書籍『ROSプログラミング』

4月になって書籍「ROSプログラミング」が発売された。ROSの日本語書籍としては2冊目ですね。(同人誌無料のPDF電子書籍を除く)

ROSプログラミング

ROS関係の日本語情報はまだ少ないのですぐに買ってしまう。


スポンサーリンク


まだ最初の章を読んでいる段階ではあるけど、少し前に出た「ROSではじめるロボットプログラミング」が演習を中心としたチュートリアル本だったのに対し、この書籍はかなりガチでROSの仕組みの解説から入っている。やや論文寄りの堅い文体や構成が教科書っぽい雰囲気。

ROSではじめるロボットプログラミング―フリーのロボット用「フレームワーク」 (I・O BOOKS)

ROSではじめるロボットプログラミングは難しい記述を極力避けた構成だったのに対し、この書籍はもっと細かい部分も一つ一つ説明を積み上げて進んでいく。この一冊と+αの調べ物でかなり周辺知識も身に着くのではないでしょうか。

逆に言うと、ベースとなる情報系の知識があまり無い人にとってはちょっととっつきにくい内容かもしれない。読み進めるハードルが高いというか、かなりかじりついて読むガッツが無いと挫折しそうな気がします。

さて、オイラ自身が最後まで読み切れるだろうか。ディープラーニング本と言い、着実に積読が増えてきているな。。。


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
UnityのAR FoundationでARKit 3
自前のShaderがおかしい件
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
WordPressプラグインの作り方
自分を育てる技術
C++の抽象クラス
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
動的なメモリの扱い
Iterator
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
OpenCV
それぞれの媒質の屈折率
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
深海魚
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
スクレイピング
機械学習手法『Random Forest』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
MRenderUtil::raytrace
すてる英語学習本『ずるいえいご』
3Dグラフィックスの入門書
この本読むよ
AfterEffectsプラグイン開発
Google App EngineでWordPress
自前Shaderの件 解決しました
線画を遠近法で描く
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Konashiを買った
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』

コメント