Open Shading Language (OSL)

syoyoさんに教えてもらったオープンソースプロジェクトの1つ→Open Shading Languageにある説明の適当翻訳↓

Open Shading Language (OSL)は小規模ながら、先進的なレンダラーや他のアプリケーションでのShaderプログラミングに適した言語であり、マテリアル、ライト、ディスプレイスメント、パターン生成等の記述にも理想的です。

OSLの特徴やより詳しい概要、現在のプロジェクト状況、今後のロードマップはこちらの説明をお読みください。また、OSLの仕様書はこちらからダウンロードできます。

OSLプロジェクトは、OSLからバイトコードのような中間アセンブリへ翻訳するコンパイラ、OSLのShaderを点の集合上でSIMD演算によって実行するインタプリタ、広範にわたる標準的なShaderの関数ライブラリ等を含む統合環境です。これらはすべて、簡単なC++ APIのライブラリとして用意されており、既存のレンダラー、コンポジットソフト、可視化ツールやその他のアプリケーションへ簡単に統合することができます。さらに、ソースコードはレンダラ固有の拡張・修正機能、GPUに変換するためのカスタムback-ends、その他の特殊なハードウェアにあわせて簡単にカスタマイズすることが可能です。

OSLはソニーピクチャーズイメージワークスが社内のレンダラで長編映画、アニメーションや視覚効果に使用するために開発しました。OSLの言語仕様は、使用を希望する他の視覚効果・アニメーションスタジオの意見も取り入れて開発されました。


スポンサーリンク

知識不足により一部うまく訳せてないけど…

調べてみると、これは2009年の夏に公開された5つのプロジェクトの1つらしい。以下Webニュース記事の要約

Open Source Imageworks
Sony Pictures Digital Productionsの子会社であるSony Pictures Imageworksはコンピュータグラフィックス分野向けの開発ツールやライブラリを公開した。
公開したのは、3DのCGソフト「Maya」向けのカメラマスキング用プラグイン「Maya Reticule」、レンダリング用のプログラマブルシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」、ボクセル(voxel)データストレージライブラリ「Field3d」、データベースマイグレーションツール「Scala Migration」、PythonライクなC++ストリング処理ライブラリ「Pystring」の5つ。
同社ではこれまで運用環境などでLinuxなどオープンソース技術を利用しており、今回のオープンソースプロジェクトにより技術をコミュニティに還元するとしている。オープンソースにすることでコミュニティを構築し、コードの採用と改良を促進する狙い。
5つのプロジェクトの詳細情報は専用サイトから入手できる。ライセンスはNew BSD Licenseを採用した。

とりあえずグループに参加してしばらくROMるつもり。(仕様書にあるExampleから学ぼうと思ったらまだ項目だけで白紙だった)
syoyoさんに教えてもらったもう1つのオープンソースプロジェクトLuxrenderも調べてみるつもり。


スポンサーリンク

関連記事

Photogrammetry (写真測量法)
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
なんかすごいサイト
Unite 2014の動画
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
布地のシワの法則性
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Oculus Goを購入!
UnityでOpenCVを使うには?
自前のShaderがおかしい件
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
色んな三面図があるサイト
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ZBrushで基本となるブラシ
ZBrush 4R7
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushのお勉強
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ゴジラ三昧
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Blenderでよく使うaddon
ニューラルネットワークで画像分類
OpenGVのライブラリ構成
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
タマムシっぽい質感
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
クラスの基本

コメント