ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Vancouver Film Schoolのデモリール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
参考になりそうなサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
仮面ライダーの玩具
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
AfterEffectsプラグイン開発
変身ベルト
ジュラシック・パークのメイキング
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ラクガキの立体化 モールドの追加
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
2017年 観に行った映画振り返り
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
Blender 2.8がついに正式リリース!
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
MeshroomでPhotogrammetry
Unite 2014の動画
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushの練習 手のモデリング
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
ZBrush 2018へのアップグレード
最近のフィギュアの製造工程
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
サンプルコードにも間違いはある?

コメント