フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
生物の骨格
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Houdiniのライセンスの種類
素敵なパーティクル
ZBrush 2018へのアップグレード
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
3DCG Meetup #4に行ってきた
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
prosper
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
天体写真の3D動画
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ラクガキの立体化 胴体の追加
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
AfterEffectsプラグイン開発
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ゴジラの造形
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
CGのためのディープラーニング
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
Open Shading Language (OSL)
OpenMayaのPhongShaderクラス
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushCore

コメント