ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割

仕事を始めてから作業のペースがだいぶ落ちている。まだ新しい仕事に慣れてなくてあまり余裕が無いけど、意識的にZBrushに触るようにしないと、作り初めてからそろそろ1年経ってしまう。



とりあえずZBrush 2021.6.2へアップグレード。
ZUpgrader.exeを使ってアップグレードしたつもりが失敗したらしく、ZBrushが起動できなくなってしまった。しかたがないので1度アンインストールしてから新規にインストールし直した。

ここ最近仕事で疲れてしまって今は形を探る根気と元気が無いけど、前々からやろうと思っていた歯茎の別パーツ化をやっておこう。
アゴと歯茎を別のSubToolにしておけば作業しやすいのは分かっていたけど、歯茎のような凹形状をいつものようにSubToolへ分割してDynaMeshをかけてみたら、欲しい部分が埋まってしまったのでいったん諦めたのだった。


スポンサーリンク


今まで使ったことのなかったExtract(抽出)機能でやってみよう。
まずはとりあえず歯茎部分をマスクして別SubToolへ分割しておく。



上下の歯茎をマスクして別SubToolへ分割したけど上の歯茎はスクショを撮り忘れた。



歯茎のSubToolを再びマスクし、Tool→Geometory→Extract(抽出)で厚さを-0.02に設定してExtract(抽出)を押す。



指定した厚さで押し出されたプレビューが表示される。(今度は下の歯茎のスクショを撮り忘れたので上の歯茎の画像になってます)



この形状で良ければ確定を押す。
後はアゴのパーツと歯茎のパーツでそれぞれDynaMeshをかけて面をはり、形状を整えれば良い。歯茎のDynaMeshの解像度は304。



上アゴから上の歯茎、下アゴから下の歯茎をそれぞれ抽出したので、今度は上下の歯茎を1つのSubToolに結合し、つなぎ目を整える。



細部はちょっと変わってしまったけど、良い感じじゃないでしょうか。



そして、前回だいぶ不自然になってしまった頭から首へのラインを修正。脚のトゲのアタリも入れ始めた。



首のラインの不自然さは消えた代わりに、似てない。。。



今回は履歴を動画を書き出す元気が無い。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ゴジラ三昧
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Unityの薄い本
ZBrushCore
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
なんかすごいサイト
Paul Debevec
生物の骨格
PythonでBlenderのAdd-on開発
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ラクガキの立体化 反省
Blender 2.8がついに正式リリース!
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
デザインのリファイン再び
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
AfterEffectsプラグイン開発
4K HDR『ガメラ2 レギオン襲来』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
NICOGRAPHって有名?
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Raytracing Wiki
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
OpenMayaのPhongShaderクラス
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装

コメント