リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

現在サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC) 2018で、MicrosoftがDirectX 12向けのリアルタイム・レイトレーシングAPI「DirectX Raytracing (DXR)」を発表した。
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180320-64749/

そして、こちらがそのデモ動画。↓



まずは細かいことは抜きにして、時代が来るところまで来たな、という印象。
映画などのプリレンダーCGの主流はとっくの昔にレイトレースベースのレンダリングに移っていたけど、リアルタイムもですか。


スポンサーリンク


今までのリアルタイムCGの主流だったラスタライズ方式が、いよいよ淘汰されていくのかなぁ。
さっそくUnreal Engineが対応を表明していて、スター・ウォーズをモチーフにしたデモまで作られている。



キャプテン・ファズマって、レイトレースのためにあるようなキャラクターだよな。(C-3POもそうか?)

これからはゲーマーだけでなく、CG制作の人もDirectX系重視のGPUを使うのが主流になるのかな。(一昔前はOpenGL系重視だった)
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180320141/
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180321003/

2018年8月 追記:CEDEC2018でのDirect X raytracingのスライドが公開された↓



Microsoftが公開しているサンプルで遊びたい欲↓
https://github.com/Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

以前からNVIDIAはレイトレーシングAPI Optix Engineを提供していた。
今はRTX Technologyというやつか。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

手の届く値段のGPUで利用できるようになるのはもうちょい先かな。





http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323164/

たまたま見つけたレイトレーシングの分類を軽くまとめた資料↓



スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
UnityでARKit2.0
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
この連休でZBrushの スキルアップを…
『ピクサー展』へ行ってきた
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Blender 2.8がついに正式リリース!
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
HD画質の無駄遣い その2
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
PythonでBlenderのAdd-on開発
デザインのリファイン再び
PS4用ソフト『スター・ウォーズ バトルフロント』を購入
Unreal Engineの機能を学ぶ優先順位を考える
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
Unityで360度ステレオVR動画を作る
東京おもちゃショー2017
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
2018年 観に行った映画振り返り
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
CreativeCOW.net
Physically Based Rendering
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ラクガキの立体化 目標設定
ZScript
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
2020年 観に行った映画振り返り

コメント