SIGGRAPH 2020はオンライン開催

今年のSIGGRAPHはオンライン開催(Virtual Conference)ということで、アメリカへの旅費不要かつチケットが格段に安くなっていたので購入しちゃった。
全セッションを聴講できるUltimate Attendeeが早期割引(early registration)で350ドル。日本円で3万8千円ぐらい。
開催期間やアクセスできるコンテンツの量で言ったらCEDECよりもお得かな?

SIGGRAPH 2020

Register for SIGGRAPH 2020

2020年8月17日:オンデマンドコンテンツ配信開始
2020年8月24日~8月28日:スケジュールされたセッションのライブ中継
2020年8月29日~10月27日:アーカイブコンテンツを視聴可能

※PDT 米国太平洋標準時(夏時間)

ということで、もうオンデマンドコンテンツの配信は始まった。

Virtual ConferenceはHubbというプラットフォーム上で行われるのね↓
https://siggraph2020.hubb.me/


スポンサーリンク


毎度お馴染みのTechnical Papers Fast Forwardは、オンデマンドの動画も用意されているけど、8月24日 AM 10:00にはちゃんとライブも予定されているらしい。(日本時間では25日のAM 2:00)
自前でYouTubeにFast Forward動画を投稿している発表者もいるね。

SIGGRAPHはもちろん現地へ行って体感するのが1番楽しいわけだけど、チケット分の元を取ろうと多くのセッションを聴講すると体力的にかなりしんどくもある。
自宅からオンライン、しかもオンデマンドで視聴可能ならその辺はかなり負担が少ない。しかも、セッション動画は再生速度を選べるので、倍速とかもできるわけです。

今回、Electronic Theaterは別料金だったのでチケット購入しなかったけど、購入したところで自宅から視聴する分にはあんまり良い体験にならなそうだよな。


スポンサーリンク
SIGGRAPH 2020 Computer Animation Festival Electronic Theater

Technical Papersは先日の勉強会に参加してちゃんと予習しておけば良かったな。
https://siggraph.xyz/s2020/
https://siggraph.xyz/

追記:シーグラフ東京主催のSIGGRAPH 2020予習会の資料↓


SIGGRAPH 2020: Technical Papers Preview Trailer

SIGGRAPH 2020 Art & Design

SIGGRAPH 2020: VR Theater


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushトレーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrush 4R7
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
海外ドラマのChromaKey
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrush 2018での作業環境を整える
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ラクガキの立体化 進捗
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Blenderでよく使うaddon
iPhone欲しいなぁ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
UnityでARKit2.0
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
3DCG Meetup #4に行ってきた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
UnityのGlobal Illumination
素敵なパーティクル
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
UnityのTransformクラスについて調べてみた

コメント