書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』

またちょっとした思い出話。

まだハリウッドでもCGじゃなくて、ミニチュアで素材を撮って合成するSFXが全盛だった頃、ジョージルーカス率いるILM(Industrial Light & Magic)を扱ったメイキング書籍がいくつか出ていた。
このジョージ・ルーカスのSFX工房もその1つ。この本とは小学生の頃に図書館で出会った。原著は”Industrial Light & Magic: The Art of Special Effects“で1987年刊行。



これについて語るには、オイラが特撮屋ワナビーであったことを告白しなければならない。オイラは小学生の頃から、特撮の仕事に憧れ、特撮の情報に飢えていたのだ。そんな時に図書館でこの本を見つけた。


スポンサーリンク


造形のデザインが完成へ向かう過程や、宇宙船のミニチュアの電飾方法、モーションコントロールカメラ、マットペインティング、オプティカル合成など、当時のILMの技術の詳しく紹介した内容だった。

その中に、ミニチュアの爆発を撮影する際、カメラのシャッタースピードを決定する目安を求める計算式が載っていた。平方根が含まれたその計算式は、まだ算数しか習っていなかった当時のオイラには、すごく背伸びをした知的な情報に見えた。まあ、今見るとすごく単純な式で、最近のCGの物理シミュレーションで出てくる流体力学の方程式の方が遥かに難しいけど。
そもそも、オイラはそんなシャッタースピードを調節できるカメラなんて持ってはいなかったのに、何故かメモした記憶がある。

後にこのジョージ・ルーカスのSFX工房は、大学生の頃に紀伊国屋の一掃セールで見かけて購入したのである。

この手の海外のSFXメイキング本だと、平成ゴジラVSシリーズの特技監督でお馴染みの川北紘一が監訳した「特撮 クリエイト ハンドブック」という訳本もあった。メチャクチャ読みにくい日本語だったけど。さすがにこれはAmazonでは買えないみたいね。

特撮クリエイトハンドブック

そして時代は流れ、特撮(SFX)はVFXへと変わっていった。
今ではオプティカル合成はデジタル合成に置き換わり、ILMもCGがメインのVFX会社となった。ILMもずば抜けた会社ではなくなり、数ある大手VFX会社の1つという存在になった印象。

当時のSFX技術も、今では「アナログ」なんて呼ばれて伝統芸能みたいなポジジョンになりつつある。その辺をカバーした純和製の書籍が出てはいる。



スポンサーリンク

関連記事

仮面ライダークウガ 20周年
最近思ったこと
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
『風の谷のナウシカ』を映画館で観た
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
スクラッチとマッシュアップ
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
今の自分の改善点
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
キャリアの振り返り
書籍『具体と抽象』読了
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ULTRA-ACT×S.H.Figuarts 『ULTRAMAN』が2015年7月31日発売
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
感じたことを言語化する
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
かっこいい大人にはなれなかったけど
大ゴジラ特撮展
ウルトラマンシリーズもAmazonプライム・ビデオで観れるようになった!
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
サンダーバード ARE GO
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
ガメラ生誕50周年
そのアプローチは帰納的か演繹的か
第1回 ゴジラ検定を受けました
他人に水面下の苦労は見えない
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
海外ドラマのChromaKey
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
2015年10月21日

コメント