ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)』

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)というポリゴンジオメトリを扱う割と新しいC++のライブラリ。MITライセンスなので商用利用も可能。

pmp-library (Polygon Mesh Processing Library)

pmp-library

pmp-libraryは、デジタルジオメトリ処理のための新しいC++オープンソースライブラリです。

特長

シンプルで効率的なデータ構造

pmp-libraryは、ポリゴンサーフェスメッシュを格納・処理するためのシンプルで効率的なhalfedgeのメッシュデータ構造をコアとしており、高い柔軟性を維持しつつ、使いやすさとパフォーマンスを重視して慎重に設計・実装されています。

試行・テスト済みのアルゴリズム

コアのデータ構造に加えて、このライブラリは、Quadric ErrorベースのMesh Simplification、曲率適応再メッシュ化、細分割、スムージング、パラメータ化など、標準的なジオメトリ処理アルゴリズムの実装を提供します。

すぐに使える可視化ツール

ラピッドプロトタイピングをサポートするために、pmp-libraryはOpenGLベースのメッシュビューアと可視化ユーティリティを提供します。さらに、pmp-libraryをJavaScriptにコンパイルすれば、メッシュを処理するアプリケーションをブラウザ上で直接実行することもできます。デモについては、こちらを参照してください。


スポンサーリンク


ソースコードはGitHubで公開されている↓
https://github.com/pmp-library/pmp-library/

さらに詳しくはUser GuideOverviewに書いてあって、ポリゴンのデータ構造を提供するコアモジュール、ジオメトリ処理アルゴリズムを提供するアルゴリズムモジュールと、オプションでOpenGLベースの可視化モジュールを備えているそうです。


スポンサーリンク

コアモジュール

ライブラリのコアは、ポリゴンサーフェスメッシュを表現するためのシンプルで効率的なデータ構造pmp::SurfaceMeshを提供します。そして、3D点やベクトルなどの基本的な型、タイミングやメモリプロファイリングのための基本的なユーティリティクラスも定義されています。

アルゴリズムモジュール

アルゴリズムモジュールは、再メッシュ化やMesh Simplificationなどの標準的なジオメトリ処理アルゴリズムを実装しています。
クラスの構造や名前は単純でわかりやすいスキームで設計されており、1つのクラスが1種類のタスクを提供し、クラス名もタスクを表しています。
例:pmp::SurfaceRemeshingクラスはサーフェスメッシュで動作する再メッシュ化アルゴリズムを提供します。

可視化モジュール

可視化を容易に作成するために、pmp-libraryはオプションとして基本的なビューア機能を持つpmp::MeshViewerなどの可視化モジュールを備えています。データのレンダリングに対応するOpenGLコードはpmp::SurfaceMeshGLにあります。シンプルにするために、このクラスはpmp::SurfaceMeshを継承しています。

チュートリアルでhalfedgeのデータ構造について図で解説されている。

ところで、今流行りのPythonでジオメトリを扱えるライブラリが無いかと探してみたらPyMeshなるライブラリが存在するのね↓
https://pymesh.readthedocs.io/
https://github.com/PyMesh/PyMesh


スポンサーリンク

関連記事

映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Raspberry Pi
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenMayaのPhongShaderクラス
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OANDAのfxTrade API
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrush 4R8 リリース!
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
C++の抽象クラス
WordPress on Windows Azure
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
OpenGVの用語
ガメラ生誕50周年
デザインのリファイン再び
クラスの基本
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Netron:機械学習モデルを可視化するツール
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植

コメント