OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ

学生の頃は、CG系のプログラミングと言えば全て自前実装するものだと思っていた。
ライブラリなんて何にも知らず、レンダラを作るためにMeshデータの構造から全部(Javaで)自前実装してました。画像ファイルの読み込み機能すら自作しちゃってた。良い勉強になったけどね。
当時は「世界トップレベルのCG研究者達は全部自前でプログラム書いてるんだスゲー」なんて思ってました。

会社に入って仕事で画像処理を扱うようになり、OpenCVを触るようになってから、「当たり前の機能」は自前実装する必要が無いことを知った。

ちょっと前置きが長くなったけど、CG系でも同じように、当たり前の機能・構造はライブラリがあるんだろうなぁ、と思って調べたらこれを見つけた↓

OpenMesh



OpenMeshは、ポリゴンメッシュを表現、操作するための汎用的で効率的なデータ構造を備えています。OpenMeshはアーヘン工科大学のコンピュータグラフィックスグループが開発したものです。このプロジェクトはドイツ連邦教育・研究省(BMBF)の出資を受けています。

このライブラリは、以下の理念に基づいて設計されています:


スポンサーリンク
  1. 柔軟性:改造しなくても多くの異なるアルゴリズムの原理が利用できる。
  2. 効率性:メモリの使用を極力抑え、高速処理を実現する。
  3. 使いやすさ:複雑な内部構造を使いやすいインターフェイスで隠蔽する。

最新版は三条項BSDライセンス(修正BSDライセンス)。つまり、「無保証」であることの明記と、再頒布の際に著作権およびライセンス条文を表示が必要。


スポンサーリンク

OpenMeshの各コンポーネント間の相互関係を示した図↓



このライブラリ、流行っているかどうかは良くわからないです。日本語で記事書いているのはこちらの方のブログぐらい↓
http://www.cloud.teu.ac.jp/public/MDF/toudouhk/blog/2015/04/10/OpenMesh/

追記:Qiitaに記事がアップされた↓
https://qiita.com/shohirose/items/d92447fcc07a623ebf24

CG系の人は普段何を使ってるんでしょうね。CGALとか?

会社員になってからというもの、何かプログラムを書くにしても既存のライブラリありきで実装プランを考えることが多くなった。


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry Pi
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
自前Shaderの件 解決しました
WebGL開発に関する情報が充実してきている
サンプルコードにも間違いはある?
あの頃で止まった時間
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
2015年10月21日
生物の骨格
仮面ライダークウガ 20周年
ZBrushの作業環境を見直す
『帰ってきたウルトラマンの世界』展
Adobe Photoshop CS5の新機能
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
3DCG Meetup #4に行ってきた
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Unite 2014の動画
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
OpenGVのライブラリ構成
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Raspberry PiでIoTごっこ
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
SIGGRAPH Asia
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Blender 2.8がついに正式リリース!
動画配信ぐらい当たり前の時代
マイケル・ベイの動画の感覚

コメント