ラクガキの立体化 モールドの追加

引き続きラクガキの立体化の続きをやっている。



元のラクガキに合わせてモールドを増やしつつ、さらにイメージを膨らませる方向へ作業中。
モールドの追加に合わせて目元を少し整えた。

ディティールを元画に近づける

何かだんだん鎧兜みたいな感じが出てきたな。意外と和風なテイストになってきてるかも。


スポンサーリンク


大まかなパーツ配置は大体できた気がするから、ここからどんどんエッジを出したりブラッシュアップして行くフェーズだと思うんだけど、その辺のノウハウがあんまりないので、また機能を調べながら少しずつ進めるしかなさそう。

ここからが大変な気もする

ラクガキを描いた当初は、オルフェノク的なイメージだったからカラーリングはちっとも考えていなかったけど、日本の兜のカラーリングを参考に塗ったら結構カッコイイかも。

ん?仮面ライダー鎧武?

S.I.C. 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ 約190mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク

関連記事

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Maya LTのQuick Rigを試す
ガメラ生誕50周年
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Photogrammetry (写真測量法)
頭脳派
CGのためのディープラーニング
顔モデリングのチュートリアル
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
海外ドラマのChromaKey
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
HD画質の無駄遣い
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Subsurface scatteringの動画
ほのぼの
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ファンの力
立体視を試してみた
Unreal Engineの薄い本
Maya 2015から標準搭載されたMILA
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
エコカー
UnityでLight Shaftを表現する
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Web時代の教育方法
Unityをレンダラとして活用する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル

コメント