フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

まあ、有名なツールらしいんで今更な感じですが。

Roadkill UV Tool

Roadkill UV Tool

このRoadkill UV Toolはスタンドアロンで動くので、obj形式が読めるアプリケーションとなら連携可能です。ダウンロードはこちら
以前、ここでも紹介されてた→フリーのUV展開ツール『Roadkill UV Tool』:CGトラッキング


スポンサーリンク


日本語でダウンロードから使い方まで解説してるページも→Roadkill UV Toolについて


スポンサーリンク

Roadkill UV Toolは以前ブログでも紹介したUV展開のフリーのツールです。
任意で選択したエッジ部分でUV展開をしてくれる、とってもすばらしい、便利なツールです。
このツールの最新版(RC3)はスタンドアロンのアプリケーションなのでmaya・3dsMAX・XSIで使うことができます。
(というかobj形式のエクスポートとインポートができればどのツールでも大丈夫です)
CG WORLD Vol.135 ZBrushでの作品のメイキングを載せている記事でRoadkillを使用、解説が載ってました。
そちらではmayaを使用しての紹介でしたね。ここで紹介していない用法もあったので一読してみるとよいかもです。

スキニングの便利ツールも探してみよう。(こっちはアプリケーション依存になるだろうな)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
顔のモデリング
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Unityの薄い本
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
マインドマップ作成ツール『MindNode』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
CGのためのディープラーニング
ZBrushでアマビエを作る その2
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Mayaのレンダリング アトリビュート
マジョーラ
Open Shading Language (OSL)
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ラクガキの立体化 目標設定
アニゴジ関連情報
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ファンの力
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割

コメント