SIGGRAPH 2020はオンライン開催

今年のSIGGRAPHはオンライン開催(Virtual Conference)ということで、アメリカへの旅費不要かつチケットが格段に安くなっていたので購入しちゃった。
全セッションを聴講できるUltimate Attendeeが早期割引(early registration)で350ドル。日本円で3万8千円ぐらい。
開催期間やアクセスできるコンテンツの量で言ったらCEDECよりもお得かな?

SIGGRAPH 2020

Register for SIGGRAPH 2020

2020年8月17日:オンデマンドコンテンツ配信開始
2020年8月24日~8月28日:スケジュールされたセッションのライブ中継
2020年8月29日~10月27日:アーカイブコンテンツを視聴可能

※PDT 米国太平洋標準時(夏時間)

ということで、もうオンデマンドコンテンツの配信は始まった。

Virtual ConferenceはHubbというプラットフォーム上で行われるのね↓
https://siggraph2020.hubb.me/


スポンサーリンク


毎度お馴染みのTechnical Papers Fast Forwardは、オンデマンドの動画も用意されているけど、8月24日 AM 10:00にはちゃんとライブも予定されているらしい。(日本時間では25日のAM 2:00)
自前でYouTubeにFast Forward動画を投稿している発表者もいるね。

SIGGRAPHはもちろん現地へ行って体感するのが1番楽しいわけだけど、チケット分の元を取ろうと多くのセッションを聴講すると体力的にかなりしんどくもある。
自宅からオンライン、しかもオンデマンドで視聴可能ならその辺はかなり負担が少ない。しかも、セッション動画は再生速度を選べるので、倍速とかもできるわけです。

今回、Electronic Theaterは別料金だったのでチケット購入しなかったけど、購入したところで自宅から視聴する分にはあんまり良い体験にならなそうだよな。


スポンサーリンク
SIGGRAPH 2020 Computer Animation Festival Electronic Theater

Technical Papersは先日の勉強会に参加してちゃんと予習しておけば良かったな。
https://siggraph.xyz/s2020/
https://siggraph.xyz/

追記:シーグラフ東京主催のSIGGRAPH 2020予習会の資料↓


SIGGRAPH 2020: Technical Papers Preview Trailer

SIGGRAPH 2020 Art & Design

SIGGRAPH 2020: VR Theater


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ゴジラ(2014)のメイキング
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Vancouver Film Schoolのデモリール
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Houdiniのライセンスの種類
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
天体写真の3D動画
ゴジラの造形
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Paul Debevec
単純に遊びに行くのはだめなのか?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
ZBrush 2018へのアップグレード
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Unreal Engine 5の情報が公開された!
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Adobe Photoshop CS5の新機能
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Open Shading Language (OSL)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrush キャラクター&クリーチャー
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
adskShaderSDK
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
布地のシワの法則性
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』

コメント