ラクガキの立体化 モールドの追加

引き続きラクガキの立体化の続きをやっている。



元のラクガキに合わせてモールドを増やしつつ、さらにイメージを膨らませる方向へ作業中。
モールドの追加に合わせて目元を少し整えた。

ディティールを元画に近づける

何かだんだん鎧兜みたいな感じが出てきたな。意外と和風なテイストになってきてるかも。


スポンサーリンク


大まかなパーツ配置は大体できた気がするから、ここからどんどんエッジを出したりブラッシュアップして行くフェーズだと思うんだけど、その辺のノウハウがあんまりないので、また機能を調べながら少しずつ進めるしかなさそう。

ここからが大変な気もする

ラクガキを描いた当初は、オルフェノク的なイメージだったからカラーリングはちっとも考えていなかったけど、日本の兜のカラーリングを参考に塗ったら結構カッコイイかも。

ん?仮面ライダー鎧武?

S.I.C. 仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ 約190mm ABS&PVC&ダイキャスト製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
変身ベルト
天体写真の3D動画
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのお勉強
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
「立場が人を作る」って言ったりするよね
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ラクガキの立体化 進捗
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
社会人になったら…
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
Adobe Photoshop CS5の新機能
ゴジラ(2014)のメイキング
Maya LTのQuick Rigを試す
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrush 4R7
グローバル化社会
2020年5月 振り返り
Unreal Engineの薄い本
Photogrammetry (写真測量法)
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
プログラムによる景観の自動生成
注文してた本が届いた
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushの作業環境を見直す
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
Pix2Pix:CGANによる画像変換
TVML (TV program Making language)
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
最近のフィギュアの製造工程
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

コメント