ZBrushでリメッシュとディティールの転送

この前はモデルのポリゴン数が多すぎてUV Masterによる自動UV展開に失敗してしまった。



Meshを15万ポリゴン以下に抑えないとUV Masterは正常に動作しないらしいと分かったので、ちゃんとポリゴン数をリダクションすることにする。ディティールの転送というのもやってみよう。

参考にするのはこちらの書籍↓

田島光二作品集 & ZBrushテクニック (KOUJI TAJIMA ARTWORKS & ZBrush Technique)

ZRemesherによるリメッシュとディティールの転送のやり方は134~135ページに載っている。
2014年の書籍だけど、書いてあることは個々の機能の詳細ではなく、作業フローの大枠と最低限の機能だけなのでシンプルで分かりやすい。

全然関係ないけど、マスク操作のショートカットも載っていた。(74ページ)

  • Ctrl:マスク
  • Ctrl + Alt + クリック:マスクをくっきりさせる(SharpenMask)
  • Ctrl + クリック:マスクをぼかす(BlurMask)
  • Shift + Ctrl + Altで解除


スポンサーリンク

ZRemesherによるポリゴンリダクション

とりあえず頭のMeshからやってみよう。
ハイポリ過ぎてワイヤーフレーム表示したら真っ黒だ。



頭パーツのSubToolを複製。



ZRemesherで思いっきりポリゴン数を削減。
解像度が下がり、形状が結構変わってしまっているけど今はまだ気にしない。



スポンサーリンク

ディティールの転送

公式ドキュメントの解説はやたらあっさり。
http://docs.pixologic.com/user-guide/3d-modeling/topology/zremesher/transferring-detail/

元のハイポリMeshを再び表示させ、リダクション済みのMeshと重ねて表示させる。



全て投影(ProjectALL)を押す。



リダクション済みのMeshをディバイド(Divide)して、再び全て投影(ProjectALL)を押す。
この手順を元のハイポリMeshの形状が再現できるまで何回か繰り返す。



最終的に、サブディビジョンレベル5で大体全部のディティールを拾えたように見えたので打ち止め。



他のパーツも同様に、大体サブディビジョンレベル5ぐらいまでやってディティールを転送した。眼のパーツだけは別にディティールも何も無いので、ZRemesherをかけたままのSubToolを使用。

左がローサブディビジョンのローポリMesh、右がハイサブディビジョンのハイポリMesh。



前回は20万ポリゴンを超えてたけど、ローサブディビジョン時5万ポリゴンぐらいまで削減できた。



追記:ZBrush2019以降はZRemesherがさらに進化している↓
https://your-3d.com/zbrush-retopology/

UV MasterによるUV展開

とりあえず前回と同じように、全SubToolを結合して1つにした。



これをUV Masterにかけてみたら、ちゃんとUV展開が完了した。



でも、期待してたのとちょっと違う。全パーツがシンメトリーになるように配置してほしかったのに。別にPolyGroup単位で分けて欲しくなかったな。

やってから気づいたけど、これを他のツールへ持って行くにしても、ZBrush上のサブディビジョンレベルはエクスポートできないわけで、解像度を選んでMeshをエクスポートするしかない。Normal MapとかDisplacement Mapとか作れば良いのかな?
って、あれ? そもそも何がしたかったんだっけ?

ふと思ったけど、ZBrushの環境設定でメモリの割り当てを変えれば、15万ポリゴン以上のMeshでもUV Masterは動いたんじゃないだろうか。



追記:ZRemesherについての詳しい解説記事↓
https://kizakiaoi.wordpress.com/2019/12/23/zbrush%E3%81%AEzremesherz%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/


スポンサーリンク

関連記事

ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3D復元技術の情報リンク集
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushでカスタムUIを設定する
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
MRenderUtil::raytrace
一般教養
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Maya API Reference
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
MeshroomでPhotogrammetry
WebGL開発に関する情報が充実してきている
PolyPaint
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
分類
ゴジラ(2014)のメイキング
社会人になったら…
Blender 2.8がついに正式リリース!
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
変身ベルト
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
OpenMayaRender
学ぶ姿勢
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』

コメント