GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン

Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。



と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。
BlenderのレンダラーEeveeとCyclesがなかなか優秀で、無料でここまで高品質なレンダラが利用できるなら使い倒さない手はない。

一方、ZBrushにはもともと他のツールと連携するためのGoZという機能があり、主要なツールに対応しているけどBlenderには公式に対応していない。
そこで、JoseConsecoさんが開発したGoBを使うとZBrushとBlender間でGoZ機能が使えるらしい↓

GoB

GoZのように簡単にZBrush↔Blender間の連携ができるツールです。

特徴

以下の情報を転送できます:

  • オブジェクト (meshのみ)
  • ポリペイント
  • UV
  • マスク
  • ポリグループ
  • ディフューズマップ
  • ノーマルマップ
  • ディスプレイスメントマップ

こちらからダウンロード↓
https://github.com/JoseConseco/GoB/releases


スポンサーリンク


で、オイラも以下の環境で試してみた↓

Blenderは64bitのzipを任意のディレクトリに展開してインストールしたもの。

GoBのインストールはGoBのReadmeに従いつつ、こちらの記事も参考にした↓
https://www.yamato-tsukasa.com/entry/2019/11/15/000808

以下はGoBのReadme記載のInstallationの日本語訳↓

インストール方法

1. BlenderにGoBアドオンをインストール(後述の「Blenderの設定」手順)し、アクティベートする。

2. Blenderフォルダを以下のパスにあるGoZAppsフォルダに配置する:

  • Windows: C:/Users/Public/Pixologic/GoZApps
  • Macintosh: /Users/Shared/Pixologic/GoZApps

3. GoZ_for_ZBrush_Installer_WINを実行し、GoZを再インストールする。
インストーラーの場所:C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2019\Troubleshoot Help\

4. ZBrushを起動し、GoZを実行してBlenderのインストール場所を選ぶ。


スポンサーリンク

Blenderの設定

注意:もし古いバージョンのGoBがインストールされている場合は、次の手順に進む前にAddonパネルから古いバージョンを削除してください。
GitHubからGoBのzipファイルをダウンロードすると、zipファイルの名前とzip内のルートフォルダが変わってしまいます。ダウンロードしたzipファイルの名前とルートフォルダの名前を”GoB”に修正して下さい。修正後のアドオンのパスは以下のようになります:
C:\Users\XXXXX\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\2.80\scripts\addons*GoB*

1. BlenderでAddonパネルを開き、下の方にある’Install From Files…’ボタンをクリックしてください。GoB.zipファイルを選択するとアドオンが適切なフォルダにインストールされます。

2. GoBのボックスにチェックを入れ、Preferencesを保存します。これでBlender起動時にGoBが有効になります。ヘッダー(Blenderの画面上部)にオートローディングを有効にするためのインポートアイコンが表示されていることを確認して下さい。

使い方

このアドオンは、Blenderのtop infoパネルにImportとExportの2つのアイコンを追加します:

  • Exportアイコンをクリックすると、選択したmeshをZBrushへエクスポートすることができます。
  • Importアイコンをクリックすると、オートローディングモードが有効になります。最新のオブジェクトがGoZからインポートされます。

最初インストールした時は、BlenderからZBrushへのエクスポートが動くのに、ZBrushからBlenderへのインポートが動かなかった。何度かインストールをやり直したら双方が動くようになった。





スポンサーリンク

関連記事

世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ディープラーニング
ZBrushの作業環境を見直す
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
HD画質の無駄遣い その2
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
pythonもかじってみようかと
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ラクガキの立体化 胴体の追加
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushトレーニング
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
UnityのGlobal Illumination
Houdiniのライセンスの種類
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrush 2018での作業環境を整える
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
MFnDataとMFnAttribute
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
UnityのAR FoundationでARKit 3
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Google App Engineのデプロイ失敗
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
3Dグラフィックスの入門書
SIGGRAPH Asia

コメント