Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

Mayaのシェーディングノードの区分
3DCG Meetup #4に行ってきた
ファンの力
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
成果を待てない長学歴化の時代
MeshroomでPhotogrammetry
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Unite 2014の動画
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
kotobankを使ってみた
BS-TBS 必見!就活リサーチ[再]「TBS編」
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
読書は趣味か?
2018年10月~11月 振り返り
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
2018年1月~3月 振り返り
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush 4R7
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
なりたい自分?
1週間のサイクル
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
3Dグラフィックスの入門書
ハードルの下げ方を学べば続けられる
動画配信ぐらい当たり前の時代
2016年の振り返り
日本でMakersは普及するだろうか?
今の自分の改善点
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D

コメント