ラクガキの立体化 モールドの追加

引き続きラクガキの立体化の続きをやっている。



元のラクガキに合わせてモールドを増やしつつ、さらにイメージを膨らませる方向へ作業中。
モールドの追加に合わせて目元を少し整えた。

ディティールを元画に近づける

何かだんだん鎧兜みたいな感じが出てきたな。意外と和風なテイストになってきてるかも。


スポンサーリンク


大まかなパーツ配置は大体できた気がするから、ここからどんどんエッジを出したりブラッシュアップして行くフェーズだと思うんだけど、その辺のノウハウがあんまりないので、また機能を調べながら少しずつ進めるしかなさそう。

ここからが大変な気もする

ラクガキを描いた当初は、オルフェノク的なイメージだったからカラーリングはちっとも考えていなかったけど、日本の兜のカラーリングを参考に塗ったら結構カッコイイかも。

ん?仮面ライダー鎧武?

S.I.C. 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ 約190mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Web時代の教育方法
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
UnityのAR FoundationでARKit 3
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Pix2Pix:CGANによる画像変換
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
CGのためのディープラーニング
ガメラ生誕50周年
UnityのGlobal Illumination
Unityをレンダラとして活用する
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Unityの薄い本
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
iPhone欲しいなぁ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
マジョーラ
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
生物の骨格
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ジュラシック・パークのメイキング
ラクガキの立体化 反省
WebGL開発に関する情報が充実してきている
別に悪意は無いんだけどさ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushで基本となるブラシ
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する

コメント