ラクガキの立体化 モールドの追加

引き続きラクガキの立体化の続きをやっている。



元のラクガキに合わせてモールドを増やしつつ、さらにイメージを膨らませる方向へ作業中。
モールドの追加に合わせて目元を少し整えた。

ディティールを元画に近づける

何かだんだん鎧兜みたいな感じが出てきたな。意外と和風なテイストになってきてるかも。


スポンサーリンク


大まかなパーツ配置は大体できた気がするから、ここからどんどんエッジを出したりブラッシュアップして行くフェーズだと思うんだけど、その辺のノウハウがあんまりないので、また機能を調べながら少しずつ進めるしかなさそう。

ここからが大変な気もする

ラクガキを描いた当初は、オルフェノク的なイメージだったからカラーリングはちっとも考えていなかったけど、日本の兜のカラーリングを参考に塗ったら結構カッコイイかも。

ん?仮面ライダー鎧武?

S.I.C. 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ 約190mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
UnityのTransformクラスについて調べてみた
adskShaderSDK
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
マジョーラ
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrush 2018へのアップグレード
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
「立場が人を作る」って言ったりするよね
Unityで360度ステレオVR動画を作る
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
ラクガキの立体化 反省
CreativeCOW.net
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
憧れ
Oculus Goを購入!
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Unreal Engineの薄い本
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
冷静
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
服飾デザインツール『CLO』
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Subsurface scatteringの動画
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
CGのためのディープラーニング
無料で使える人体3DCG作成ツール
生物の骨格
顔モデリングのチュートリアル
マイケル・ベイの動画の感覚
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ほとんど反射的な行動
ZBrushでリメッシュとディティールの転送

コメント