Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ゴジラ三昧
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
日本はアニメ大国(笑)
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ファンの力
界王拳って実は必須スキルなのかも
to do listって結構大事だよね
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Houdiniのライセンスの種類
Ambient Occlusionを解析的に求める
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
タイミングとクオリティ
3DCGのモデルを立体化するサービス
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
人材輩出企業
他人に水面下の苦労は見えない
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ラクガキの立体化 反省
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Paul Debevec
Open Shading Language (OSL)
BlenderのRigifyでリギング
PythonでBlenderのAdd-on開発
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
遺伝子検査で自己分析
世界で最も正確な性格テスト
ゆるキャラ
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
海外ドラマのChromaKey
ZBrushの作業環境を見直す
天体写真の3D動画
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
PureRef:リファレンス画像専用ビューア

コメント