Maya LTのQuick Rigを試す

ちょっと前に、人型3DMeshをアップロードすると半自動でボーンとのスキニングが完了するAdobeのMixamoというサービスがすごいすごいと言っていたわけですが。



Maya LTにもQuick Rigというお手軽スキニングツールがあることに気づきました↓
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CharacterAnimation/files/GUID-DC29C982-D04F-4C20-9DBA-4BBB33E027EF-htm.html

Maya LT 2018 – Rigging

Quick RigはMaya LTだけでなく、通常のMayaにももちろん搭載されている。
さすが有償のツールというだけあって、Mixamoよりも痒い所に手が届きそうな感じ。既存のモーションデータを流し込むためのスキニングだけでなく、ちゃんと自分でアニメーションを付けるためのコントロールリグが組まれるようだ。


スポンサーリンク

Quick Rig

こちらの解説記事を真似してやってみよう↓
http://maya.indyzone.jp/2016/09/30/maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%82%E7%B0%A1%E5%8D%98/
http://maya.indyzone.jp/2016/10/03/maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%82%E7%B0%A1%E5%8D%98-2/
http://maya.indyzone.jp/2016/10/04/%EF%BC%88%E5%AE%9F%E9%A8%93%EF%BC%89maya%E6%96%B0%E6%A9%9F%E8%83%BD%e3%80%80%E3%80%8C%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B0%E3%80%8D%E3%82%92%E3%81%84%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%AA/

Mixamoで試した時と同様に、このモデルを使ってワンクリック。



しばらく待つと、スキニングとコントロールリグの作成完了。



間違えてハイポリメッシュのモデルでやっちゃったけど、エラーも無く処理が完了した。
この前せっかくポリゴンの削減とかやったのに。



このモデルだと、ワンクリックでは身体の前後が逆にリグが組まれてしまった。。。
完全オートに頼るのはちょっと無理そうなので、段階的に調整していくモードでまた再挑戦しよう。

Human IK

Quick Rigは、ボーンの配置・スキニングを行い、Maya Human IKのコントロールリグを作成してくれるようだ。カスタムリグをゴリゴリ作らずとも、Human IKで結構汎用的に対応できそう。
どうやら、スムースバインドが必要ないメカとか外骨格なデザインのモデルなら、Quick Rigを使わずにスキニング済みのボーンに対してHuman IKを仕込むのが近道っぽい。

Human IKについてちょっと勉強しよう。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-learning-channel/16.html


スポンサーリンク
Maya Learning Channel 16. HumanIK/キャラクタリグ

Human IKの仕込み方は、こちらの記事を参考にしながら↓
http://tsumikiseisaku.com/blog/humanik-tutorial-0/

Maya LT同梱のスキニング済みのサンプルデータMaya Dummyを使って試してみる。



と言っても、「コントロールリグを作成」ボタンを押すだけ。



じょーん!



Human IKを使ったキャラクターアニメーションについてもうちょっと調べてみるか。
https://area.autodesk.jp/movie/maya-learning-channel/19.html

Maya Learning Channel 19. キャラクタアニメーション

Maya LTでUnity MeshSync

ところで、DCCツール上のモデルの編集をリアルタイムにUnityに反映させるMeshSyncはMaya LTにも対応しているらしい。
https://github.com/unity3d-jp/MeshSync#maya-lt

Maya LTはプラグイン非対応なんだと思っていたけど
https://knowledge.autodesk.com/ja/support/maya-lt/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2018/JPN/MayaLT-CustomizingMayaLT/files/GUID-2CF7D90B-EF10-40D1-9129-9D401CCAB952-htm.html

なるほど、こういうことなのか↓



気づいたけど、オイラが最後にMaya LTを触ってからもう2年も経ってるのな。。。


Maya LT 2018 – Overview


スポンサーリンク

関連記事

参考になりそうなサイト
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
日本でMakersは普及するだろうか?
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
3DCGのモデルを立体化するサービス
iPhone欲しいなぁ
ZBrushの作業環境を見直す
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
色んな三面図があるサイト
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Open Shading Language (OSL)
3DCG Meetup #4に行ってきた
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Paul Debevec
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZBrushでカスタムUIを設定する
ラクガキの立体化 目標設定
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
TVML (TV program Making language)
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
NICOGRAPHって有名?
タダでRenderManを体験する方法
Unreal Engine 5の情報が公開された!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整

コメント