ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦

前回、PolyGroup分けに微妙に失敗してしまった。(もう1ヶ月前…)



この本を読み返してみたら、もっとシンプルな方法があることを知った。マスクからPolyGroupを作成する方法があるらしい。(というか、たぶんそっちの方がスタンダード)

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)

普通にマスクからPolyGroupを作成する方法を使えば、境界の微調整もできる。変に遠回りしてしまった。


スポンサーリンク


まずは前回の失敗をリセットする。全て表示している状態で Tool → Polygroups → Group Visible で再び1つのグループへ結合できる。

再びPolyGroupを1つへ結合

別グループへ分けたい部分をCtrlキーを押しながらペイントしてMaskする。

眼の部分をMask

マスクができたら Tool → Polygroups → Group Masked でマスクからPolyGroupを作成。

眼を別グループ化

今回は裏側が間違ってくり抜かれることは無かった。良かった良かった。

後ろ側も眼の形でくり抜かれたりはしていない

同じ要領で口の部分も別グループ化する。

ちょっと間抜け面のピエロにも見える

色は自動なので仕方がない

さらにSmoothGroupブラシを使ってギザギザなPolyGroup境界を修正し滑らかにする。

境界を滑らかに

横から

これはエッジを立てたい部分は全部PolyGroup分けした方が良いってことかな。もう少しディティールを入れてからグループ分けしよう。

ちょっと作るのに時間がかかり過ぎて、もうだいぶ気持ちが冷めてきているけど。。。
最近発売された田島さんの本を読んでモチベーションを上げよう。

田島光二アートワークス ZBrush&Photoshopテクニック


スポンサーリンク

関連記事

書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
映画『仮面ライダー1号』のビジュアルが公開された!
ZBrush 4R7
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
おのれディケイド
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
日本でMakersは普及するだろうか?
海外ドラマのChromaKey
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
2016年 観に行った映画振り返り
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
adskShaderSDK
ウルトラ×ライダー
2017年 観に行った映画振り返り
ZBrushでカスタムUIを設定する
MFnMeshクラスのsplit関数
ZBrushの練習 手のモデリング
映画『仮面ライダー1号』に登場するスーツの展示
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
PythonでBlenderのAdd-on開発
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
テスト
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushのZScript入門
Maya API Reference
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
参考になりそうなサイト
Mayaのシェーディングノードの区分
Paul Debevec
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrushの作業環境を見直す
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Unityをレンダラとして活用する
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する

コメント