ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unityの薄い本
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
ZBrush キャラクター&クリーチャー
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
3DCG Meetup #4に行ってきた
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
仮面ライダー4号
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushのお勉強
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushの練習 手のモデリング
ガメラ生誕50周年
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
色んな三面図があるサイト
マイケル・ベイの動画の感覚
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
Unite 2014の動画
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
MRenderUtil::raytrace
参考書
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
clearcoat Shader
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
クライマックスヒーローズ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
仮面ライダーの玩具
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
日立のフルパララックス立体ディスプレイ

コメント