マルコフ連鎖モンテカルロ法

マルコフ連鎖モンテカルロ法(Markov chain Monte Carlo methods)は略してMCMCなんて呼ぶみたい。

マルコフ連鎖モンテカルロ法

マルコフ連鎖モンテカルロ法(英: Markov chain Monte Carlo methods、MCMC)とは、求める確率分布を均衡分布として持つマルコフ連鎖を作成することをもとに、確率分布のサンプリングを行うアルゴリズムの総称である。M-H アルゴリズムやギブスサンプリングなどのランダムウォーク法もこれに含まれる。充分に多くの回数の試行を行った後のマルコフ連鎖の状態は求める目標分布の標本として用いられる。試行の回数を増やすとともにサンプルの品質も向上する。

マルコフ連鎖とモンテカルロ法という名称は別々に聞いたことあったけど、1つの単語があるのね。特にモンテカルロ法はレイトレーシング関係でやたらと耳にしたな。


スポンサーリンク


さて、何でマルコフ連鎖モンテカルロ法なんて調べ始めたかというと、ベイズ統計とかを勉強しようと思ったら、PyMCっていうPythonのライブラリの情報が出てきて、MCって何か調べてたらMCMCに行き着いたのだ。


スポンサーリンク

これはこれで後で勉強することにしよう。(勉強することがどんどん増えるね。)

ベイズ理論に関しては、画像認識系で割と頻繁に出てくるベイズってやつを知りたくて、超入門書を手に取ったわけです。以前、広島大学の玉木先生のUdemyについて書いたけど、オイラにはもっとライトな情報が必要だったわけです。

図解・ベイズ統計「超」入門 あいまいなデータから未来を予測する技術 (サイエンス・アイ新書)

そもそも統計もあんまり詳しくなかったけど、統計にも種類というか、主義の派閥(?)があって、頻度主義とベイズ主義ってのがあるらしい。高校までで習う統計は頻度主義の方。ベイズ主義の統計って、まだ大学でもあんまり教養として教えていないらしい。ベイズ主義の人をベイジアンって呼んだりするらしいけど、ベイズ統計をマスターしてるってことは教養レベルではなくて、実践で使ってる人達ってことだよな。


スポンサーリンク

関連記事

Seleniumを使ったFXや株の自動取引
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
機械学習で遊ぶ
オープンソースの取引プラットフォーム
仮想関数
ニューラルネットワークで画像分類
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
スクレイピング
Google App Engineのデプロイ失敗
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ROSでガンダムを動かす
WinSCP
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
統計学に入門したい
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
手を動かしながら学ぶデータマイニング
ROSの薄い本
ブログのデザイン変えました
Model View Controller
C++始めようと思うんだ
Google Chromecast
Python2とPython3
動的なメモリの扱い
3Dグラフィックスの入門書
Verilog HDL
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた

コメント