ブログの復旧が難航してた話

先週末に起きたこのブログの動作不良の件、復旧になかなか手こずってしまった。PHPに関する知識不足と、作業時間があんまり取れなかったので放置状態が続いた。ここ一週間はこのブログがほとんど閲覧できない状態でした。

まだ完全に原因を特定できた訳ではないけど、何とか普通に運用できるようにはなった。サイトが何度もダウンしていたけど、EC2インスタンスのCPU使用率は30%ぐらいの負荷しかかかっていなかった。どうやら割とフロント側の問題で、Wordpressにインストールしているプラグインの組み合わせで起こっていた不具合の様子。

ブログがすぐにダウンしてしまうので、何とか動いている間にUpDraftPlusでバックアップを取って、新しいEC2インスタンスを作って復元を試しても、画面が真っ白になっちゃって、管理画面にもアクセスできなかった。少しずつプラグインを減らして何度もインスタンスを作成し直した。
この機会にブログをWordPress powered by AMIMOTO (HHVM)へ移行してしまった。多少パフォーマンスが上がったかな?


スポンサーリンク


いずれにせよ今までインストールしていたプラグインをいくつか外さなきゃいけなかったから、良い機会なのでインストールしていたプラグインを少し整理することにした。
記事の訪問者数を表示するためにCount Per Dayを使っていたけど、負荷がものすごく大きいことが分かったのでアンインストール。
その他、ほとんど活用できていないダッシュボード拡張プラグインをいくつか外して、動作を軽くした。

割と便利だったJetpack by WordPress.comが上手く動かなくなったので外すことにした。以前までJetPackのportfolio機能を使っていたけど、代替手段を探さないといけない。特定のプラグインに依存したページは避けるべきだったと反省。

プラグインを減らしたら管理画面もサクサク動くようになって快適になった。
ググりながらちょっとずつ原因を探るという、とても帰納的なやり方で復旧したから、完全に直ったと確信できずとても不安(笑)
障害が出ることを前提に、小まめにバックアップを取らないとダメだな。


スポンサーリンク

今回の件で知ったんだけど、Amazon EC2にはリザーブドインスタンスっていう料金プランがあるのね。1のインスタンスを長期運用するならリザーブドインスタンスの方がお得になるらしい。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
WordPressプラグインの作り方
AfterEffectsプラグイン開発
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
タマムシっぽい質感
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
UnityでLight Shaftを表現する
Amazon Web ServicesでWordPress
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
3Dグラフィックスの入門書
ブログをSSL化
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ROSの薄い本
プログラムによる景観の自動生成
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ブログがダウンしてました
UnityでARKit2.0
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』

コメント