フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush キャラクター&クリーチャー
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ラクガキの立体化 反省
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
MeshroomでPhotogrammetry
AfterEffectsプラグイン開発
『ピクサー展』へ行ってきた
タマムシっぽい質感
シン・ゴジラのファンアート
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
アニゴジ関連情報
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
日本でMakersは普及するだろうか?
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
注文してた本が届いた
CreativeCOW.net
CEDEC 3日目
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
HD画質の無駄遣い その2
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
UnityでLight Shaftを表現する
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Adobe Photoshop CS5の新機能
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrush 4R7
天体写真の3D動画
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
iPhone欲しいなぁ
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
TVML (TV program Making language)
ラクガキの立体化 3Dプリント注文

コメント