ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)』

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)というポリゴンジオメトリを扱う割と新しいC++のライブラリ。MITライセンスなので商用利用も可能。

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)

pmp-library

pmp-libraryは、デジタルジオメトリ処理のための新しいC++オープンソースライブラリです。

特長

シンプルで効率的なデータ構造

pmp-libraryは、ポリゴンサーフェスメッシュを格納・処理するためのシンプルで効率的なhalfedgeのメッシュデータ構造をコアとしており、高い柔軟性を維持しつつ、使いやすさとパフォーマンスを重視して慎重に設計・実装されています。

試行・テスト済みのアルゴリズム

コアのデータ構造に加えて、このライブラリは、Quadric ErrorベースのMesh Simplification、曲率適応再メッシュ化、細分割、スムージング、パラメータ化など、標準的なジオメトリ処理アルゴリズムの実装を提供します。

すぐに使える可視化ツール

ラピッドプロトタイピングをサポートするために、pmp-libraryはOpenGLベースのメッシュビューアと可視化ユーティリティを提供します。さらに、pmp-libraryをJavaScriptにコンパイルすれば、メッシュを処理するアプリケーションをブラウザ上で直接実行することもできます。デモについては、こちらを参照してください。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHubで公開されている↓
https://github.com/pmp-library/pmp-library/

さらに詳しくはUser GuideOverviewに書いてあって、ポリゴンのデータ構造を提供するコアモジュール、ジオメトリ処理アルゴリズムを提供するアルゴリズムモジュールと、オプションでOpenGLベースの可視化モジュールを備えているそうです。


スポンサーリンク

コアモジュール

ライブラリのコアは、ポリゴンサーフェスメッシュを表現するためのシンプルで効率的なデータ構造pmp::SurfaceMeshを提供します。そして、3D点やベクトルなどの基本的な型、タイミングやメモリプロファイリングのための基本的なユーティリティクラスも定義されています。

アルゴリズムモジュール

アルゴリズムモジュールは、再メッシュ化やMesh Simplificationなどの標準的なジオメトリ処理アルゴリズムを実装しています。
クラスの構造や名前は単純でわかりやすいスキームで設計されており、1つのクラスが1種類のタスクを提供し、クラス名もタスクを表しています。
例:pmp::SurfaceRemeshingクラスはサーフェスメッシュで動作する再メッシュ化アルゴリズムを提供します。

可視化モジュール

可視化を容易に作成するために、pmp-libraryはオプションとして基本的なビューア機能を持つpmp::MeshViewerなどの可視化モジュールを備えています。データのレンダリングに対応するOpenGLコードはpmp::SurfaceMeshGLにあります。シンプルにするために、このクラスはpmp::SurfaceMeshを継承しています。

チュートリアルでhalfedgeのデータ構造について図で解説されている。

ところで、今流行りのPythonでジオメトリを扱えるライブラリが無いかと探してみたらPyMeshなるライブラリが存在するのね↓
https://pymesh.readthedocs.io/
https://github.com/PyMesh/PyMesh


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushのUV MasterでUV展開
OpenMayaRender
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
Ambient Occlusionを解析的に求める
アニゴジ関連情報
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenCV
ROSの薄い本
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
UnityでLight Shaftを表現する
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
フルCGのウルトラマン!?
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
続・ディープラーニングの資料
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
スクレイピング
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
2012のメイキングまとめ(途中)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
機械学習で遊ぶ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ラクガキの立体化
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Unityからkonashiをコントロールする
3DCG Meetup #4に行ってきた
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ

コメント