書籍『ROSプログラミング』

4月になって書籍「ROSプログラミング」が発売された。ROSの日本語書籍としては2冊目ですね。(同人誌無料のPDF電子書籍を除く)

ROSプログラミング

ROS関係の日本語情報はまだ少ないのですぐに買ってしまう。


スポンサーリンク


まだ最初の章を読んでいる段階ではあるけど、少し前に出た「ROSではじめるロボットプログラミング」が演習を中心としたチュートリアル本だったのに対し、この書籍はかなりガチでROSの仕組みの解説から入っている。やや論文寄りの堅い文体や構成が教科書っぽい雰囲気。

ROSではじめるロボットプログラミング―フリーのロボット用「フレームワーク」 (I・O BOOKS)

ROSではじめるロボットプログラミングは難しい記述を極力避けた構成だったのに対し、この書籍はもっと細かい部分も一つ一つ説明を積み上げて進んでいく。この一冊と+αの調べ物でかなり周辺知識も身に着くのではないでしょうか。

逆に言うと、ベースとなる情報系の知識があまり無い人にとってはちょっととっつきにくい内容かもしれない。読み進めるハードルが高いというか、かなりかじりついて読むガッツが無いと挫折しそうな気がします。

さて、オイラ自身が最後まで読み切れるだろうか。ディープラーニング本と言い、着実に積読が増えてきているな。。。


スポンサーリンク

関連記事

adskShaderSDK
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
HD画質の無駄遣い
動的なメモリの扱い
WinSCP
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
線画を遠近法で描く
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
タマムシっぽい質感
マルコフ連鎖モンテカルロ法
自分のスキルセット
UnityからROSを利用できる『ROS#』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OANDAのfxTrade API
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
3Dグラフィックスの入門書
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
クラスの基本
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Open Shading Language (OSL)
Unreal Engineの薄い本
まだ続くブログの不調
AfterEffectsプラグイン開発
参考書
pythonもかじってみようかと
ブログが1日ダウンしてました
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
OpenGVのライブラリ構成
サンプルコードにも間違いはある?

コメント