リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

現在サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC) 2018で、MicrosoftがDirectX 12向けのリアルタイム・レイトレーシングAPI「DirectX Raytracing (DXR)」を発表した。
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180320-64749/

そして、こちらがそのデモ動画。↓



まずは細かいことは抜きにして、時代が来るところまで来たな、という印象。
映画などのプリレンダーCGの主流はとっくの昔にレイトレースベースのレンダリングに移っていたけど、リアルタイムもですか。


スポンサーリンク


今までのリアルタイムCGの主流だったラスタライズ方式が、いよいよ淘汰されていくのかなぁ。
さっそくUnreal Engineが対応を表明していて、スター・ウォーズをモチーフにしたデモまで作られている。



キャプテン・ファズマって、レイトレースのためにあるようなキャラクターだよな。(C-3POもそうか?)

これからはゲーマーだけでなく、CG制作の人もDirectX系重視のGPUを使うのが主流になるのかな。(一昔前はOpenGL系重視だった)
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180320141/
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180321003/

2018年8月 追記:CEDEC2018でのDirect X raytracingのスライドが公開された↓



Microsoftが公開しているサンプルで遊びたい欲↓
https://github.com/Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

以前からNVIDIAはレイトレーシングAPI Optix Engineを提供していた。
今はRTX Technologyというやつか。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

手の届く値段のGPUで利用できるようになるのはもうちょい先かな。





http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323164/

たまたま見つけたレイトレーシングの分類を軽くまとめた資料↓



スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
『ピクサー展』へ行ってきた
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
3D復元技術の情報リンク集
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Physically Based Rendering
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
自前Shaderの件 解決しました
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Stanford Bunny
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
東京おもちゃショー2017
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
PS4用ソフト『スター・ウォーズ バトルフロント』を購入
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unityをレンダラとして活用する
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Maya LTのQuick Rigを試す
Raytracing Wiki
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Subsurface scatteringの動画

コメント