Open Shading Language (OSL)

syoyoさんに教えてもらったオープンソースプロジェクトの1つ→Open Shading Languageにある説明の適当翻訳↓

Open Shading Language (OSL)は小規模ながら、先進的なレンダラーや他のアプリケーションでのShaderプログラミングに適した言語であり、マテリアル、ライト、ディスプレイスメント、パターン生成等の記述にも理想的です。

OSLの特徴やより詳しい概要、現在のプロジェクト状況、今後のロードマップはこちらの説明をお読みください。また、OSLの仕様書はこちらからダウンロードできます。

OSLプロジェクトは、OSLからバイトコードのような中間アセンブリへ翻訳するコンパイラ、OSLのShaderを点の集合上でSIMD演算によって実行するインタプリタ、広範にわたる標準的なShaderの関数ライブラリ等を含む統合環境です。これらはすべて、簡単なC++ APIのライブラリとして用意されており、既存のレンダラー、コンポジットソフト、可視化ツールやその他のアプリケーションへ簡単に統合することができます。さらに、ソースコードはレンダラ固有の拡張・修正機能、GPUに変換するためのカスタムback-ends、その他の特殊なハードウェアにあわせて簡単にカスタマイズすることが可能です。

OSLはソニーピクチャーズイメージワークスが社内のレンダラで長編映画、アニメーションや視覚効果に使用するために開発しました。OSLの言語仕様は、使用を希望する他の視覚効果・アニメーションスタジオの意見も取り入れて開発されました。


スポンサーリンク

知識不足により一部うまく訳せてないけど…

調べてみると、これは2009年の夏に公開された5つのプロジェクトの1つらしい。以下Webニュース記事の要約

Open Source Imageworks
Sony Pictures Digital Productionsの子会社であるSony Pictures Imageworksはコンピュータグラフィックス分野向けの開発ツールやライブラリを公開した。
公開したのは、3DのCGソフト「Maya」向けのカメラマスキング用プラグイン「Maya Reticule」、レンダリング用のプログラマブルシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」、ボクセル(voxel)データストレージライブラリ「Field3d」、データベースマイグレーションツール「Scala Migration」、PythonライクなC++ストリング処理ライブラリ「Pystring」の5つ。
同社ではこれまで運用環境などでLinuxなどオープンソース技術を利用しており、今回のオープンソースプロジェクトにより技術をコミュニティに還元するとしている。オープンソースにすることでコミュニティを構築し、コードの採用と改良を促進する狙い。
5つのプロジェクトの詳細情報は専用サイトから入手できる。ライセンスはNew BSD Licenseを採用した。

とりあえずグループに参加してしばらくROMるつもり。(仕様書にあるExampleから学ぼうと思ったらまだ項目だけで白紙だった)
syoyoさんに教えてもらったもう1つのオープンソースプロジェクトLuxrenderも調べてみるつもり。


スポンサーリンク

関連記事

Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenMayaのPhongShaderクラス
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushでカスタムUIを設定する
オーバーロードとオーバーライド
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
無料で使える人体3DCG作成ツール
ラクガキの立体化 胴体の追加
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
OpenCVで動画の手振れ補正
Ambient Occlusionを解析的に求める
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ゴジラの造形
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
3Dグラフィックスの入門書
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OpenCV
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ファンの力
Mayaのプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
なんかすごいサイト
ラクガキの立体化 反省
布のモデリング
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

コメント