ラクガキの立体化 モールドの追加

引き続きラクガキの立体化の続きをやっている。



元のラクガキに合わせてモールドを増やしつつ、さらにイメージを膨らませる方向へ作業中。
モールドの追加に合わせて目元を少し整えた。

ディティールを元画に近づける

何かだんだん鎧兜みたいな感じが出てきたな。意外と和風なテイストになってきてるかも。


スポンサーリンク


大まかなパーツ配置は大体できた気がするから、ここからどんどんエッジを出したりブラッシュアップして行くフェーズだと思うんだけど、その辺のノウハウがあんまりないので、また機能を調べながら少しずつ進めるしかなさそう。

ここからが大変な気もする

ラクガキを描いた当初は、オルフェノク的なイメージだったからカラーリングはちっとも考えていなかったけど、日本の兜のカラーリングを参考に塗ったら結構カッコイイかも。

ん?仮面ライダー鎧武?

S.I.C. 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ 約190mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化
この連休でZBrushの スキルアップを…
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
就活の風景
ジュラシック・パークのメイキング
2020年5月 振り返り
頭脳派
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Unityの薄い本
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
「立場が人を作る」って言ったりするよね
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Raytracing Wiki
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み
冷静
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
OpenMayaのPhongShaderクラス
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
3DCG Meetup #4に行ってきた
Adobe Photoshop CS5の新機能
グローバル化社会
ゴジラの造形
3DCGのモデルを立体化するサービス
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
フルCGのウルトラマン!?
Open Shading Language (OSL)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
一般教養

コメント