Open Shading Language (OSL)

syoyoさんに教えてもらったオープンソースプロジェクトの1つ→Open Shading Languageにある説明の適当翻訳↓

Open Shading Language (OSL)は小規模ながら、先進的なレンダラーや他のアプリケーションでのShaderプログラミングに適した言語であり、マテリアル、ライト、ディスプレイスメント、パターン生成等の記述にも理想的です。

OSLの特徴やより詳しい概要、現在のプロジェクト状況、今後のロードマップはこちらの説明をお読みください。また、OSLの仕様書はこちらからダウンロードできます。

OSLプロジェクトは、OSLからバイトコードのような中間アセンブリへ翻訳するコンパイラ、OSLのShaderを点の集合上でSIMD演算によって実行するインタプリタ、広範にわたる標準的なShaderの関数ライブラリ等を含む統合環境です。これらはすべて、簡単なC++ APIのライブラリとして用意されており、既存のレンダラー、コンポジットソフト、可視化ツールやその他のアプリケーションへ簡単に統合することができます。さらに、ソースコードはレンダラ固有の拡張・修正機能、GPUに変換するためのカスタムback-ends、その他の特殊なハードウェアにあわせて簡単にカスタマイズすることが可能です。

OSLはソニーピクチャーズイメージワークスが社内のレンダラで長編映画、アニメーションや視覚効果に使用するために開発しました。OSLの言語仕様は、使用を希望する他の視覚効果・アニメーションスタジオの意見も取り入れて開発されました。


スポンサーリンク

知識不足により一部うまく訳せてないけど…

調べてみると、これは2009年の夏に公開された5つのプロジェクトの1つらしい。以下Webニュース記事の要約

Open Source Imageworks
Sony Pictures Digital Productionsの子会社であるSony Pictures Imageworksはコンピュータグラフィックス分野向けの開発ツールやライブラリを公開した。
公開したのは、3DのCGソフト「Maya」向けのカメラマスキング用プラグイン「Maya Reticule」、レンダリング用のプログラマブルシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」、ボクセル(voxel)データストレージライブラリ「Field3d」、データベースマイグレーションツール「Scala Migration」、PythonライクなC++ストリング処理ライブラリ「Pystring」の5つ。
同社ではこれまで運用環境などでLinuxなどオープンソース技術を利用しており、今回のオープンソースプロジェクトにより技術をコミュニティに還元するとしている。オープンソースにすることでコミュニティを構築し、コードの採用と改良を促進する狙い。
5つのプロジェクトの詳細情報は専用サイトから入手できる。ライセンスはNew BSD Licenseを採用した。

とりあえずグループに参加してしばらくROMるつもり。(仕様書にあるExampleから学ぼうと思ったらまだ項目だけで白紙だった)
syoyoさんに教えてもらったもう1つのオープンソースプロジェクトLuxrenderも調べてみるつもり。


スポンサーリンク

関連記事

Stanford Bunny
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Unreal Engineの薄い本
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
サンプルコードにも間違いはある?
シン・ゴジラのファンアート
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
MRenderUtil::raytrace
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
ラクガキの立体化 目標設定
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ラクガキの立体化
ニューラルネットワークで画像分類
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ラクガキの立体化 進捗
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
ZBrushのUV MasterでUV展開
AfterEffectsプラグイン開発
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ガメラ生誕50周年

コメント