インターフェイスは世界を規定する

最近SENSORSをよく見ている。7月3日の記事は東大の暦本純一教授の特集だった。↓

ARの次は『拡張人間』 東大 暦本純一教授の世界

この記事で紹介されていた仮想力覚提示デバイス「Traxion」というものに興味を持った。

SENSORSブルー岩本アナが手に持っているのは「Traxion」という装置。この装置持っていると、装置は振動しているだけなのに、あたかもすごい力で押されたり、引っ張られたりするような「力」を体験できる。身近な用途として引っ張られる力を感じる方向に進んで行けば目的に地にたどり着くという道案内などに活用できる他、他人の「触覚」を伝達するという用途においては職人や一流アスリートの”感覚”をトレースできることも。


スポンサーリンク

Traxion: A Tactile Interaction Device with Virtual Force Sensation

論文が日本語で読めるのが有難いですね。→Traxion: 仮想力覚提示デバイス


スポンサーリンク


今現在、人が情報に触れるためのインターフェイスって、やたらと視覚、つまりGUI(Graphical User Interface)に偏っている気がしてるんだよね。こういう視覚以外の感覚を活用したインターフェイスがもっと普及すれば良いのに。

と考える一方で、GUIの表現力をまだ上手く引き出せていないデザインも世に溢れていて、「GUIはもう古い」と言うには早すぎる気もしている。オイラ自身がグラフィックス上がりな人間なので、視覚への未練があるのかもしれないけど。

不思議なもので、インターフェイスって最も人に身近な技術領域なのに、意外と産業での議論が進んでいないように感じる。UIについて語る時、暗黙のうちにGUIのことを指している場合が多い。画面上の配色が云々、ボタンのサイズが云々といった議論はプロダクトとして大切ではあるけど、UIの本質ではない。
議論したら進化するものでもないのかもしれない。UI設計って結構個人技の世界で、色んな人の意見を吸い上げようとすると、まとまりが悪くなって結局ユーザーの混乱を招く。


スポンサーリンク

関連記事

HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
Virtual Network Computing
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
2020年3月 振り返り
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
研究者のための英文校正業者比較サイト
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ubuntuでサーバー作るよ
エニアグラム
2016年の振り返り
2018年8月~9月 振り返り
UnityでPoint Cloudを表示する方法
豆腐みたいな付箋
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
動画配信ぐらい当たり前の時代
Arduinoで人感センサーを使う
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
Structured Approach
2020年2月 振り返り
Raspberry Pi
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
タイミングとクオリティ
最高にカッコイイガラス細工
文章を書く時の相手との距離感
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
書籍『コンテンツの秘密』読了
そのアプローチは帰納的か演繹的か
自分を育てる技術
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
文献管理ツール『ReadCube』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

コメント