ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
布地のシワの法則性
CGのためのディープラーニング
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZScript
シフトカーを改造してラジコン化する人達
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Unreal Engineの薄い本
シフトカーを改造する人達
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
クライマックスヒーローズ
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
海外ドラマのChromaKey
ラクガキの立体化
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
大人の知識で玩具の改造
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
『ピクサー展』へ行ってきた
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
HD画質の無駄遣い その2
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
粘土をこねるようなスカルプトモデリング

コメント