Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

感じたことを言語化する
機械から情報の時代へ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
この本読むよ
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
ZBrushCore
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
BlenderのRigifyでリギング
adskShaderSDK
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
MeshroomでPhotogrammetry
エヴァのネタバレがこわい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
自分のスキルセット
Mayaのプラグイン開発
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
参考書
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
東日本大震災の記憶
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Unreal Engineの薄い本
選挙に「マイナス票」って無いのかな
Unite 2014の動画
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
自前のShaderがおかしい件
注文してた本が届いた
『社会人』を諦めました
Maya LTのQuick Rigを試す
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
3D復元技術の情報リンク集

コメント