Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
2020年5月 振り返り
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
2021年2月 振り返り
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Vancouver Film Schoolのデモリール
海外ドラマのChromaKey
NICOGRAPHって有名?
なんかすごいサイト
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
ラクガキの立体化 モールドの追加
ブログをWordpressに引っ越して1周年
『社会人』を諦めました
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Houdiniのライセンスの種類
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
プログラムによる景観の自動生成
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushのZScript入門
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ZScript
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
6月の振り返り
Blender 2.8がついに正式リリース!
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Ambient Occlusionを解析的に求める
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
シュールな光景
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
スクラッチとマッシュアップ

コメント