Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル

ここ最近、研究論文などの情報を探すのにYouTubeを使うことが多い。

YouTubeを使って調べると何が良いかというと、その研究の特徴が端的にビジュアルでまとまっている点。特に、CGや画像関係なら、性能そのものが一目で大体解ってしまう。

で、”Two Minute Papers“というチャンネルを見つけた↓

Two Minute Papers



スポンサーリンク

Two Minute Papersは、最先端の科学研究を2分間でやさしく楽しく解説するシリーズです。ぜひお試しください!


スポンサーリンク


週1回以上は更新されている様子。最近の投稿は2分間に収まっている動画がほとんど無い気がするけど、”Two Minute”というフレーズは「キユーピー3分クッキング」みたいなネーミングでしょうか(笑)

オイラが調べたい分野がCGや画像認識に偏っているのもあり、YouTubeは短時間で情報収集・理解できる便利な情報源。
今時は研究論文に付随する動画をYouTubeで公開している研究機関が増えてきてるし、もう学会採択前から論文・動画を公開しているところも多い。

さらに言うと、ソースコードを丸ごとGitHubで公開してる研究機関も多いので、GitHubのリポジトリ検索でもかなり勉強になる。


スポンサーリンク

関連記事

YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Virtual Network Computing
生物の骨格
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
HackerスペースとMakerスペース
仮面ライダーバトライド・ウォー
パルクール(Parkour)
大人の知識で玩具の改造
PCの自作
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
仮面ライダーあつめ
マイケル・ベイの動画の感覚
偏愛マップ
新年の衝動買い
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
タマムシ
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Arduinoで人感センサーを使う
インターフェイスは世界を規定する
進撃のタカラトミー
日米の働き方をコミカルに比較した動画
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
IBM Watsonで性格診断
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
オンライン英会話ネイティブキャンプを始めてみた
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
素敵なパーティクル
ZBrushトレーニング
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
透明標本
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ubuntuでサーバー作るよ
ReadCube:文献管理ツール
ドラマ『ファーストクラス』が面白い

コメント