書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』

またちょっとした思い出話。

まだハリウッドでもCGじゃなくて、ミニチュアで素材を撮って合成するSFXが全盛だった頃、ジョージルーカス率いるILM(Industrial Light & Magic)を扱ったメイキング書籍がいくつか出ていた。
このジョージ・ルーカスのSFX工房もその1つ。この本とは小学生の頃に図書館で出会った。原著は”Industrial Light & Magic: The Art of Special Effects“で1987年刊行。



これについて語るには、オイラが特撮屋ワナビーであったことを告白しなければならない。オイラは小学生の頃から、特撮の仕事に憧れ、特撮の情報に飢えていたのだ。そんな時に図書館でこの本を見つけた。


スポンサーリンク


造形のデザインが完成へ向かう過程や、宇宙船のミニチュアの電飾方法、モーションコントロールカメラ、マットペインティング、オプティカル合成など、当時のILMの技術の詳しく紹介した内容だった。

その中に、ミニチュアの爆発を撮影する際、カメラのシャッタースピードを決定する目安を求める計算式が載っていた。平方根が含まれたその計算式は、まだ算数しか習っていなかった当時のオイラには、すごく背伸びをした知的な情報に見えた。まあ、今見るとすごく単純な式で、最近のCGの物理シミュレーションで出てくる流体力学の方程式の方が遥かに難しいけど。
そもそも、オイラはそんなシャッタースピードを調節できるカメラなんて持ってはいなかったのに、何故かメモした記憶がある。

後にこのジョージ・ルーカスのSFX工房は、大学生の頃に紀伊国屋の一掃セールで見かけて購入したのである。

この手の海外のSFXメイキング本だと、平成ゴジラVSシリーズの特技監督でお馴染みの川北紘一が監訳した「特撮 クリエイト ハンドブック」という訳本もあった。メチャクチャ読みにくい日本語だったけど。さすがにこれはAmazonでは買えないみたいね。

特撮クリエイトハンドブック

そして時代は流れ、特撮(SFX)はVFXへと変わっていった。
今ではオプティカル合成はデジタル合成に置き換わり、ILMもCGがメインのVFX会社となった。ILMもずば抜けた会社ではなくなり、数ある大手VFX会社の1つという存在になった印象。

当時のSFX技術も、今では「アナログ」なんて呼ばれて伝統芸能みたいなポジジョンになりつつある。その辺をカバーした純和製の書籍が出てはいる。



スポンサーリンク

関連記事

2012のメイキングまとめ(途中)
実写版『進撃の巨人』を観た (ネタバレあり)
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
読書は趣味か?
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ゴジラ(2014)のメイキング
海外ドラマのChromaKey
Windows←切替→Mac
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
書籍『天才を殺す凡人』読了
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
タマムシ
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
皆声.jp
HD画質の無駄遣い その2
マジョーラ
10月の振り返り
まだまだ続く空想科学読本
デザインのリファイン再び
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
アスペルガー症候群 WEB自己診断
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
9月の振り返り
機械から情報の時代へ
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
自分の性質
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
手軽な娯楽
企画とエンジニア 時間感覚の違い
Mr.ビーン
瞬発力の時代
ジュラシック・パークのメイキング
ゴジラの日
HerokuでMEAN stack
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
まるで成長していない
豚インフルエンザ
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!

コメント