フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Unreal Engineの薄い本
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
『ピクサー展』へ行ってきた
Paul Debevec
マジョーラ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
シン・ゴジラのファンアート
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
なんかすごいサイト
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushトレーニング
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
3DCG Meetup #4に行ってきた
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける

コメント