Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン

ZibraAIという会社(?)のUnity用流体シミュレーションプラグイン。
まだ一般公開前だけど、ユーザー登録するとアーリーアクセスが試せるらしい。

追記:Asset Store無料版有料版が公開されました。

Zibra Liquids

Zibra Liquidsは、ゲーム開発者向けのリアルタイムでクロスプラットフォームな物理的に正しい流体シミュレーションプラグインです。

Zibra Liquidsは、最先端の物理ソルバーと機械学習ベースのニューラルオブジェクト表現の相乗効果により、さまざまな種類の流体を任意の形状のオブジェクトで使用できます。
物理的に正しいソルバーによって、スマートフォン・タブレットからハイエンドGPUまであらゆるデバイス上で、数百万ものパーティクルによる高速な流体シミュレーションとレンダリングが可能になります。

主な機能:

  • リアルタイムシミュレーション
  • シンプルで直感的なユーザーインターフェイス
  • 視覚的・物理的な複数のプリセット
  • 重力制御
  • AIで高速化された複雑なオブジェクト間の相互作用
  • 力の相互作用

Zibra Liquidsは、大まかに以下3つで構成されています:

  1. GPUベースのマテリアルポイント方式
  2. パーティクルシミュレーション向け。

  3. サーバーベースのニューラルSDF(符号付き距離関数)表現の生成
  4. UnityのメッシュフィルターオブジェクトにVoxel Colliderコンポーネントを追加すると、複雑なオブジェクトの表現を生成できます。


    スポンサーリンク
  5. 流体表面(境界面)のレンダリング
  6. 任意のキューブマップを使った反射と屈折に対応し、複数の視覚的パラメータで調整可能。

公式のYouTubeチャンネルで動画がいくつか公開されている。


スポンサーリンク


このリアルタイムシミュレーションがスマートフォンでも動くってホントかな?
iPhone 7で動いてる↓



ZibraAIブログ記事から動作の様子を引用↓



https://80.lv/articles/a-new-fluid-simulation-plugin-for-unity/
https://indiegamesjp.dev/?p=4071

流体シミュレーションと機械学習と言うと、バックグラウンドはこういう技術なのだろうか↓


Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
チューリッヒ工科大学(ETH Zurich)、ミュンヘン工科大学、Pixarによるディープラーニングで流体シミュレーションを近似する研究 Deep Fluids: A Generative Network for Parameterized...


https://physicsbaseddeeplearning.org/diffphys.html



スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
CEDEC 3日目
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
GoogleのDeep Learning論文
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
無料で使える人体3DCG作成ツール
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
タマムシっぽい質感
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
顔のモデリング
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
AfterEffectsプラグイン開発
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Physically Based Rendering
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Photogrammetry (写真測量法)
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
顔モデリングのチュートリアル
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTのQuick Rigを試す
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
adskShaderSDK
SVM (Support Vector Machine)

コメント