リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』

現在サンフランシスコで開催されているGame Developers Conference(GDC) 2018で、MicrosoftがDirectX 12向けのリアルタイム・レイトレーシングAPI「DirectX Raytracing (DXR)」を発表した。
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180320-64749/

そして、こちらがそのデモ動画。↓

Experiments with DirectX Raytracing in Northlight

まずは細かいことは抜きにして、時代が来るところまで来たな、という印象。
映画などのプリレンダーCGの主流はとっくの昔にレイトレースベースのレンダリングに移っていたけど、リアルタイムもですか。


スポンサーリンク


今までのリアルタイムCGの主流だったラスタライズ方式が、いよいよ淘汰されていくのかなぁ。
さっそくUnreal Engineが対応を表明していて、スター・ウォーズをモチーフにしたデモまで作られている。

Reflections Real-Time Ray Tracing Demo | Project Spotlight | Unreal Engine

キャプテン・ファズマって、レイトレースのためにあるようなキャラクターだよな。(C-3POもそうか?)

これからはゲーマーだけでなく、CG制作の人もDirectX系重視のGPUを使うのが主流になるのかな。(一昔前はOpenGL系重視だった)
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180320141/
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180321003/

2018年8月 追記:CEDEC2018でのDirect X raytracingのスライドが公開された↓



Microsoftが公開しているサンプルで遊びたい欲↓
https://github.com/Microsoft/DirectX-Graphics-Samples

以前からNVIDIAはレイトレーシングAPI Optix Engineを提供していた。
今はRTX Technologyというやつか。
http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323013/

手の届く値段のGPUで利用できるようになるのはもうちょい先かな。


スポンサーリンク
NVIDIA RTX and GameWorks Ray Tracing Technology Demonstration

NVIDIA RTX Real-Time Ray Tracing Tech Demo From Remedy Entertainment

http://www.4gamer.net/games/033/G003329/20180323164/

たまたま見つけたレイトレーシングの分類を軽くまとめた資料↓



スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Unite 2014の動画
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
フルCGのウルトラマン!?
この本読むよ
アニゴジ関連情報
SIGGRAPH Asia
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Houdiniのライセンスの種類
Mayaのプラグイン開発
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ゴジラの造形
シン・ゴジラのファンアート
Maya LTのQuick Rigを試す
CEDEC 3日目
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
ラクガキの立体化 目標設定
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
OpenMayaRender
ZBrush キャラクター&クリーチャー
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
布地のシワの法則性
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
Blender 2.8がついに正式リリース!
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ

コメント