フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

MFnMeshクラスのsplit関数
2012のメイキングまとめ(途中)
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushの作業環境を見直す
SIGGRAPH Asia
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
顔のモデリング
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenMayaRender
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
AfterEffectsプラグイン開発
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
UnityでARKit2.0
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ラクガキの立体化
ラクガキの立体化 反省
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ゴジラの造形
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrush キャラクター&クリーチャー
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し

コメント