ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
CreativeCOW.net
プログラムによる景観の自動生成
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
『ピクサー展』へ行ってきた
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushでアマビエを作る その2
iPhone欲しいなぁ
仮面ライダーの玩具
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
無料で使える人体3DCG作成ツール
Maya 2015から標準搭載されたMILA
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ガメラ生誕50周年
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
Oculus Goを購入!
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
2012のメイキングまとめ(途中)
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushで基本となるブラシ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
東京おもちゃショー2017
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Unityで360度ステレオVR動画を作る
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
3DCGのモデルを立体化するサービス

コメント