リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

現在サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC) 2018で、MicrosoftがDirectX 12向けのリアルタイム・レイトレーシングAPI「DirectX Raytracing (DXR)」を発表した。
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180320-64749/

そして、こちらがそのデモ動画。↓



まずは細かいことは抜きにして、時代が来るところまで来たな、という印象。
映画などのプリレンダーCGの主流はとっくの昔にレイトレースベースのレンダリングに移っていたけど、リアルタイムもですか。


スポンサーリンク


今までのリアルタイムCGの主流だったラスタライズ方式が、いよいよ淘汰されていくのかなぁ。
さっそくUnreal Engineが対応を表明していて、スター・ウォーズをモチーフにしたデモまで作られている。



キャプテン・ファズマって、レイトレースのためにあるようなキャラクターだよな。(C-3POもそうか?)

これからはゲーマーだけでなく、CG制作の人もDirectX系重視のGPUを使うのが主流になるのかな。(一昔前はOpenGL系重視だった)
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180320141/
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180321003/

2018年8月 追記:CEDEC2018でのDirect X raytracingのスライドが公開された↓



Microsoftが公開しているサンプルで遊びたい欲↓
https://github.com/Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

以前からNVIDIAはレイトレーシングAPI Optix Engineを提供していた。
今はRTX Technologyというやつか。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

手の届く値段のGPUで利用できるようになるのはもうちょい先かな。





http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323164/

たまたま見つけたレイトレーシングの分類を軽くまとめた資料↓



スポンサーリンク

関連記事

仕事の速いファンアート
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
『ピクサー展』へ行ってきた
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ZBrushでカスタムUIを設定する
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ラクガキの立体化
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
模型をターンテーブルで撮影
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushトレーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
ラクガキの立体化 反省
2020年 観に行った映画振り返り
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 壊れたデータの救出
UnityでARKit2.0
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
デスクトップPCを新調した!
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
布のモデリング
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ラクガキの立体化 モールドの追加
この連休でZBrushの スキルアップを…
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010

コメント