Open Shading Language (OSL)

syoyoさんに教えてもらったオープンソースプロジェクトの1つ→Open Shading Languageにある説明の適当翻訳↓

Open Shading Language (OSL)は小規模ながら、先進的なレンダラーや他のアプリケーションでのShaderプログラミングに適した言語であり、マテリアル、ライト、ディスプレイスメント、パターン生成等の記述にも理想的です。

OSLの特徴やより詳しい概要、現在のプロジェクト状況、今後のロードマップはこちらの説明をお読みください。また、OSLの仕様書はこちらからダウンロードできます。

OSLプロジェクトは、OSLからバイトコードのような中間アセンブリへ翻訳するコンパイラ、OSLのShaderを点の集合上でSIMD演算によって実行するインタプリタ、広範にわたる標準的なShaderの関数ライブラリ等を含む統合環境です。これらはすべて、簡単なC++ APIのライブラリとして用意されており、既存のレンダラー、コンポジットソフト、可視化ツールやその他のアプリケーションへ簡単に統合することができます。さらに、ソースコードはレンダラ固有の拡張・修正機能、GPUに変換するためのカスタムback-ends、その他の特殊なハードウェアにあわせて簡単にカスタマイズすることが可能です。

OSLはソニーピクチャーズイメージワークスが社内のレンダラで長編映画、アニメーションや視覚効果に使用するために開発しました。OSLの言語仕様は、使用を希望する他の視覚効果・アニメーションスタジオの意見も取り入れて開発されました。


スポンサーリンク

知識不足により一部うまく訳せてないけど…

調べてみると、これは2009年の夏に公開された5つのプロジェクトの1つらしい。以下Webニュース記事の要約

Open Source Imageworks
Sony Pictures Digital Productionsの子会社であるSony Pictures Imageworksはコンピュータグラフィックス分野向けの開発ツールやライブラリを公開した。
公開したのは、3DのCGソフト「Maya」向けのカメラマスキング用プラグイン「Maya Reticule」、レンダリング用のプログラマブルシェーディング言語「Open Shading Language(OSL)」、ボクセル(voxel)データストレージライブラリ「Field3d」、データベースマイグレーションツール「Scala Migration」、PythonライクなC++ストリング処理ライブラリ「Pystring」の5つ。
同社ではこれまで運用環境などでLinuxなどオープンソース技術を利用しており、今回のオープンソースプロジェクトにより技術をコミュニティに還元するとしている。オープンソースにすることでコミュニティを構築し、コードの採用と改良を促進する狙い。
5つのプロジェクトの詳細情報は専用サイトから入手できる。ライセンスはNew BSD Licenseを採用した。

とりあえずグループに参加してしばらくROMるつもり。(仕様書にあるExampleから学ぼうと思ったらまだ項目だけで白紙だった)
syoyoさんに教えてもらったもう1つのオープンソースプロジェクトLuxrenderも調べてみるつもり。


スポンサーリンク

関連記事

3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ポリ男からMetaHumanを作る
ZBrushの作業環境を見直す
3DCGのモデルを立体化するサービス
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
サンプルコードにも間違いはある?
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
BlenderのRigifyでリギング
この本読むよ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ガメラ生誕50周年
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
布地のシワの法則性
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
マジョーラ
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushのZScript入門
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ゴジラの造形
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
生物の骨格
ZBrushで基本となるブラシ
PythonでBlenderのAdd-on開発

コメント