ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー

作業メモです。

また随分と時間が空いてしまったZBrushで仮面ライダー3号を造る件ですが、はい、ちっとも進んでいません(笑)
そもそも前回の時点でさっそくつまずいてしまっていたので、リカバー方法を調べていたのです。


左右対称に失敗

前回の作業でマスクの概形を作るはずが、最初の設定を間違えて左右対称が崩れてしまった。
モデリング作業はほとんど進んでいない状態だったから、0から作り直しても大した被害はないのだけど、良い機会なのでこういう場合のリカバー方法を調べた。↓

【ZBrush】左右非対称のモデルをシンメトリー化する方法

左右ズレてしまったモデルを左右対称化するには、ミラーする軸を決めてMirror and Weldを実行すればOK。ただ、サブディビジョン(sDiv)階層があると実行できないので、Del Lowerで下位sDivを削除しておくことが必須。

ということで、さっそく「Mirror and Weld」のボタンを押す。

"Mirror and Weld"はGeometryの中にある

“Mirror and Weld”はGeometryの中にある



おお、頭の形が左右対称になったぞ!
まだ全然進んでいない頭部

まだ全然進んでいない頭部


リファレンス画像の加工

さて、ここで概形を造る際のちょっと小技というか、目標となる形状を上手く捉えるためのTipsを書いておく。
モデリングする際、完全オリジナルでない限りは何かしらの資料写真を用意するわけだけど、ある程度「形状を捉える訓練」を積んでいないと、写真のディティールに引きずられて上手くできないものだ。
そんな場合、Photoshopを使って機械的に写真のディティールをそぎ落としてしまうという手がある。
リファレンス画像に対して


スポンサーリンク

フィルター → ノイズ → 明るさの中間値…

と操作して、ディティールを見えなくしてしまうのです。
そうすると、自ずと全体の形状構成に目が行くようになるので、スカルプト系のモデリングのような「概形から徐々に細部を詰めていく」という対象の見方ができるようになります。

このやり方、何かで読んだテクニックだったような気がするんだけど、ちょっと情報源が思い出せない。もちろんPhotoshopでなくても、画像に対していわゆる「メディアンフィルタ」をかけることができるツールなら何でもいいです。

MacにBootCampで入れたWindowsでのスクリーンショットの撮り方

唐突ですが、オイラの現在のZBrush作業環境がWondows8.1 on Mac + Intuos5なので、スクリーンショットを撮る操作がちょっと混乱する。
忘れないようにメモしておく。ここで押すShiftキーは左側のもの。

fn + shift + F11

作業はちっとも進んでいないけど、そろそろ「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」のBlu-Ray発売日だ。「資料が増える」と前向きに考えておこう。

過去記事

https://blog.negativemind.com/2015/05/03/zbrush-kamen-rider-third-base/
https://blog.negativemind.com/2015/06/21/zbrush-kamen-rider-third-mask/


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い その2
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Stanford Bunny
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
立体視を試してみた
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushトレーニング
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ゴジラ三昧
ZBrushのZScript入門
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Maya LTのQuick Rigを試す
なりきり玩具と未来のガジェット
仮面ライダークウガ 20周年
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ジュラシック・パークのメイキング
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushの作業環境を見直す
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
CreativeCOW.net
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ラクガキの立体化 胴体の追加
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』

コメント