ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)』

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)というポリゴンジオメトリを扱う割と新しいC++のライブラリ。MITライセンスなので商用利用も可能。

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)

pmp-library

pmp-libraryは、デジタルジオメトリ処理のための新しいC++オープンソースライブラリです。

特長

シンプルで効率的なデータ構造

pmp-libraryは、ポリゴンサーフェスメッシュを格納・処理するためのシンプルで効率的なhalfedgeのメッシュデータ構造をコアとしており、高い柔軟性を維持しつつ、使いやすさとパフォーマンスを重視して慎重に設計・実装されています。

試行・テスト済みのアルゴリズム

コアのデータ構造に加えて、このライブラリは、Quadric ErrorベースのMesh Simplification、曲率適応再メッシュ化、細分割、スムージング、パラメータ化など、標準的なジオメトリ処理アルゴリズムの実装を提供します。

すぐに使える可視化ツール

ラピッドプロトタイピングをサポートするために、pmp-libraryはOpenGLベースのメッシュビューアと可視化ユーティリティを提供します。さらに、pmp-libraryをJavaScriptにコンパイルすれば、メッシュを処理するアプリケーションをブラウザ上で直接実行することもできます。デモについては、こちらを参照してください。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHubで公開されている↓
https://github.com/pmp-library/pmp-library/

さらに詳しくはUser GuideOverviewに書いてあって、ポリゴンのデータ構造を提供するコアモジュール、ジオメトリ処理アルゴリズムを提供するアルゴリズムモジュールと、オプションでOpenGLベースの可視化モジュールを備えているそうです。


スポンサーリンク

コアモジュール

ライブラリのコアは、ポリゴンサーフェスメッシュを表現するためのシンプルで効率的なデータ構造pmp::SurfaceMeshを提供します。そして、3D点やベクトルなどの基本的な型、タイミングやメモリプロファイリングのための基本的なユーティリティクラスも定義されています。

アルゴリズムモジュール

アルゴリズムモジュールは、再メッシュ化やMesh Simplificationなどの標準的なジオメトリ処理アルゴリズムを実装しています。
クラスの構造や名前は単純でわかりやすいスキームで設計されており、1つのクラスが1種類のタスクを提供し、クラス名もタスクを表しています。
例:pmp::SurfaceRemeshingクラスはサーフェスメッシュで動作する再メッシュ化アルゴリズムを提供します。

可視化モジュール

可視化を容易に作成するために、pmp-libraryはオプションとして基本的なビューア機能を持つpmp::MeshViewerなどの可視化モジュールを備えています。データのレンダリングに対応するOpenGLコードはpmp::SurfaceMeshGLにあります。シンプルにするために、このクラスはpmp::SurfaceMeshを継承しています。

チュートリアルでhalfedgeのデータ構造について図で解説されている。

ところで、今流行りのPythonでジオメトリを扱えるライブラリが無いかと探してみたらPyMeshなるライブラリが存在するのね↓
https://pymesh.readthedocs.io/
https://github.com/PyMesh/PyMesh


スポンサーリンク

関連記事

動的なメモリの扱い
ラクガキの立体化 反省
Managing Software Requirements: A Unified Approach
タダでRenderManを体験する方法
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
まだ続くブログの不調
NVIDIA Quadro OpenGL DriverのDeep Color不具合の対処方法
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
pythonもかじってみようかと
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
Maya API Reference
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
色んな三面図があるサイト
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushで基本となるブラシ
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Boost オープンソースライブラリ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Google App EngineでWordPress
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenMayaのPhongShaderクラス
Unityで学ぶC#
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入

コメント