SIGGRAPH 2020はオンライン開催

今年のSIGGRAPHはオンライン開催(Virtual Conference)ということで、アメリカへの旅費不要かつチケットが格段に安くなっていたので購入しちゃった。
全セッションを聴講できるUltimate Attendeeが早期割引(early registration)で350ドル。日本円で3万8千円ぐらい。
開催期間やアクセスできるコンテンツの量で言ったらCEDECよりもお得かな?

SIGGRAPH 2020

Register for SIGGRAPH 2020

2020年8月17日:オンデマンドコンテンツ配信開始
2020年8月24日~8月28日:スケジュールされたセッションのライブ中継
2020年8月29日~10月27日:アーカイブコンテンツを視聴可能

※PDT 米国太平洋標準時(夏時間)

ということで、もうオンデマンドコンテンツの配信は始まった。

Virtual ConferenceはHubbというプラットフォーム上で行われるのね↓
https://siggraph2020.hubb.me/


スポンサーリンク


毎度お馴染みのTechnical Papers Fast Forwardは、オンデマンドの動画も用意されているけど、8月24日 AM 10:00にはちゃんとライブも予定されているらしい。(日本時間では25日のAM 2:00)
自前でYouTubeにFast Forward動画を投稿している発表者もいるね。

SIGGRAPHはもちろん現地へ行って体感するのが1番楽しいわけだけど、チケット分の元を取ろうと多くのセッションを聴講すると体力的にかなりしんどくもある。
自宅からオンライン、しかもオンデマンドで視聴可能ならその辺はかなり負担が少ない。しかも、セッション動画は再生速度を選べるので、倍速とかもできるわけです。

今回、Electronic Theaterは別料金だったのでチケット購入しなかったけど、購入したところで自宅から視聴する分にはあんまり良い体験にならなそうだよな。


スポンサーリンク
SIGGRAPH 2020 Computer Animation Festival Electronic Theater

Technical Papersは先日の勉強会に参加してちゃんと予習しておけば良かったな。
https://siggraph.xyz/s2020/
https://siggraph.xyz/

追記:シーグラフ東京主催のSIGGRAPH 2020予習会の資料↓


SIGGRAPH 2020: Technical Papers Preview Trailer

SIGGRAPH 2020 Art & Design

SIGGRAPH 2020: VR Theater


スポンサーリンク

関連記事

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Unityの薄い本
Paul Debevec
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ゴジラの造形
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushでカスタムUIを設定する
ゴジラ(2014)のメイキング
ファンの力
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
ZBrushのZScript入門
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
布地のシワの法則性
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
CGのためのディープラーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Unite 2014の動画
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
素敵なパーティクル
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Pix2Pix:CGANによる画像変換
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
CreativeCOW.net
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

コメント