ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)』

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)というポリゴンジオメトリを扱う割と新しいC++のライブラリ。MITライセンスなので商用利用も可能。

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)

pmp-library

pmp-libraryは、デジタルジオメトリ処理のための新しいC++オープンソースライブラリです。

特長

シンプルで効率的なデータ構造

pmp-libraryは、ポリゴンサーフェスメッシュを格納・処理するためのシンプルで効率的なhalfedgeのメッシュデータ構造をコアとしており、高い柔軟性を維持しつつ、使いやすさとパフォーマンスを重視して慎重に設計・実装されています。

試行・テスト済みのアルゴリズム

コアのデータ構造に加えて、このライブラリは、Quadric ErrorベースのMesh Simplification、曲率適応再メッシュ化、細分割、スムージング、パラメータ化など、標準的なジオメトリ処理アルゴリズムの実装を提供します。

すぐに使える可視化ツール

ラピッドプロトタイピングをサポートするために、pmp-libraryはOpenGLベースのメッシュビューアと可視化ユーティリティを提供します。さらに、pmp-libraryをJavaScriptにコンパイルすれば、メッシュを処理するアプリケーションをブラウザ上で直接実行することもできます。デモについては、こちらを参照してください。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHubで公開されている↓
https://github.com/pmp-library/pmp-library/

さらに詳しくはUser GuideOverviewに書いてあって、ポリゴンのデータ構造を提供するコアモジュール、ジオメトリ処理アルゴリズムを提供するアルゴリズムモジュールと、オプションでOpenGLベースの可視化モジュールを備えているそうです。


スポンサーリンク

コアモジュール

ライブラリのコアは、ポリゴンサーフェスメッシュを表現するためのシンプルで効率的なデータ構造pmp::SurfaceMeshを提供します。そして、3D点やベクトルなどの基本的な型、タイミングやメモリプロファイリングのための基本的なユーティリティクラスも定義されています。

アルゴリズムモジュール

アルゴリズムモジュールは、再メッシュ化やMesh Simplificationなどの標準的なジオメトリ処理アルゴリズムを実装しています。
クラスの構造や名前は単純でわかりやすいスキームで設計されており、1つのクラスが1種類のタスクを提供し、クラス名もタスクを表しています。
例:pmp::SurfaceRemeshingクラスはサーフェスメッシュで動作する再メッシュ化アルゴリズムを提供します。

可視化モジュール

可視化を容易に作成するために、pmp-libraryはオプションとして基本的なビューア機能を持つpmp::MeshViewerなどの可視化モジュールを備えています。データのレンダリングに対応するOpenGLコードはpmp::SurfaceMeshGLにあります。シンプルにするために、このクラスはpmp::SurfaceMeshを継承しています。

チュートリアルでhalfedgeのデータ構造について図で解説されている。

ところで、今流行りのPythonでジオメトリを扱えるライブラリが無いかと探してみたらPyMeshなるライブラリが存在するのね↓
https://pymesh.readthedocs.io/
https://github.com/PyMesh/PyMesh


スポンサーリンク

関連記事

BlenderのRigifyでリギング
オーバーロードとオーバーライド
海外ドラマのChromaKey
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Google Chromecast
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrush 4R7
Paul Debevec
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
HD画質の無駄遣い その2
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Google App Engineのデプロイ失敗
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ZBrushでカスタムUIを設定する
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Managing Software Requirements: A Unified Approach
顔モデリングのチュートリアル
ニンテンドー3DSのGPU PICA200

コメント