Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン

ZibraAIという会社(?)のUnity用流体シミュレーションプラグイン。
まだ一般公開前だけど、ユーザー登録するとアーリーアクセスが試せるらしい。

追記:Asset Store無料版有料版が公開されました。

Zibra Liquids

Zibra Liquidsは、ゲーム開発者向けのリアルタイムでクロスプラットフォームな物理的に正しい流体シミュレーションプラグインです。

Zibra Liquidsは、最先端の物理ソルバーと機械学習ベースのニューラルオブジェクト表現の相乗効果により、さまざまな種類の流体を任意の形状のオブジェクトで使用できます。
物理的に正しいソルバーによって、スマートフォン・タブレットからハイエンドGPUまであらゆるデバイス上で、数百万ものパーティクルによる高速な流体シミュレーションとレンダリングが可能になります。

主な機能:

  • リアルタイムシミュレーション
  • シンプルで直感的なユーザーインターフェイス
  • 視覚的・物理的な複数のプリセット
  • 重力制御
  • AIで高速化された複雑なオブジェクト間の相互作用
  • 力の相互作用

Zibra Liquidsは、大まかに以下3つで構成されています:

  1. GPUベースのマテリアルポイント方式
  2. パーティクルシミュレーション向け。

  3. サーバーベースのニューラルSDF(符号付き距離関数)表現の生成
  4. UnityのメッシュフィルターオブジェクトにVoxel Colliderコンポーネントを追加すると、複雑なオブジェクトの表現を生成できます。


    スポンサーリンク
  5. 流体表面(境界面)のレンダリング
  6. 任意のキューブマップを使った反射と屈折に対応し、複数の視覚的パラメータで調整可能。

公式のYouTubeチャンネルで動画がいくつか公開されている。


スポンサーリンク


このリアルタイムシミュレーションがスマートフォンでも動くってホントかな?
iPhone 7で動いてる↓



2022年10月追記:Unreal Engine版もリリースされた↓



https://80.lv/articles/a-new-fluid-simulation-plugin-for-unity/
https://indiegamesjp.dev/?p=4071

流体シミュレーションと機械学習と言うと、バックグラウンドはこういう技術なのだろうか↓
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
CG分野(特にレンダリング)では、現実の物体・現象の性質をモデル化して扱う。計算リソースには限りがあるので、大抵の場合は視覚に大きく影響する要素だけをモデル化して関数などで表現する。 実測値や物理法則に基づいた計算を行う「物理モデル」に対し...

Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)、ミュンヘン工科大学、Pixarによるディープラーニングで流体シミュレーションを近似する研究 Deep Fluids: A Generative Network for Parameterized...


https://physicsbaseddeeplearning.org/diffphys.html



スポンサーリンク

関連記事

UnityのuGUIチュートリアル
自前Shaderの件 解決しました
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ラクガキの立体化
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
SIGGRAPH ASIAのマスコット
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
タイミングとクオリティ
Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
参考書
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
シフトカーを改造してラジコン化する人達
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
天体写真の3D動画
HD画質の無駄遣い その2
3DCGのモデルを立体化するサービス
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ディープラーニング
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ポリ男をリファイン
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
続・ディープラーニングの資料
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
konashiのサンプルコードを動かしてみた
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』

コメント