リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

現在サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC) 2018で、MicrosoftがDirectX 12向けのリアルタイム・レイトレーシングAPI「DirectX Raytracing (DXR)」を発表した。
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180320-64749/

そして、こちらがそのデモ動画。↓

Experiments with DirectX Raytracing in Northlight

まずは細かいことは抜きにして、時代が来るところまで来たな、という印象。
映画などのプリレンダーCGの主流はとっくの昔にレイトレースベースのレンダリングに移っていたけど、リアルタイムもですか。


スポンサーリンク


今までのリアルタイムCGの主流だったラスタライズ方式が、いよいよ淘汰されていくのかなぁ。
さっそくUnreal Engineが対応を表明していて、スター・ウォーズをモチーフにしたデモまで作られている。

Reflections Real-Time Ray Tracing Demo | Project Spotlight | Unreal Engine

キャプテン・ファズマって、レイトレースのためにあるようなキャラクターだよな。(C-3POもそうか?)

これからはゲーマーだけでなく、CG制作の人もDirectX系重視のGPUを使うのが主流になるのかな。(一昔前はOpenGL系重視だった)
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180320141/
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180321003/

2018年8月 追記:CEDEC2018でのDirect X raytracingのスライドが公開された↓



Microsoftが公開しているサンプルで遊びたい欲↓
https://github.com/Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

以前からNVIDIAはレイトレーシングAPI Optix Engineを提供していた。
今はRTX Technologyというやつか。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

手の届く値段のGPUで利用できるようになるのはもうちょい先かな。


スポンサーリンク
NVIDIA RTX and GameWorks Ray Tracing Technology Demonstration

NVIDIA RTX Real-Time Ray Tracing Tech Demo From Remedy Entertainment

http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323164/

たまたま見つけたレイトレーシングの分類を軽くまとめた資料↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018へのアップグレード
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
Houdiniのライセンスの種類
マジョーラ
布地のシワの法則性
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
プログラムによる景観の自動生成
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
UnityのTransformクラスについて調べてみた
参考書
『スターウォーズ/フォースの覚醒』のメイキング映像
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Blenderでよく使うaddon
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Paul Debevec
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
AfterEffectsプラグイン開発
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
clearcoat Shader
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
2018年 観に行った映画振り返り
CEDEC 3日目
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング

コメント