フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
BlenderのRigifyでリギング
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
CLO:服飾デザインツール
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ツールの補助で効率的に研究論文を読む
Mayaのシェーディングノードの区分
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushトレーニング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenMayaのPhongShaderクラス
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
参考書
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Maya LTのQuick Rigを試す
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
ZBrush 2018へのアップグレード
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
この連休でZBrushの スキルアップを…
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushで人型クリーチャー
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Blender 2.8がついに正式リリース!
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Maya 2015から標準搭載されたMILA
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
PolyPaint

コメント