Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
かっこいい大人にはなれなかったけど
OpenMayaのPhongShaderクラス
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ゆるキャラ
界王拳って実は必須スキルなのかも
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
天体写真の3D動画
Mayaのシェーディングノードの区分
ガメラ生誕50周年
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Mr.ビーン
『社会人』を諦めました
Unityの薄い本
アスペルガー症候群 WEB自己診断
Maya API Reference
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushのお勉強
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
そのアプローチは帰納的か演繹的か
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
調べものは得意なのかもしれない
ゴジラの造形
Mayaのプラグイン開発
2019年11月 行動振り返り
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
顔のモデリング
素敵なパーティクル
プログラムによる景観の自動生成
デザインのリファイン再び
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』

コメント