uGUI:Unityの新しいGUI作成システム

Unityって3Dのグラフィックスは手軽に作れるけど、意外とメニューやボタンといったGUIまわりの作成はあまり充実してなかった。
複雑なGUI作成には外部アセットの「NGUI」を使うのが一般的だった。

そしてついにUnityの次期バージョン、Unity 4.6から新しいGUI作成システム「uGUI」が搭載される。uGUIについては5月に開催されたUniteのセッションで一足先に紹介されていたらしい。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


さらにその後、紹介ビデオが公開された。



uGUIでは新たに「キャンバス」という単位でUIを描画するらしい。キャンバスにはGUIをワールド座標上で表示する「world space」と、スクリーン空間に表示する「Screen Space」があり、切り替えて使用できる。画面サイズが変われば、キャンバスのサイズもリサイズされ、効率化を図るための機能も満載。

画像やテキストなどの配置は「RectTransform」という概念で整理され、画像サイズ・回転・幅・アンカー・ピポットの位置などで座標を指定できる。アンカーはUIの中心点を左上や右下に指定できる。ストレッチ系を指定すると、アンカーの位置を規準に、UIを引き延ばすこともでき、画面全体の比率がかわっても、自動スケーリングや自動リサイズが可能となる。

ボタンをクリックすると色が変わったり、形が変形したりといった、イベント制御機能も強化され、マウスやボタンをクリックしたり、タッチしたりといったタイミングで、登録したオブジェクトに特定のイベントを発信したり、値の変更が可能。特定エリアをマスクする機能もある。遷移図でUIの挙動を管理することもできるようになる。
現状、uGUIのネックは「Tween」に相当する機能が存在しないこと。GUIでアニメーションを活用するには、MecanimBehaviourなどの機能を組み合わせる必要がある。

【GTMF 2014】Unityに待望のメインGUIツールが登場!「uGUI」の革新性とは?

ついでに最近のニュースとして、UnityスクリプトをVisual Studioで開発できるプラグイン「Unity VS」をMicrosoftが買収したので、まもなく無償で利用可能になるらしい。Visual StudioのプラグインはProバージョン以上(Express以外)じゃないと使えないかもだけど。

Microsoft acquires SyntaxTree, creator of UnityVS plugin for Visual Studio
MicrosoftがSyntaxTreeを買収してUnity用プラグインUnityVSをVisual Studioに統合



スポンサーリンク

関連記事

ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
UnityでLight Shaftを表現する
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
映像ビジネスの未来
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
自前Shaderの件 解決しました
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Oculus Goを購入!
Stanford Bunny
Unityで360度ステレオVR動画を作る
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
タイミングとクオリティ
この本読むよ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Physically Based Rendering
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ZBrush 4R8 リリース!
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Unite 2014の動画
服飾デザインツール『CLO』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D

コメント