Open Shading Language (OSL)

syoyoさんに教えてもらったオープンソースプロジェクトの1つ→Open Shading Languageにある説明の適当翻訳↓

Open Shading Language (OSL)は小規模ながら、先進的なレンダラーや他のアプリケーションでのShaderプログラミングに適した言語であり、マテリアル、ライト、ディスプレイスメント、パターン生成等の記述にも理想的です。

OSLの特徴やより詳しい概要、現在のプロジェクト状況、今後のロードマップはこちらの説明をお読みください。また、OSLの仕様書はこちらからダウンロードできます。

OSLプロジェクトは、OSLからバイトコードのような中間アセンブリへ翻訳するコンパイラ、OSLのShaderを点の集合上でSIMD演算によって実行するインタプリタ、広範にわたる標準的なShaderの関数ライブラリ等を含む統合環境です。これらはすべて、簡単なC++ APIのライブラリとして用意されており、既存のレンダラー、コンポジットソフト、可視化ツールやその他のアプリケーションへ簡単に統合することができます。さらに、ソースコードはレンダラ固有の拡張・修正機能、GPUに変換するためのカスタムback-ends、その他の特殊なハードウェアにあわせて簡単にカスタマイズすることが可能です。

OSLはソニーピクチャーズイメージワークスが社内のレンダラで長編映画、アニメーションや視覚効果に使用するために開発しました。OSLの言語仕様は、使用を希望する他の視覚効果・アニメーションスタジオの意見も取り入れて開発されました。


スポンサーリンク

知識不足により一部うまく訳せてないけど…

調べてみると、これは2009年の夏に公開された5つのプロジェクトの1つらしい。以下Webニュース記事の要約

Open Source Imageworks
Sony Pictures Digital Productionsの子会社であるSony Pictures Imageworksはコンピュータグラフィックス分野向けの開発ツールやライブラリを公開した。
公開したのは、3DのCGソフト「Maya」向けのカメラマスキング用プラグイン「Maya Reticule」、レンダリング用のプログラマブルシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」、ボクセル(voxel)データストレージライブラリ「Field3d」、データベースマイグレーションツール「Scala Migration」、PythonライクなC++ストリング処理ライブラリ「Pystring」の5つ。
同社ではこれまで運用環境などでLinuxなどオープンソース技術を利用しており、今回のオープンソースプロジェクトにより技術をコミュニティに還元するとしている。オープンソースにすることでコミュニティを構築し、コードの採用と改良を促進する狙い。
5つのプロジェクトの詳細情報は専用サイトから入手できる。ライセンスはNew BSD Licenseを採用した。

とりあえずグループに参加してしばらくROMるつもり。(仕様書にあるExampleから学ぼうと思ったらまだ項目だけで白紙だった)
syoyoさんに教えてもらったもう1つのオープンソースプロジェクトLuxrenderも調べてみるつもり。


スポンサーリンク

関連記事

イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
アニゴジ関連情報
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Unityをレンダラとして活用する
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
生物の骨格
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
立体視を試してみた
ZBrushトレーニング
ZBrush 2018へのアップグレード
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
C++の抽象クラス
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
MRenderUtil::raytrace
素敵なパーティクル
今年もSSII
Maya API Reference
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ファンの力
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...

コメント