Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Oculus Goを購入!
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
2020年1月 振り返り
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ZigBee
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
CGのためのディープラーニング
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
天体写真の3D動画
HDDの温度
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
他人に水面下の苦労は見えない
2018年8月~9月 振り返り
ラクガキの立体化 目標設定
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ブログをWordpressに引っ越して1周年
自分の性質
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ZBrush 4R8 リリース!
なりたい自分?
iPhone欲しいなぁ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
2019年6月 行動振り返り
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ラクガキの立体化 モールドの追加
Unite 2014の動画
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
必見!就活リサーチ
服飾デザインツール『CLO』
to do listって結構大事だよね
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushのZScript入門
PolyPaint

コメント