Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
2019年5月 行動振り返り
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
まるで成長していない
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Blender 2.8がついに正式リリース!
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
MFnMeshクラスのsplit関数
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
UnityでPoint Cloudを表示する方法
3D復元技術の情報リンク集
ガメラ生誕50周年
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
この本読むよ
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
他人に水面下の苦労は見えない
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
2019年9月 行動振り返り
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushの作業環境を見直す
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
豚インフルエンザ
CGのためのディープラーニング
マジョーラ
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Open Shading Language (OSL)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
4月の振り返り
フルCGのウルトラマン!?
なんかすごいサイト
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

コメント