ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

UnityでLight Shaftを表現する
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
線画を遠近法で描く
NICOGRAPHって有名?
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
HD画質の無駄遣い
UnityのAR FoundationでARKit 3
天体写真の3D動画
UnityでARKit2.0
PolyPaint
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
タダでRenderManを体験する方法
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ラクガキの立体化 反省
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
CreativeCOW.net
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
シフトカーを改造する人達
ラクガキの立体化 目標設定
Mayaのシェーディングノードの区分
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
最近のフィギュアの製造工程

コメント