ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
布地のシワの法則性
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrushの作業環境を見直す
日本でMakersは普及するだろうか?
仮面ライダー4号
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
Unityをレンダラとして活用する
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushの練習 手のモデリング
シフトカーを改造してラジコン化する人達
OpenMayaRender
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
TVML (TV program Making language)
プログラムによる景観の自動生成
テスト
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ZBrushCore
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
フルCGのウルトラマン!?
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
3D復元技術の情報リンク集
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ZBrush 4R7
注文してた本が届いた
なんかすごいサイト
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
3DCGのモデルを立体化するサービス
デザインのリファイン再び
Mayaのポリゴン分割ツールの進化

コメント