ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)』

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)というポリゴンジオメトリを扱う割と新しいC++のライブラリ。MITライセンスなので商用利用も可能。

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)

pmp-library

pmp-libraryは、デジタルジオメトリ処理のための新しいC++オープンソースライブラリです。

特長

シンプルで効率的なデータ構造

pmp-libraryは、ポリゴンサーフェスメッシュを格納・処理するためのシンプルで効率的なhalfedgeのメッシュデータ構造をコアとしており、高い柔軟性を維持しつつ、使いやすさとパフォーマンスを重視して慎重に設計・実装されています。

試行・テスト済みのアルゴリズム

コアのデータ構造に加えて、このライブラリは、Quadric ErrorベースのMesh Simplification、曲率適応再メッシュ化、細分割、スムージング、パラメータ化など、標準的なジオメトリ処理アルゴリズムの実装を提供します。

すぐに使える可視化ツール

ラピッドプロトタイピングをサポートするために、pmp-libraryはOpenGLベースのメッシュビューアと可視化ユーティリティを提供します。さらに、pmp-libraryをJavaScriptにコンパイルすれば、メッシュを処理するアプリケーションをブラウザ上で直接実行することもできます。デモについては、こちらを参照してください。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHubで公開されている↓
https://github.com/pmp-library/pmp-library/

さらに詳しくはUser GuideOverviewに書いてあって、ポリゴンのデータ構造を提供するコアモジュール、ジオメトリ処理アルゴリズムを提供するアルゴリズムモジュールと、オプションでOpenGLベースの可視化モジュールを備えているそうです。


スポンサーリンク

コアモジュール

ライブラリのコアは、ポリゴンサーフェスメッシュを表現するためのシンプルで効率的なデータ構造pmp::SurfaceMeshを提供します。そして、3D点やベクトルなどの基本的な型、タイミングやメモリプロファイリングのための基本的なユーティリティクラスも定義されています。

アルゴリズムモジュール

アルゴリズムモジュールは、再メッシュ化やMesh Simplificationなどの標準的なジオメトリ処理アルゴリズムを実装しています。
クラスの構造や名前は単純でわかりやすいスキームで設計されており、1つのクラスが1種類のタスクを提供し、クラス名もタスクを表しています。
例:pmp::SurfaceRemeshingクラスはサーフェスメッシュで動作する再メッシュ化アルゴリズムを提供します。

可視化モジュール

可視化を容易に作成するために、pmp-libraryはオプションとして基本的なビューア機能を持つpmp::MeshViewerなどの可視化モジュールを備えています。データのレンダリングに対応するOpenGLコードはpmp::SurfaceMeshGLにあります。シンプルにするために、このクラスはpmp::SurfaceMeshを継承しています。

チュートリアルでhalfedgeのデータ構造について図で解説されている。

ところで、今流行りのPythonでジオメトリを扱えるライブラリが無いかと探してみたらPyMeshなるライブラリが存在するのね↓
https://pymesh.readthedocs.io/
https://github.com/PyMesh/PyMesh


スポンサーリンク

関連記事

組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Raspberry Pi 2を買いました
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
CLO:服飾デザインツール
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Point Cloud Utils:Pythonで3D点群・Meshを扱うライブラリ
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ガメラ生誕50周年
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
今年もSSII
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
WinSCP
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
Managing Software Requirements: A Unified Approach
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
生物の骨格
Stanford Bunny
Subsurface scatteringの動画
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
色んな三面図があるサイト
ゴジラ三昧

コメント