Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
動画配信ぐらい当たり前の時代
頭がいい人
5月の振り返り
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
3D復元技術の情報リンク集
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
選挙に「マイナス票」って無いのかな
MeshroomでPhotogrammetry
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
タイトルが記事の見出しみたい
言葉が支配する世界
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
2019年6月 行動振り返り
Mr.ビーン
アスペルガー症候群 WEB自己診断
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
HD画質の無駄遣い
この本読むよ
タマムシ
3DCG Meetup #4に行ってきた
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
あの頃で止まった時間
文章を書く時の相手との距離感
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
かっこいい大人にはなれなかったけど
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
瞬発力の時代
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング

コメント