ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

仮面ライダーあつめ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
2018年 観に行った映画振り返り
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
参考書
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrush 2018での作業環境を整える
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
2016年 観に行った映画振り返り
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
UnityのGlobal Illumination
映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
シフトカーを改造してラジコン化する人達
Ambient Occlusionを解析的に求める
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
海外ドラマのChromaKey
デザインのリファイン再び
なりきり玩具と未来のガジェット
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
Amazonプライム・ビデオに仮面ライダーが続々登場
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ZBrushCore
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
仮面ライダーアマゾンズ Season 2
この連休でZBrushの スキルアップを…
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ラクガキの立体化 進捗
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する

コメント