力覚提示デバイス


スポンサーリンク


今現在、人が情報に触れるためのインターフェイスって、やたらと視覚、つまりGUI(Graphical User Interface)に偏っている気がしてるんだよね。こういう視覚以外の感覚を活用したインターフェイスがもっと普及すれば良いのに。

と考える一方で、GUIの表現力をまだ上手く引き出せていないデザインも世に溢れていて、「GUIはもう古い」と言うには早すぎる気もしている。オイラ自身がグラフィックス上がりな人間なので、視覚への未練があるのかもしれないけど。

不思議なもので、インターフェイスって最も人に身近な技術領域なのに、意外と産業での議論が進んでいないように感じる。UIについて語る時、暗黙のうちにGUIのことを指している場合が多い。画面上の配色が云々、ボタンのサイズが云々といった議論はプロダクトとして大切ではあるけど、UIの本質ではない。
議論したら進化するものでもないのかもしれない。UI設計って結構個人技の世界で、色んな人の意見を吸い上げようとすると、まとまりが悪くなって結局ユーザーの混乱を招く。


スポンサーリンク

関連記事

Virtual Network Computing
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
Arduinoで人感センサーを使う
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
深海魚
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
仮面ライダーあつめ
2020年5月 振り返り
ミニ四駆ブーム?
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
統計学に入門したい
甲虫の色とか
自分のスキルセット
過程を晒す
2017年 観に行った映画振り返り
6月の振り返り
瞬発力の時代
企画とエンジニア 時間感覚の違い
2019年12月 行動振り返り
動画配信ぐらい当たり前の時代
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
Unityからkonashiをコントロールする
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
機械学習での「回帰」とは?
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
調べものは得意なのかもしれない
2020年10月 振り返り
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
生物の骨格
サンライズの勇者シリーズ30周年
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
かっこいい大人にはなれなかったけど
そのアプローチは帰納的か演繹的か
2019年10月 行動振り返り

コメント