OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ

学生の頃は、CG系のプログラミングと言えば全て自前実装するものだと思っていた。
ライブラリなんて何にも知らず、レンダラを作るためにMeshデータの構造から全部(Javaで)自前実装してました。画像ファイルの読み込み機能すら自作しちゃってた。良い勉強になったけどね。
当時は「世界トップレベルのCG研究者達は全部自前でプログラム書いてるんだスゲー」なんて思ってました。

会社に入って仕事で画像処理を扱うようになり、OpenCVを触るようになってから、「当たり前の機能」は自前実装する必要が無いことを知った。

ちょっと前置きが長くなったけど、CG系でも同じように、当たり前の機能・構造はライブラリがあるんだろうなぁ、と思って調べたらこれを見つけた↓

OpenMesh



OpenMeshは、ポリゴンメッシュを表現、操作するための汎用的で効率的なデータ構造を備えています。OpenMeshはアーヘン工科大学のコンピュータグラフィックスグループが開発したものです。このプロジェクトはドイツ連邦教育・研究省(BMBF)の出資を受けています。

このライブラリは、以下の理念に基づいて設計されています:


スポンサーリンク
  1. 柔軟性:改造しなくても多くの異なるアルゴリズムの原理が利用できる。
  2. 効率性:メモリの使用を極力抑え、高速処理を実現する。
  3. 使いやすさ:複雑な内部構造を使いやすいインターフェイスで隠蔽する。

最新版は三条項BSDライセンス(修正BSDライセンス)。つまり、「無保証」であることの明記と、再頒布の際に著作権およびライセンス条文を表示が必要。


スポンサーリンク

OpenMeshの各コンポーネント間の相互関係を示した図↓



このライブラリ、流行っているかどうかは良くわからないです。日本語で記事書いているのはこちらの方のブログぐらい↓
http://www.cloud.teu.ac.jp/public/MDF/toudouhk/blog/2015/04/10/OpenMesh/

追記:Qiitaに記事がアップされた↓
https://qiita.com/shohirose/items/d92447fcc07a623ebf24

CG系の人は普段何を使ってるんでしょうね。CGALとか?

会社員になってからというもの、何かプログラムを書くにしても既存のライブラリありきで実装プランを考えることが多くなった。


スポンサーリンク

関連記事

Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
定数
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Raspberry Pi 2を買いました
pythonもかじってみようかと
Maya API Reference
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
Blenderでよく使うaddon
Raspberry Pi
3DCG Meetup #4に行ってきた
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
仮面ライダークウガ 20周年
UnityでOpenCVを使うには?
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ZBrushのZScript入門
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!

コメント