Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン

ZibraAIという会社(?)のUnity用流体シミュレーションプラグイン。
まだ一般公開前だけど、ユーザー登録するとアーリーアクセスが試せるらしい。

追記:Asset Store無料版有料版が公開されました。

Zibra Liquids

Zibra Liquidsは、ゲーム開発者向けのリアルタイムでクロスプラットフォームな物理的に正しい流体シミュレーションプラグインです。

Zibra Liquidsは、最先端の物理ソルバーと機械学習ベースのニューラルオブジェクト表現の相乗効果により、さまざまな種類の流体を任意の形状のオブジェクトで使用できます。
物理的に正しいソルバーによって、スマートフォン・タブレットからハイエンドGPUまであらゆるデバイス上で、数百万ものパーティクルによる高速な流体シミュレーションとレンダリングが可能になります。

主な機能:

  • リアルタイムシミュレーション
  • シンプルで直感的なユーザーインターフェイス
  • 視覚的・物理的な複数のプリセット
  • 重力制御
  • AIで高速化された複雑なオブジェクト間の相互作用
  • 力の相互作用

Zibra Liquidsは、大まかに以下3つで構成されています:

  1. GPUベースのマテリアルポイント方式
  2. パーティクルシミュレーション向け。

  3. サーバーベースのニューラルSDF(符号付き距離関数)表現の生成
  4. UnityのメッシュフィルターオブジェクトにVoxel Colliderコンポーネントを追加すると、複雑なオブジェクトの表現を生成できます。


    スポンサーリンク
  5. 流体表面(境界面)のレンダリング
  6. 任意のキューブマップを使った反射と屈折に対応し、複数の視覚的パラメータで調整可能。

公式のYouTubeチャンネルで動画がいくつか公開されている。


スポンサーリンク


このリアルタイムシミュレーションがスマートフォンでも動くってホントかな?
iPhone 7で動いてる↓



ZibraAIブログ記事から動作の様子を引用↓



https://80.lv/articles/a-new-fluid-simulation-plugin-for-unity/
https://indiegamesjp.dev/?p=4071

流体シミュレーションと機械学習と言うと、バックグラウンドはこういう技術なのだろうか↓


Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)、ミュンヘン工科大学、Pixarによるディープラーニングで流体シミュレーションを近似する研究 Deep Fluids: A Generative Network for Parameterized...


https://physicsbaseddeeplearning.org/diffphys.html



スポンサーリンク

関連記事

リメイク版ロボコップスーツのメイキング
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
UnityでOpenCVを使うには?
布のモデリング
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
UnityでLight Shaftを表現する
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
映像ビジネスの未来
UnityのGlobal Illumination
ZBrushでアマビエを作る その2
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
単純に遊びに行くのはだめなのか?
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
HD画質の無駄遣い その2
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
デザインのリファイン再び
UnityでARKit2.0
素敵なパーティクル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
iPhone欲しいなぁ
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)

コメント