Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
アスペルガー症候群 WEB自己診断
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
ラクガキの立体化 モールドの追加
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
クライマックスヒーローズ
ガメラ生誕50周年
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ZBrush 4R8 リリース!
ジュラシック・パークのメイキング
デザインのリファイン再び
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Vancouver Film Schoolのデモリール
アメブロをしばらく放置してみた
映画『シン・仮面ライダー』 メイキング情報まとめ
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
この本読むよ
リア充っぽくなりたいです。
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
ZBrushのUV MasterでUV展開
今の自分の改善点
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
自分の性質

コメント