Maya LTのQuick Rigを試す

ちょっと前に、人型3DMeshをアップロードすると半自動でボーンとのスキニングが完了するAdobeのMixamoというサービスがすごいすごいと言っていたわけですが。



Maya LTにもQuick Rigというお手軽スキニングツールがあることに気づきました↓
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-DC29C982-D04F-4C20-9DBA-4BBB33E027EF-htm.html



Quick RigはMaya LTだけでなく、通常のMayaにももちろん搭載されている。
さすが有償のツールというだけあって、Mixamoよりも痒い所に手が届きそうな感じ。既存のモーションデータを流し込むためのスキニングだけでなく、ちゃんと自分でアニメーションを付けるためのコントロールリグが組まれるようだ。


スポンサーリンク

Quick Rig

こちらの解説記事を真似してやってみよう↓
http://maya.indyzone.jp/2016/09/30/maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%82%E7%B0%A1%E5%8D%98/
http://maya.indyzone.jp/2016/10/03/maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%82%E7%B0%A1%E5%8D%98-2/
http://maya.indyzone.jp/2016/10/04/%EF%BC%88%E5%AE%9F%E9%A8%93%EF%BC%89maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%e3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%84%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%AA/

Mixamoで試した時と同様に、このモデルを使ってワンクリック。



しばらく待つと、スキニングとコントロールリグの作成完了。



間違えてハイポリメッシュのモデルでやっちゃったけど、エラーも無く処理が完了した。
この前せっかくポリゴンの削減とかやったのに。



このモデルだと、ワンクリックでは身体の前後が逆にリグが組まれてしまった。。。
完全オートに頼るのはちょっと無理そうなので、段階的に調整していくモードでまた再挑戦しよう。


スポンサーリンク

Human IK

Quick Rigは、ボーンの配置・スキニングを行い、Maya Human IKのコントロールリグを作成してくれるようだ。カスタムリグをゴリゴリ作らずとも、Human IKで結構汎用的に対応できそう。
どうやら、スムースバインドが必要ないメカとか外骨格なデザインのモデルなら、Quick Rigを使わずにスキニング済みのボーンに対してHuman IKを仕込むのが近道っぽい。

Human IKについてちょっと勉強しよう。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-learning-channel/16.html



Human IKの仕込み方は、こちらの記事を参考にしながら↓
http://tsumikiseisaku.com/blog/humanik-tutorial-0/

Maya LT同梱のスキニング済みのサンプルデータMaya Dummyを使って試してみる。



と言っても、「コントロールリグを作成」ボタンを押すだけ。



じょーん!



Human IKを使ったキャラクターアニメーションについてもうちょっと調べてみるか。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-learning-channel/19.html


Maya LTでUnity MeshSync

ところで、DCCツール上のモデルの編集をリアルタイムにUnityに反映させるMeshSyncはMaya LTにも対応しているらしい。
https://github.com/unity3d-jp/MeshSync#maya-lt

Maya LTはプラグイン非対応なんだと思っていたけど
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CustomizingMayaLT/files/GUID-2CF7D90B-EF10-40D1-9129-9D401CCAB952-htm.html

なるほど、こういうことなのか↓



気づいたけど、オイラが最後にMaya LTを触ってからもう2年も経ってるのな。。。





スポンサーリンク

関連記事

なりたい自分?
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ファンの力
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ガメラ生誕50周年
Maya API Reference
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ラクガキの立体化
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
clearcoat Shader
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
無料で使える人体3DCG作成ツール
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
Unityをレンダラとして活用する
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
BlenderのRigifyでリギング
ZBrushの作業環境を見直す
MRenderUtil::raytrace
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
なんかすごいサイト
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
PythonでBlenderのAdd-on開発
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ

コメント