GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン

Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。



と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。
BlenderのレンダラーEeveeとCyclesがなかなか優秀で、無料でここまで高品質なレンダラが利用できるなら使い倒さない手はない。

一方、ZBrushにはもともと他のツールと連携するためのGoZという機能があり、MayaやPhotoshopなど主要なツールに対応しているけど、Blenderには公式に対応していない。
そこで、JoseConsecoさんが開発したGoBを使うとZBrushとBlender間でGoZ機能が使えるらしい↓

GoB

GoZのように簡単にZBrush↔Blender間の連携ができるツールです。

特徴

以下の情報を転送できます:

  • オブジェクト (meshのみ)
  • ポリペイント
  • UV
  • マスク
  • ポリグループ
  • ディフューズマップ
  • ノーマルマップ
  • ディスプレイスメントマップ

こちらからダウンロード↓
https://github.com/JoseConseco/GoB/releases


スポンサーリンク


で、オイラも以下の環境で試してみた↓

Blenderは64bitのzipを任意のディレクトリに展開してインストールしたもの。

GoBのインストールはGoBのReadmeに従いつつ、こちらの記事も参考にした↓
https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/11/15/000808

以下はGoBのReadme記載のInstallationの日本語訳↓

インストール方法

1. BlenderにGoBアドオンをインストール(後述の「Blenderの設定」手順)し、アクティベートする。

2. Blenderフォルダを以下のパスにあるGoZAppsフォルダに配置する:

  • Windows: C:/Users/Public/Pixologic/GoZApps
  • Macintosh: /Users/Shared/Pixologic/GoZApps

3. GoZ_for_ZBrush_Installer_WINを実行し、GoZを再インストールする。
インストーラーの場所:C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2019\Troubleshoot Help\

4. ZBrushを起動し、GoZを実行してBlenderのインストール場所を選ぶ。

Blenderの設定

注意:もし古いバージョンのGoBがインストールされている場合は、次の手順に進む前にAddonパネルから古いバージョンを削除してください。
GitHubからGoBのzipファイルをダウンロードすると、zipファイルの名前とzip内のルートフォルダが変わってしまいます。ダウンロードしたzipファイルの名前とルートフォルダの名前を”GoB”に修正して下さい。修正後のアドオンのパスは以下のようになります:
C:\Users\XXXXX\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\2.80\scripts\addons*GoB*

1. BlenderでAddonパネルを開き、下の方にある’Install From Files…’ボタンをクリックしてください。GoB.zipファイルを選択するとアドオンが適切なフォルダにインストールされます。

2. GoBのボックスにチェックを入れ、Preferencesを保存します。これでBlender起動時にGoBが有効になります。ヘッダー(Blenderの画面上部)にオートローディングを有効にするためのインポートアイコンが表示されていることを確認して下さい。

使い方

このアドオンは、Blenderのtop infoパネルにImportとExportの2つのアイコンを追加します:


スポンサーリンク
  • Exportアイコンをクリックすると、選択したmeshをZBrushへエクスポートすることができます。
  • Importアイコンをクリックすると、オートローディングモードが有効になります。最新のオブジェクトがGoZからインポートされます。

おい、インストール方法3以降はWindows環境の手順しか説明が書いてないぞ(笑)

最初インストールした時は、BlenderからZBrushへのエクスポートが動くのに、ZBrushからBlenderへのインポートが動かなかった。何度かインストールをやり直したら双方が動くようになった。





https://3dtotal.jp/tutorials/25942/



2020年5月 追記:大和 司さんがBoothでGoBアシストツールの公開されました。



https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-manual
https://3dnchu.com/archives/gob-assistant-tool/



https://www.yamato-tsukasa.com/entry/gob-assistant-v2-manual


スポンサーリンク

関連記事

Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
サンプルコードにも間違いはある?
Google App Engineのデプロイ失敗
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Unite 2014の動画
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushCore
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Python2とPython3
CGのためのディープラーニング
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
HD画質の無駄遣い その2
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
この本読むよ
『ピクサー展』へ行ってきた
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)

コメント