Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
タダでRenderManを体験する方法
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
タイミングとクオリティ
iPhone欲しいなぁ
AfterEffectsプラグイン開発
プログラミングスキルについて考える
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
MFnMeshクラスのsplit関数
サンプルコードにも間違いはある?
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
皆声.jp
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
9月の振り返り
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
adskShaderSDK
機械から情報の時代へ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
無能の作り方
調べものは得意なのかもしれない
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
情報の編集
この連休でZBrushの スキルアップを…
選挙に「マイナス票」って無いのかな
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ZScript
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む

コメント