Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル

ここ最近、研究論文などの情報を探すのにYouTubeを使うことが多い。

YouTubeを使って調べると何が良いかというと、その研究の特徴が端的にビジュアルでまとまっている点。特に、CGや画像関係なら、性能そのものが一目で大体解ってしまう。

で、”Two Minute Papers“というチャンネルを見つけた↓

Two Minute Papers

Awesome Research For Everyone! – Two Minute Papers Channel Trailer

Two Minute Papersは、最先端の科学研究を2分間でやさしく楽しく解説するシリーズです。ぜひお試しください!


スポンサーリンク


スポンサーリンク


週1回以上は更新されている様子。最近の投稿は2分間に収まっている動画がほとんど無い気がするけど、”Two Minute”というフレーズは「キユーピー3分クッキング」みたいなネーミングでしょうか(笑)

オイラが調べたい分野がCGや画像認識に偏っているのもあり、YouTubeは短時間で情報収集・理解できる便利な情報源。
今時は研究論文に付随する動画をYouTubeで公開している研究機関が増えてきてるし、もう学会採択前から論文・動画を公開しているところも多い。

さらに言うと、ソースコードを丸ごとGitHubで公開してる研究機関も多いので、GitHubのリポジトリ検索でもかなり勉強になる。


スポンサーリンク

関連記事

SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
オンライン英会話ネイティブキャンプを始めてみた
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
データサイエンティストって何だ?
文献管理ツール『ReadCube』
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
仮面ライダーバトライド・ウォー
副業の基本と常識
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
「うぶんちゅ!」
豆腐みたいな付箋
機械学習手法『Random Forest』
『ヒカリ展』に行ってきた
マイケル・ベイの動画の感覚
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
研究者のための英文校正業者比較サイト
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
シフトカーの改造
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
CEDEC 2日目
Profilograph
フルカラー3Dプリンタ
深海魚
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
HackerスペースとMakerスペース
甲虫の色とか
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
ミニ四駆で電子工作
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
『Oto-Latte(オトラテ)』テキストのニュース記事をラジオ番組のように音声で聞けるスマホアプリ
エニアグラム
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信

コメント