Stanford Bunny

あのスタンフォードバニーの話。
PLYデータのダウンロードはこちら→The Stanford 3D Scanning Repository(MayaにPLYをインポートするプラグインもダウンロードできる)
で、このデータはポリゴンメッシュの解像度が高いのと低いのがあるんだけど、問題は一段階粗い方。
今までプログラムのバグだと思ってたけど、もともとメッシュにちらほらと穴がある模様。使うなら一番解像度の高いやつが良いと気づいたのでした。


スポンサーリンク

PhongE with Fresnel

試しにMayaのPhongEにFresnel項を追加してみた。想像してた程の効果は得られなかった。考え直そう。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのAR FoundationでARKit 3
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
選挙に「マイナス票」って無いのかな
2019年11月 行動振り返り
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
文章を書く時の相手との距離感
歯を食いしばって見るべき動画
Oculus Goを購入!
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ジュラシック・パークのメイキング
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
ZBrushのお勉強
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
読書は趣味か?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Unreal Engineの薄い本
2019年の振り返り
日本でMakersは普及するだろうか?
MeshroomでPhotogrammetry
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
ZScript
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
2020年4月 振り返り
SIGGRAPH Asia
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
立体視を試してみた
素敵なパーティクル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrush キャラクター&クリーチャー

コメント