SIGGRAPH 2020はオンライン開催

今年のSIGGRAPHはオンライン開催(Virtual Conference)ということで、アメリカへの旅費不要かつチケットが格段に安くなっていたので購入しちゃった。
全セッションを聴講できるUltimate Attendeeが早期割引(early registration)で350ドル。日本円で3万8千円ぐらい。
開催期間やアクセスできるコンテンツの量で言ったらCEDECよりもお得かな?

SIGGRAPH 2020

2020年8月17日:オンデマンドコンテンツ配信開始
2020年8月24日~8月28日:スケジュールされたセッションのライブ中継
2020年8月29日~10月27日:アーカイブコンテンツを視聴可能

※PDT 米国太平洋標準時(夏時間)


スポンサーリンク

ということで、もうオンデマンドコンテンツの配信は始まった。

Virtual ConferenceはHubbというプラットフォーム上で行われるのね↓
https://siggraph2020.hubb.me/


スポンサーリンク


毎度お馴染みのTechnical Papers Fast Forwardは、オンデマンドの動画も用意されているけど、8月24日 AM 10:00にはちゃんとライブも予定されているらしい。(日本時間では25日のAM 2:00)
自前でYouTubeにFast Forward動画を投稿している発表者もいるね。

SIGGRAPHはもちろん現地へ行って体感するのが1番楽しいわけだけど、チケット分の元を取ろうと多くのセッションを聴講すると体力的にかなりしんどくもある。
自宅からオンライン、しかもオンデマンドで視聴可能ならその辺はかなり負担が少ない。しかも、セッション動画は再生速度を選べるので、倍速とかもできるわけです。

今回、Electronic Theaterは別料金だったのでチケット購入しなかったけど、購入したところで自宅から視聴する分にはあんまり良い体験にならなそうだよな。



Technical Papersは先日の勉強会に参加してちゃんと予習しておけば良かったな。
https://siggraph.xyz/s2020/
https://siggraph.xyz/

追記:シーグラフ東京主催のSIGGRAPH 2020予習会の資料↓









スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ZBrush 2018へのアップグレード
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
HD画質の無駄遣い その2
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
3DCGのモデルを立体化するサービス
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushのUV MasterでUV展開
3DCG Meetup #4に行ってきた
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Stanford Bunny
UnityでLight Shaftを表現する
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
単純に遊びに行くのはだめなのか?
生物の骨格
ラクガキの立体化 胴体の追加
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
UnityでARKit2.0
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushCore
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ジュラシック・パークのメイキング
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
Vancouver Film Schoolのデモリール
MRenderUtil::raytrace
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Houdiniのライセンスの種類

コメント