Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
HD画質の無駄遣い
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
リア充っぽくなりたいです。
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
ファンの力
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Unreal Engine 5の情報が公開された!
プログラムによる景観の自動生成
自前のShaderがおかしい件
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
MFnMeshクラスのsplit関数
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
遺伝子検査で自己分析
海外ドラマのChromaKey
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
透明標本
布地のシワの法則性
AfterEffectsプラグイン開発
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Subsurface scatteringの動画
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Houdiniのライセンスの種類
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Mayaのレンダリング アトリビュート
最近思ったこと
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
3DCGのモデルを立体化するサービス
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrush 4R7

コメント