ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 進捗
ラクガキの立体化 胴体の追加
2016年 観に行った映画振り返り
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Oculus Goを購入!
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
仮面ライダーあつめ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushの練習 手のモデリング
なんかすごいサイト
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
タマムシっぽい質感
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
顔のモデリング
WebGL開発に関する情報が充実してきている
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
リアルタイムシェーディング技術とその周辺技術をあつかうサイト
ZBrushのお勉強
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
UnityのGlobal Illumination
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
仮面ライダーバトライド・ウォー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
テスト
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Open Shading Language (OSL)
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
デザインのリファイン再び
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
海外ドラマのChromaKey
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文

コメント