Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル

ここ最近、研究論文などの情報を探すのにYouTubeを使うことが多い。

YouTubeを使って調べると何が良いかというと、その研究の特徴が端的にビジュアルでまとまっている点。特に、CGや画像関係なら、性能そのものが一目で大体解ってしまう。

で、”Two Minute Papers“というチャンネルを見つけた↓

Two Minute Papers



スポンサーリンク

Two Minute Papersは、最先端の科学研究を2分間でやさしく楽しく解説するシリーズです。ぜひお試しください!


スポンサーリンク


週1回以上は更新されている様子。最近の投稿は2分間に収まっている動画がほとんど無い気がするけど、”Two Minute”というフレーズは「キユーピー3分クッキング」みたいなネーミングでしょうか(笑)

オイラが調べたい分野がCGや画像認識に偏っているのもあり、YouTubeは短時間で情報収集・理解できる便利な情報源。
今時は研究論文に付随する動画をYouTubeで公開している研究機関が増えてきてるし、もう学会採択前から論文・動画を公開しているところも多い。

さらに言うと、ソースコードを丸ごとGitHubで公開してる研究機関も多いので、GitHubのリポジトリ検索でもかなり勉強になる。


スポンサーリンク

関連記事

研究者のための英文校正業者比較サイト
深海魚
偏愛マップ
ReadCube:文献管理ツール
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
ほっこり日常まんが
CLO:服飾デザインツール
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
iPhoneをエレキギターのアンプにする
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
趣味でCEDECに来ている者だ
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
AI英語教材アプリ『abceed』
フルカラー3Dプリンタ
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
PowerPointによるプレゼン
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
素敵なパーティクル
全脳アーキテクチャ勉強会
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ミニ四駆で電子工作
タマムシ
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
represent
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
機械学習での「回帰」とは?
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
HackerスペースとMakerスペース
CM
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
クライマックスヒーローズ
畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network...

コメント